netgeek

0

三浦辰彦さん(65)がつくった初音ミクにネットユーザー激震!クオリティが高すぎる…

腹BLACK 2014年4月16日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

初音ミクといえば今や誰しもが知る長い髪がチャームポイントのかわいいヴォーカロイドだ。もともとはクリプトン・フューチャー・メディアがPC上で再現できる音声合成システムをキャラクター化したら面白いのではというアイデアから生まれた「キャラクター・ボーカル・シリーズ(CVシリーズ)」の第一弾キャラクターとして発売が開始された。

4e0490be72ca4bfa65f8c091e70e122ac6c619381376973909

そんな初音ミク、もともと一般ユーザーがアレンジして楽しむものだが、今や開発陣も思いもしなかった方向に発展しているようだ。福岡県在住の左官職人、三浦さんがつくった初音ミクのクオリティが高すぎるとネット上で話題になっている。

きっかけとなったのはニュースサイトDailyPortalが組んだ三浦さんの特集記事だった。

参考:http://portal.nifty.com/kiji/140416163861_1.htm

三浦さんは左官職人としての腕を活かして自身が経営するアパートに改造を施し、まるで探偵ナイトスクープに出てくるようなパラダイス御殿につくりあげている。

こちらが三浦さん。一見普通の人に見えるが、背後にはなにやら怪しげな雰囲気が漂っている…。

005

改造に改造を施したアパートがこちら!地元では面白アパートとして有名なのだとか。

001

立体感があるのがすごい。匠の技だ。

042

絵画も左官職人としての腕を持ってすればこの通り!

046

アパートの住民向けにギャラリーをつくって三浦さんの作品を公開しているが、三浦さんいわく「全然見にこないね」。

011

そして、数多くある三浦さんの作品の中でも特に注目を集めたのがこちらのキャラクターだった!

041

 記者「……えーっと、このキャラクターは? ……えーっと、このキャラクターは?」

三浦さん「初音ミクちゃん!」

記者「!?よ……よく知ってますねぇ、初音ミクなんて。」

三浦さん「新聞か何かに載ってたんだよね。それでカワイイから」

記者「ちなみにこの隣にいる男の子は?」

三浦さん「ミクちゃんと一緒にこんなキャラクターいるでしょ?」

記者(そんなのいたっけ……?)

http://portal.nifty.com/kiji/140416163861_1.htm

中国の遊園地でこういうの見たことあるぞ!

首から下のクオリティはけっこう高いのに、なぜ顔がこうなってしまったんだ!実に惜しい気がしてならない。しかも隣にいるキャラは一体何と勘違いして作られたものなのだろうか。謎は深まるばかり…。

三浦さんの作品は「三浦鏝絵美術館」として一般に公開されている。興味がある人は福岡県大野城市下大利4-7-1に行ってみよう!

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!