netgeek

8

【炎上】新聞投書「本は欲しいが高すぎる」がただの無職のわがまま

腹BLACK 2017年5月12日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

朝日新聞に投稿された意見があまりにも自己中心的なわがままだと批判が殺到し炎上騒ぎになっている。

53歳女性(無職)の投稿。

出典:https://twitter.com/szk003/status/862263881170788356

参考:(声)いい本は欲しいが高すぎる(朝日新聞DIGITAL)

内容は、「本の値段が1時間の残業代よりも高いと考えるとなかなか買うことができず、不便な思いをしている。現在は無職でなおさら。本にかかわっている人はみんなが読書を楽しめるように改善してほしい」と求めるもの。

要するにろくに働きもせず貯金もない53歳がもっと娯楽を堪能したいから「値段を下げろ」「タダで貸し出せ」と要求しているのだ。しかもわざわざ新聞の投書欄に実名で意見を発表する有り様。世の中にはここまで頭がおかしい人がいるのかと唖然としてしまう。

当然のことながらネット上では反論が相次いだ。

・残業1時間分で本が何時間も楽しめるのだから感謝すべき

・値段に納得していないなら買わなければいいだけ

・早く働け

・問題は出版関係者ではなく自分の収入にあるのでは?

・本当に本が好きな人は著者をリスペクトして高い金を払う

・そもそも本というものはかなり安い

・ブックオフの100円コーナーに行け

・ニートに意見する資格なし

朝日新聞の編集担当者は何を思いながらこの投書を載せたのだろう。本の値段は著者と出版社の努力の対価だ。良い本は欲しいが価格をもっと安くしろと求めるのはどう考えても道理が通らない。

しかし、こうして手間をかけて投書するあたり、この女性は自分が正しいと信じており、みんなも自分と同じ意見であると思い込んでいるのだろう。

いい歳して駄々をこねないでほしい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (8)

  1. 図書館をも馬鹿にしている。図書館は庶民に(あまつさえ無職にも)広く読書という楽しみと知識という豊かさを与えてくれる存在。本を買う金を浮かす為の無料貸本屋ではない。こういう人間がコレクションにはベストセラーならば複数冊入れるべきなどと言うんだろうな。

     
  2. 自己中心的なわがままだと批判しているのは、netgeekのアホ筆者だけで、
    殺到はしていないし、炎上騒ぎにもなっていない。

    別 に み な  さ ん 普 通 に ス ル ー で す よ 。

    頭大丈夫?

     
  3. 『和泉まさ江』でググると分かるが、この方は、1986年に上智大学外国語学部を卒業し、2016年まで川崎市職労にいたので、自治労関連の仕事をしていたようだ。公務員だった可能性がある。
    投稿が大好きのようで、各種新聞やエッセイコンテストへ投稿している。
    ただ、2006年からお父さんと二人暮らしだったようで、多分公務員を辞めたのはお父さんの介護のためだったと想像している。
    netgeekさんの記事は興味を持って読ませてもらっているが、個人名を記事に出す場合は裏付け取材をしたほうがよい。
    でないと、大手マスゴミと同レベルになってしまいますよ。

    以下、ググった時の情報を一部抜粋。

    上智大学への投稿
    http://sophia100.jp/100/12_omoide/gai07_01.html

    毎日新聞への投稿
    http://mainichi.jp/articles/20160317/ddm/005/070/021000c

    自治労への投稿
    http://www.jichiro.gr.jp/all/5346

    親子の日エッセイコンテストへの投稿
    http://www.oyako.org/jp/archive/essay2006.html#essay7

     
  4. 何なんだ???この攻撃的な文体。

    この記事の筆者の方が、キャラクターに難ありだな・・・

     
  5. netgeekのこの筆者は、実に価値観が乏しい人なのでしょうね。

    親戚に新聞記事の女性と同じ様な人がいましたが、
    55歳(独身)を過ぎた所為で仕事が極端に少なく、
    就いても“年下の上司”らによる執拗な嫌がらせで長続きしない(精神疾患も患う)。
    数年かけて希少価値の高い資格を取得をし、
    漸く手にした現在の職(非正規)もいつまで更新してもらえるか分からない・・・

    そんな彼女の唯一の楽しみが読書で、
    生活の合間に図書館に通っては様々なジャンルの本を読むという日常を送っています。
    人気の新刊書籍は記事の女性と同様に
    「長いときは1年以上待つ事もある」と言っていましたが、
    購入するだけの金銭的な余裕はないため、待つ以外に選択肢はないそうです。
    逆に「待てば読めるだけ有難い」とも言っていました。

    新聞記事の女性も「5kgのお米」と比している辺りから、
    切り詰めた生活をしているものと察せられます。
    この方のような弱者が、無下に批判の対象にされる事のない様な
    社会になっていけば良いなと思いました。

     
  6. >朝日新聞の編集担当者は何を思いながらこの投書を載せたのだろう。

    本を買いたくても買えないくらい貧しい人(しかもアラフィフ女性)が日本にいるという現実を多くの人に知ってほしくて掲載したのでは?
    そんなことも推測できない記事をこのWEBメディアでは掲載してるんですね。
    netgeekもう開きません。最低。

     
  7. なんだこれ、いくら新聞に実名で投稿されてるからって更にネットに晒し上げ?
    やり過ぎやない?

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!