netgeek

5

北朝鮮のハリボテビルに実は分厚い説が浮上

腹BLACK 2017年4月18日
 

北朝鮮が大々的なパレードを行った平壌(ピョンヤン)。GoogleMapで現地を確認すると高層ビル群がハリボテだったと騒がれている件について、その後ガセ説を唱える人が出てきた。場所が違うということと実はそれなりに厚さがあるということが指摘されている。

前回の記事:平壌の高層ビルはハリボテ!Googleマップでバレた

(1)場所が違うという話。

マスコミが報じたのは平壌の黎明通り。写真を見ると確かに高層ビルに見える建物が写っている。

続いて上空から見た様子。驚くほどペラペラだ。マスコミが報じた都会的な北朝鮮の様子は幻想だったのかと騒ぎになった。

しかし、この2枚の写真は実は違う場所と指摘する人が現れた。比較的近くではあるものの、金正恩がパレードを行った場所ではない。

試しに黎明通りに建つビルを眺めてみると決して薄いわけではない。日本と同じような高層建築物であることが分かる。

もっとも、北朝鮮国内にインチキなハリボテビルがあると分かったことが重要なのであって、パレードが行われた場所かどうかは重要ではないと捉える人もいるだろう。そんな人には2つ目の新説を読み進めてほしい。

(2)実はハリボテではないという話。

ビルを拡大したうえで付近と比較してみると意外にもそれなりの厚さがあることが分かる。近くの木の大きさを目安にすると分かりやすいかもしれない。本当にハリボテをつくる目的であればここまでの分厚さは必要ない気もする。土地がふんだんにある場所で日当たりの良い部屋を多数つくることを最優先で設計したらこうなったというだけなのではないだろうか。

さらにはオランダの高層アパートにも同じような建造物があることが判明。こちらは一見、建物がつながっているように見えるが、実は切れ目が確認でき、棟が分かれていることが分かる。

日本では馴染みのないデザインではあるものの、そこには確かな合理性がある。だからこそ当初面白おかしく指摘された「ただのドラマのセット」「強風で倒れる」「道路側からだけ良く見えるように建てられている」という指摘は筋違いであった可能性あり。

より詳細な事情については実際に現地に行ってみないと分からないので、この記事では新説が浮上しているということをお伝えするまでに留めておきたい。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. 人の住めないアパート、つまり全く何の機能も果たさない巨大なオブジェを建てるほど、北朝鮮に余裕があるとは思えない

     
  2. この写真を見たら、ハリボテと確信してしまいますよ。
    オランダのとは全然違う。
    大量のボロボロの廃屋を隠すために、倒れない程度の厚さ(一世帯分)だけの薄っぺらなビルを道路に沿ってぐるりと建てたと外人に気付かれないように造っていますね。
    あれだけの横に長いビルが、奥行き公団住宅の団地と同じなどと思い付かない。ハリボテの街とはぴったりな表現ですよ。

     
  3. オランダのアパートと北朝鮮のそれの共通点は「薄いこと」だけだよ
    日当たり重視ならどの場所でも同じような向き(具体的には南が最大面積になるよう向き)、形状(言うまでもなく平らが一番合理的)に建てないとおかしいよな?
    北朝鮮のビルを見なよ。「C」の形。これは何? 日当たり重視で「C」の形になる? なりません

    100歩譲って、これが朝鮮人にとって最も日当たり重視の形状としよう
    では、その「C」の形状が、大通りを挟んで対称になっているのはなぜ?
    北朝鮮では南と北の両方から太陽が昇るのかな? それなら日当たり重視だね
    結論は出せないが、理由は二つに絞られたね
    理由1.張りぼてである
    理由2.朝鮮人は南と北の両方から太陽が昇ると思い込んでいる哀れな民族である
    俺は理由は1だと思っている

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!