netgeek

2

【炎上】今村復興大臣VSフリージャーナリスト 記者会見が怒鳴り合い合戦に

腹BLACK 2017年4月4日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

4月4日に行われた記者会見で今村復興大臣がフリージャーナリストに対して激怒し、怒鳴る場面が見られた。フリージャーナリストも大変しつこくいちゃもんをつけていたため、会見は途中で打ち切られた。

動画。怒り出すシーンは6:29から。

どちらが正しいかは意見が分かれるところだろう。原発事故を受けて避難している住民に対する住宅支援の打ち切りが迫っている。フリージャーナリストの記者は国が仕事を放棄しようとしていると強く非難し対応を求める。

以下、やりとりの概要。

記者「国が原発事業を推進してきたのに福島県に任せるのは国の責任放棄ではないですか。福島県に任せるのは自主避難の実態に合わないんじゃないですか。やはり国が被災者支援法に基いて支援を行うべきだと思うんですが、どうお考えでしょうか?」

これに対し今村復興大臣は、より身近な福島県が親身になってケアするほうがよいと回答。国としても引き続き県をサポートすると説明した。

記者「大臣自身が家に帰れない実情を知らないからではないでしょうか?人のせいにするのは僕は…」

今村大臣「人のせいになんてしてないじゃないですか!」

記者「でも帰れないですよ実際に」

今村大臣「帰ってる人もいるじゃないですか」

記者「帰ってる人ももちろんいます。では帰れない人はどうするんでしょうか?」

今村大臣「それは本人の責任でしょう。本人の判断でしょう」

記者「自己責任ですか?」

今村大臣「それはそうだと思いますよ」

記者「あ、そうですか。分かりました。国はそういう姿勢なわけですね」

今村大臣はむっとしながらも、国として補償金なども支払い、懸命に対応していると説明したうえで「あなた何なんですか。ここは論争の場ではありませんから」とあしらおうとする。それでもこの記者はしつこく食い下がる。

記者「責任もって回答してください」

今村大臣「なんて無礼なこと言うんだ!ここは公式の場なんだよ」

記者「そうです」

今村大臣「撤回しなさい!」

記者「撤回しません!」

今村大臣「しなさい!出ていきなさい!もう二度と出てこないでくださいあなた!」

記者会見は打ち切られ、今村大臣は退出しようとする。それでも記者は言葉を浴びせかける。

記者「これはちゃんと記述に残してください!」

今村大臣「はいどうぞ!こんな人を誹謗中傷するようなことは許されんよ絶対」

記者「避難者を困らせているのはあなたです!」

今村大臣「うるさい!」

動画で見る限り、今村大臣は当初、誠実に説明していたが、記者が文句を言ってゴネる状況が続き、ついに怒ってしまったようだった。記者会見はあくまで報告と質問の場であり、討論の場ではない。質問の機会と時間を奪うという意味で周囲の記者にも迷惑をかけたフリージャーナリストの行動は異常だと感じられた。

もしかするとわざと怒らせたのかもしれないという気さえしてくる。この会見後、「復興大臣が問題発言!『自主避難は自己責任』と言った!」などと報じているメディアが見られた。

その後の今村復興大臣は再び冷静になり、謝罪した。

原発事故後の国の対応については賛否両論が分かれ、果たしてどこまで手厚く支援するのが正しいのかという問いに万人が納得する答えを出すことはできない。

今村復興大臣とフリージャーナリストの戦い、あなたはどちらが正しいと感じただろうか。

【追記】

記者はフリーランスの西中誠一郎氏ということが分かった。

続き→今村復興大臣のエヴァンゲリオンネクタイには被災者を応援したいという感涙の思いが込められていた

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (2)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!