netgeek

0

小保方晴子さんの「200回以上STAP細胞作製に成功」の一言で新日本科学の株価がバク上げ

腹BLACK 2014年4月9日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

4/9、ついに姿を表した理化学研究所の小保方晴子博士は、論文に不備があったことを認めつつも「STAP細胞の存在自体は揺るぎないもので200回以上にわたって作成に成功している」と発言した。この発言を受けてSTAP細胞の最有力関連株とされる新日本科学の株価は急上昇。久々にバイオ関連の株式市場は活況に湧いた。

019

小保方晴子氏が騒動以来、公の場に姿を表すのはこれが初めて。精神面がかなり不安定な状態で入院までしていたということで、記者たちは質問するにあたって「慎重に言葉を選ぶ」という約束になっていた。

小保方氏は、理化学研究所の対応については不満があるので異議申立てをし、闘う姿勢をみせつつ、STAP細胞の作成に何度も成功しており、名前こそだせないものの他の証人もたくさんいるということを強調した。

その後、東京大学医学部教授のインタビューでは「証人というのは万能細胞を見た人であって、それがSTAP細胞として作成されたかは確かではない」と以前から囁かれているES細胞などの可能性も示しつつ冷ややかなコメント。

しかし、株式市場は小保方氏の発言をポジティブに評価し、新日本科学の株価は発言に合わせて大きく揺れ動いた。

2014/4/9、新日本科学の株価

b

会見が始まったのが13時からで、小保方晴子氏の発言に一喜一憂するように株価が推移していった。最終的には+55で引け。

twitterの反応

 

 

 

 

今後も理研でSTAP細胞の研究を続けたいと締めくくった小保方氏には強い信念のようなものが感じられた。これだけ各方面から叩かれているのだから会見を開くのは相当な勇気が必要だったことだろう。

ずっと沈黙を守っていた小保方さんが「STAP細胞はある」と断言したことで、小保方さんを信じてきた人には少し光が見えてきたのではないか。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!