netgeek

6

一流アーティスト奈良美智「韓国のパクリ化粧品にクレームを入れたらなぜか逆に訴えられた(顔面蒼白)」

腹BLACK 2016年12月23日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

日本の芸術家として名高い奈良美智さんは12月22日、韓国の化粧品メーカーに自身の作品をパクられてクレームを入れた結果、なぜか逆に訴えられることになったと報告した。

奈良美智さんの報告により事態が判明した。

▼問題の化粧品。イラストを見るとこれは明らかに奈良美智さんの画風。

naramichi-korea-1

▼販売メーカーは韓国のW.Lab(ダブリューラボ)。日本でも販売しているメーカーだ。

naramichi-korea-1

▼奈良美智さんの作品はこちら。この独特の表情をした女の子、誰もが一度は見たことがあるのではないだろうか。

naramichi-korea-2

化粧品を購入した人の中には奈良美智デザインと誤認している人も多いと考えられる。苦心してオリジナルの作品をつくったのにまんまとインチキパクリエイターに盗まれた悔しさは想像に難くない。

今回はパクリ疑惑という生温いものではなく完全にパクリ。それにもかかわらず権利者自身が逆に訴えられてしまうとは…。周囲からは同情の声が相次いだ。

その後の奈良美智さん。

作品作りに真摯に向き合ってきた一流アーティストの権利がこんな形で無下にされるのは残念だ。日本なら絶対に起こり得なかった訴訟。相手方が著作権を主張しているということは韓国の法律では違う解釈ができるということなのだろうか…。

嫌がらせとも受け取れる訴訟を仕掛けてくるあたり、「だめだこりあ」といった印象。W.Labが考えていることはよく分からない。

ちなみにその後はアサヒ飲料のドリンク「フキゲン」の話に。驚くべき暴露がなされた。


大手広告代理店の厚顔無恥な振る舞いには呆れてしまう。奈良美智さんは自身が開発にかかわっていない商品に安易にキャラクターを貸すことに難色を示し、一度は話を断った。だが、その後、広告代理店は別のデザイナーにそっくりなデザインを依頼して販売に踏み切ったのだ。

▼子どものキャラクター「フッキー」が印象的。作者はDoo Doo Doo。

naramichi-korea9

フキゲンが奈良美智さんの作品だと思っていた人は多い。恥ずかしながら筆者もずっとそう思い込んでいた。販売に踏み切るまでにメーカー、広告代理店、奈良美智さんの間で知られざる攻防があったとは…。

韓国メーカーとの訴訟は長期戦になりそうだ。裁判の結果はときに世論が決めることも珍しくない。おかしいことにはしっかりとおかしいと声をあげていきたい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (6)

  1. なんだかんだ言いながらパクリ化粧品の誘導アドレス乗っけてアフィ狙ってるとかこの記事を書いたやつも対外だな。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!