netgeek

53

【炎上】ホクレン部長「バター不足は俺らが仕掛けててボロ儲けなんすよ(笑)」 ガイアの夜明けで語る

腹BLACK 2016年11月23日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

11月22日に放送されたテレビ東京「ガイアの夜明け」の内容が波紋を呼んでいる。放送ではバター不足の原因はホクレン農業協同組合連合会にあると伝えられていた。

ホクレンの近藤好弘部長がドヤ顔で語る商売の秘訣。これはひどい。

hokurenbutter-1

hokurenbutter-2

hokurenbutter-3

hokurenbutter-4

放送された内容を見れば、ホクレンがバターの供給を減らすことで混乱を起こし、需要を意図的に釣り上げていると捉えることができる。近年の日本ではバターが異常な品薄状態となり、価格も高騰していた。一向に改善しない背景にはハクレンが関わっていたのだろうか。

放送をさらにくわしくまとめてみた。

(1)流通の流れは、農家→指定団体→食品メーカー→小売店。このうち問題があるとされるのは独占的に生乳を確保している指定団体。

hokurenbutter-8

(2)指定団体であるホクレンはなぜバターに生乳を振り分けないのか?それは利益が少ないから。メーカーに対して牛乳用として売れば117円儲かるのに、バターだとわずか74円。ホクレン部長も認めている。

hokurenbutter-9

(3)そこでホクレンとしては意図的にバターの供給を制限し、価格を引き上げることが業績アップに繋がる。

hokurenbutter-10

(4)農家は農協とホクレンに手数料を取られている。もし、農協・ホクレンを経由せずに直売しようとすると圧力がかけられる。

hokurenbutter-5

(5)実際に「バター用に生乳を売ってくれ」とお願いしたら断られた。販売は指定団体経由のみ。

hokurenbutter-11

(6)この問題について規制改革の専門委員はホクレンを経由するシステムが悪いと断言する。ホクレンが独占しているので消費者が割を食うのだ。

hokurenbutter-6

(7)安倍総理はすでにこの問題について動きをみせている。「酪農家が自由に販路を選べる仕組みをつくる」

hokurenbutter-7

ガイアの夜明けはよくぞこうした知られざる事実を紐解いてくれた。業界関係者の間では常識となっている事実も、大半の消費者はこういった裏があることを知らなかった。多くの人が真実を知れば是正に繋がるはずだ。

しかしながら放送を確認した一人の人物は反論した。

反論したのはTwitterユーザーの「めぃ@meiko_yu」さん。ホクレンの関係者とみられる人物だ。主張の概要は以下の通り。

・もともとの取材依頼はバター不足についてではなかった

・インタビューは3時間ぶっ通しだった

・部長の発言は一般論を述べただけ

・ガイアの夜明けは発言の中で都合のいい部分のみを使った

・バター不足は生乳が足りないから

・指定団体は必要な組織

ただし、めぃさんの主張は感情的に書きなぐっているためか、極めて分かりにくく、そもそも反論になっていないという印象を受けた。実際に多くの人が「分かりにくい」「意味不明」「自分を守りたいだけ」などと苦情を寄せている。

また、めぃさんは実はまだ放送を見ていないことが判明した。どうやらTwitterにアップされた部長の発言一部だけを見て印象操作だと決めつけたようだ。

取材陣(うわあ…消費者を騙す仕組みを嬉しそうに語ってる…ドン引き…)

hokurenbutter-4

ホクレン部長(あれ?何でノーリアクションなんだろ?理解してないのかな?)「分かります?」

ノリノリで商売の仕組みを教えてくれたホクレン部長の勘違いが痛々しい。ホクレンの2010年の売上高は1兆4,734億円で営業利益は67億円、純利益は52億円。※この売上高は取扱高のことで実質的な売上高はまた別という指摘あり

賛否両論はあるとは思うが、すでに第三者機関や安倍総理率いる日本政府がホクレンに原因があると判断して潰そうとしていることは事実だ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (53)

  1. めぃ@meiko_yuは過去に酪農家が搾乳したものを廃棄処分してる事実はどう説明するんだ?
    量が多くて値崩れする(牛乳による利益減)からだと言っていた。
    乳牛は搾乳しないといけないから、結果捨てるしかない。
    指定団体や農協から調整指示があり、逆らうことができないと。

    バターについては昔から支援団体などの業界が調整してる事は知ってる。

     
    返信
  2. とおりすがり 2016年11月23日 at 11:26 PM

    記事の主旨に異論は無いが、

    >ホクレンの2010年の売上高は1兆4,734億円で営業利益は67億円、純利益は52億円。まさしくボロ儲けの状態。

    データが古いことはさておき、この数字に限ってはボロ儲けとは言えないと思うが

     
    返信
  3. ホクレンが悪いという前提や意図で書かれている記事で、偏向がある内容ですね。反論しても客観性なく偏向したメディアに勝てるわけがないので無駄でしょう。反抗出来ない企業や団体を敵にみたてて潰そうというメディアに哀しさを感じます

     
    返信
  4. この番組はホクレンや農協を悪者に仕立てているのが見え見え!
    ①部長が説明している消費者心理は一般的なもので、過去にも石油ショックのトイレットペーパー騒ぎや国内の米が不作の折に小売店の棚から米消えたがこと等が証左。番組は既定のシナリオに合わすようにインタヴューでの発言を都合のいいように切り貼りしている。
    ②MMJとやらが何故ホクレンより10円高いのかについて全く言及していない。彼らは100%飲用で販売しているから高い。彼らはバター等の加工は一切やっていない。その彼らがなぜバターを作るのか?それは飲用が売れない時期にバターに加工するだけのこと。要は高い飲用で売れる時期は全部飲用で販売し、売れない時期だけ加工にまわすということ。しかし、ホクレンは年間通して安定的に加工に出荷しているのでは?⇒部長が言ってたように安定出荷。
    ③バター不足は単純な理由。要はスーパー等で安売りの目玉商品に牛乳が利用され、酪農家が将来への投資を控え、借金が無いうちにやめようとするケースが増え、生産量全体が少なくなっていることが原因。供給不足です。
    ④バター不足がすべてホクレンや農協のせいにして、いいとこどりのMMJを改革挑戦者に仕立てて、なにも知らない一般消費者に誤解を植え付けるこの番組….。公共の電波を使って特定の業界を糾弾するのは独裁政権がよく使う常とう手段ではないでしょうか?

     
    返信
    • そもそもこの記事書いたやつ、印象だけで書いてて恥ずかしくないのかね。
      どこをどう理解すれば「意図的にバターの供給を制限し、価格を引き上げることが業績アップに繋がる。」なんだ?
      そろそろ訂正記事入れた方がいいんじゃないのかね。
      ①まずホクレン自体がバターを持っているわけでも販売しているわけでもない。収入はあくまで生乳の買い取り価格で固定。よってバターの市販価格はホクレンの収支と無関係。「消費をあおってボロ儲け」になんかならない。
      ②ホクレンは酪農家の手取りのためにはできるだけ生乳向けに売りたいが、用途別の生産量はメーカーが決める。単価については毎年根拠を持って交渉するが、メーカー側も利益があるのでなかなか厳しい。ちなみに乳業メーカーはヨーグルトの利益が最近は非常に大きいので大幅に生産をシフトしている。③要するに、ホクレンはバター向けの牛乳の供給をコントロールできないし、バターが品薄で高くなってもいいことはなにもない。

      この場面は、マスコミに対して「例年通り北海道は牛乳をバター向けに供給してるしメーカーも製造してるのに、マスコミがTPP推進のために輸入バターの実績を増やしたい政府の意図通りにバター不足をあおるせいで、家庭に不要不急な「在庫」が積みあがってしまって需給が混乱している。」という現象を説明しているとこなんだ。つまりバター不足の原因を一般論で話してるってこと。
      何きいてもホクレンをたたく材料は出てこないし、自分たちの責任追及されたのが頭にきて逆切れしたとしか思えない放送内容なのに、本当にこの編集者読解力ないな。

      でてくる酪農家もおかしい。手数料はどこから買ってもどこに売っても必ずかかる。普通は価格にオンされて見えないだけで農協は組合員である彼にきちんと明細出してる分誠実なんだ。
      農協は手数料で共同購入での安価供給、組合員への低利融資、営農支援(経営コンサル)、そして販売ではノーリスクで全量買い取り、早期支払いのサービスなどを提供している。そして余剰金は利用率に合わせて割り戻しなど、目的を明確にして総会で収支報告を出してる。納得できないなんて自分が勉強不足なだけなのに恥ずかしくないんだな。
      MMJに販売するっていえば農協だって黙ってられない。なぜなら本州の中小の乳業メーカー相手に資本金3000万円しかないMMJが、一農家あたり1000トンとしても乳価で1億以上の牛乳を流通してるすごくリスキーな商売だからだ。
      だから組合員に金を貸してる農協が回収リスクに応じて融資を縮小するか、利息を上げるか、エサなど資材の手数料を上げて差額をプールし、貸し倒れに備えるのは当然で不当なことではない。民間の金融機関なら即融資ストップの案件なのを、優しく妥協案出してるのは農協の方で、報道が入っているからって居丈高にふるまってる彼の方が非常識。農協の発言ももちろん切り取られてます。

      バターの加工に至っては完全に自作自演。物理的に指定団体を通さない品質保証のない牛乳を工場に入れるなんてリスクをラインを停止・洗浄までして追う乳業メーカーがいないのはわかりきったこと。MMJの社長はこんなことわかりきってて「圧力かかってるんです」って演じて見せたのに番組も騙されてるってわけ。まぁパン屋が話し持ち込んできたんでうまく利用することを思いついたんでしょう。

       
  5. まぁこの流通業界に新規参入する余地を与えないって時点でどうかと思うけどね
    実質市場を支配して問題点も全く改善しないのに対して新規が入ってこようとすれば邪魔ばかりするような団体なら無い方が国の為だね

     
    返信
    • 貼っていただいたリンク読みました。
      指定団体の役割は分かりますし、零細も指定団体が居てくれたほうが良いのはわかりました。
      しかし消費者からしたらこんなことはどうでもいい事なんですよね。
      零細が潰れようがなんだろうが。
      僕らは安いバターが手に入れば良いんですよ。それがある程度の信用とクオリティを担保できるのであれば海外製でもなんでも良いんですよ。
      この話って結局内輪の話じゃないですか?
      消費者って棚に並んでるものしか見ませんし、口に入れて判断します。
      指定業者と酪農家のビジネスの仕組みやらってどうでも良いんです。
      震災にあいました。指定団体のおかげで出荷できるようになりました。
      全部自分達の事ですよね?
      リンクにも書いてありますけど、指定団体は酪農家の側じゃないですか?てことは消費者から文句言われても別におかしいことでは無いと思うんですよ。
      だってそれが有ることで酪農家は価格の交渉やらなんやら生産以外のことを丸投げ出来る。
      消費者としては買い叩かれてた方が美味いんですよ。だって大きな中間マージンがなくなりますからね。
      そこ混同したらわけわかんなくなっちゃいますって。
      今回のテレビは消費者側向けのコンテンツってだけじゃないですか。そりゃあ偏りますよ笑
      結局TPPに反対してる人もそうですけど、競争力の無いものは潰れてしかるべきだと思います。そのために指定団体が有るんでしょうけど、消費者からしたら邪魔な団体で有ることに何ら変わりませんよ。

       
  6. ホクレンは北海道の農業の発展や農家を守る事が
    使命であり長らく、よつば乳業など北海道の酪農家の発展に寄与してきました。なので全農の下部組織ではなく全農に匹敵する程の売上高を誇ります。生乳などは本州の酪農家を守るために暗黙の了解で調整を行っているので、こんな事でたたかれる筋合いはないと思います。
    価格競争力のある北海道の生乳が本州に流通したら道外の酪農家は廃業しますよ。
    大規模酪農家の多い北海道でも厳しいのに・・・
    そのことをわかって言っているのでしょうか。
    私は消費者でもありますが、消費者に不利益という言葉を使えば
    なんでも正しく聞こえ、他が悪く伝わるのはお
    かしい。
    おいしいパンが作れない??
    わけがわからない。調整輸入しているし
    価格が高くてもバターが無いわけではない。
    パン屋さんも商売だと思いますが、酪農家もホクレンも商売ですよ。
    報道の仕方に多いに問題あり。

     
    返信
    • いきってる方がいらっしゃいますが、結局その暗黙の了解ってのがよろしくないんじゃないですかね。
      現状その暗黙の了解を調整できる組織が独占状態っていうのがおかしいって事ですよ。
      別にホクレンの商売のやり方とか利益の出し方をどうこう言ってるんじゃないと思いますよ。
      単純に平等な市場や流通のシステムを作ろうよって事です。
      バターを流通させる上でどこが1番重要だと思いますか?
      消費者ですよ。消費者が1番力を持つべきなんです。これはどの商品でも同じです。
      消費者の自由意思で買う買わないはもとよりどれをいくらでどれくらい買うのか選ぶ事が出来るべきなんですよね。
      中間業者がそれを決めてはいけないんですよね。現状のシステムはその中間業者がほぼ独占なわけで、意識の高い酪農家や消費者にとっては害でしか無いわけです。
      勿論農協やホクレンまかせの酪農家からしたらホクレンなくなったらどうしようという様な不安は有るかと思います。
      しかしそんな農家が生き残れなくなっていくのは必然だと思いませんか?
      更に、飼いならされた酪農家がホクレン様がいなくなったら困る!って言うんであればまだ心情的にわかりますが、それを農協やホクレンが言ったらダメなんですって。
      私達が居なきゃ農業沢山潰れちゃいますよ?良いんですか?ん??良いんですか!?って。
      こんなの恫喝と一緒です。
      べつにそれをやってもいいです。良いですけど、現状はそうなった場合に酪農家は他の選択肢をとれないって事なんですよ。
      やったら潰される。嫌がらせされるって実際にやるかどうかは別としてそう一部の農家に思われてる事が不健全じゃないかって言うのが1番の問題なんです。
      本州の酪農家を守るために??そこがすでにおごりなんですよ。
      自分たちは北海道だけでなくて全ての酪農家を守っているそんな気分でしょうね。
      それって言い方変えると気に入らない酪農家はスグにでも潰せるんだぞって脅しになってるのわかんないんですかね?

      貴方は文章のポジショニングから見るに恐らく関係者だと思います。
      僕は酪農家でも何でもないない東京に住む会社員ですが、バターはもっと安く安定的に買えるべきだと思っています。
      僕は消費者です。いち消費者の僕がこう思ってしまってます。
      ホクレンが自分から市場開放を提案するくらいの気概を見せないとこの先システムが意図せず変わった時に消費者にそっぽ向かれちゃいますよ。
      少なくとも今が王政なだけであって、自分たちに能力があるからうまくいっているわけでは無いって事くらいはわかっている事を願っています。

       
    • 消費者の自由意志っていいますが何の根拠もなく、安く欲しいだけなんて、
      結局酪農家はひと昔のように貧乏して苦労して食い物にされてろって言ってるだけじゃん。

      それから協同組合は一体化した組織で中間業者のような存ではないの。
      生産者は農協を組織し、農協を会員としてホクレンが成り立ってる。
      それぞれの段階で規模に応じた役割分担をして、メーカーや流通業者や
      消費者に食い物にされないようにしてるんだ。
      発生した利益はホクレン→農協→生産者に還元するしくみだから、無理に
      自分の段階で利益を追求する必要もないし。

      >平等な市場や流通のシステムを作ろうよって事です。

       平等ならだれでも安く思いのまま手に入るとでも思ってる?
       というかそんなシステムはこの世のどこにもないって話
       自分に都合のいい言葉だけ並べても具体的な運営のイメージもできないだろ?
       ないからなそんなもん。
       誰でも、といった瞬間に資本のあるやつが好き放題やるだけなんだ。
       そしてホクレンはよくある中間業者のような存在ではなく、あくまで一つの答えとして
       生産者側の代表として好き放題にされない規模があるだけのこと。
       おごりでも不遜でもなく、昔みたいに食い物にしたい商社や外資のいうことを丸のみ
       しようとしている政府とは徹底的に戦わざるを得ない。

       
    • ウーン。笑
      何ていうんだろう。あなたは生産者側の方なんですよね?
      僕は消費者側です。消費者に喰い物にされないようにって、食ってるのは消費者ですよ笑
      その消費者が望む方向に何でも流れてるの知りませんか?
      貴方のPCは日本製ですか?スマフォは日本製ですか?
      日本の製造業は破滅へと向かってますが、日本製のもので揃えてますか?身の回りに中国製の物ありませんよね?勿論。
      製造業はアジアの安い人件費に押されて首くくる人もたくさんいますし、この瞬間にも会社が潰れていってることでしょう。
      なのに貴方は中国製を買う。そこに対して何も考えずに。
      自分が生産者側の時は大層な事言いますけど、自分が消費者側に回ったらそれとは逆の事してる自覚有りますか?
      消費者なんてそんなもんです。
      今買ってる中国製の何かにめちゃくちゃ関税がかかって日本製より高くなりました。
      貴方買いますか?高くても文句言いながら選択肢が無いから日本製買うでしょ?
      家電とか車とか機能やローカライズでのメリットがある物ならまだわかりますけど、日本製にたいした付加価値のついてないもの。
      そんなものは価格で選ぶでしょう?生産者の思う生乳の価値と消費者の思う生乳の価値違うんですよ。多数の消費者からしたらバターが海外製だろうが日本製だろうがどっちでも良いんです。
      貴方の身の回りに中国製品が蔓延してるようにね。
      そこを保護されてる産業がきっちりと理解してないとこの先厳しいよってことですよ。
      あなた達の産業は今は保護されてるだけ。
      保護されてない産業からしたらそりゃあもうね笑
      考え方があまちゃんなんですよ。

      価格の話してましたけど、保護されてるっていうの前提ですからね。
      価格競争になったら戦うも戦わないも自由です。
      価格じゃない何か付加価値なり売り方を考えるべきです。
      それを今までしてこなかったからただTPP反対!酪農家を守れ!って言うだけ。
      保護されることでしか成り立たない産業なんてやる意味あるの?って話ですよ。
      日本古来の牛の保護とかならわかりますけど、外国の牛使って零細ながらも頑張ってますって他のことやれよって笑
      そのせいでバターが高いっていう笑
      大半の国民の利益をガリガリけずって生きてるのね笑
      恥ずかしくないのかな。

      野菜作ってる農家は最近はそこから脱却しようと頑張ってるじゃん。
      野菜農家は保護ほとんどされてないからそうせざるをえないんだろうけど。
      勿論潰れたところもあるだろうけどそれは全てが潰れてない以上は何かしら理由があったってことでしょ。
      有能は生き残って無能は淘汰されて何が悪いのって感じですよ。
      もう一回言うけど現状無能が生き残ってられるのは保護されてるから。
      で、保護されてない産業がどうなってるかは自分の身の回りの物見回せばわかるでしょ。
      酪農家とかホクレンの内部の事情は何度も言うけど知らんて事。
      あなた達の権利や主張を聞くのは良いけど、消費者は望んでない。

      ・消費者の望んで無いことを続ける事が出来るのは保護されてるから。
      ・他の産業はとっくのとうに選別されてる。
      ・外国産が山のように入ってきてバターが安くなることは多くの人が望んでる。

      この辺がポイントですよ。
      で、今回のテレビ番組はこのへんの消費者心理を煽るための番組。
      実際嘘かほんとは別にしてもこれだけ反響がアルってことは共感した人が多かったってこと。
      其の共感してる人にあなた達が、ホクレンは酪農家を守るために動いてる!とかそういう事言ってもなんにも共感得れないのわからないかな?
      ホクレンが酪農家守るって行為自体が消費者からしたらいらないって思われるところなのに。
      ホクレンが品質管理とかしてるって消費者に対してメリットになることをやってたとしてもそれでもまだ足りない。
      何故なら保護されてる産業だから。
      大体の人は保護されてる産業に従事してないから。
      一回ほかの業界で働いてみたら?あなた達がどれだけ狭い身内の中での話しかしてないかわかるから。

       
    • あと資本が入ってきて好き勝手やるって言ってるけど、今だってホクレンていう大企業が独占で好き勝手やってるじゃん笑
      生産者はそこの社員。ただそれだけ。
      窓口開いたら資本が入ってきて好き勝手やるってさ、アホなのかな?そっちに転職するかホクレンに付き従うかは自分で決めることでしょう。より条件のいいとこで働くだけじゃん。

      ただ、今のままがぬるくてちょうどいい〜自分の会社の独占だからほかは入ってこないで〜ってだけの話じゃん。
      その気持はわかる。
      で、今は独占していいってなってる。
      それもわかる。歴史的な背景があったのもわかる。だったら消費者の事をもっと考えてくれってだけ。
      自分たちの保身ばっかりで反吐が出るよ。

      買わせてくれてありがとうって言ってほしかったら、市場を開いて其の中で選ばれるような物を作ってくれ。
      それをしてはじめて自分達の存在意義が有ると思ってくれよ。

       
    • >消費者が望む方向に何でも流れてるの知りませんか
      この辺の認識の違いだな。

      結局命にかかわらないどーでもいいものでの話だよねそれ。
      あとどこででも作れてあふれかえってるもの。単なる娯楽。
      そういうものは消費者主導で流れないと生きられないだろうね。
      だけどそれが頭使って付加価値つけてると、その厳しさを学べ
      と言われると失笑だな。だから業界が違うってことでかみ合わないね。

      あなたがバターや牛乳が同じに見えるように、興味ない人間に
      とっては、モンストとパズドラ、iphoneとエクスペディア、ユニクロと
      しまむら、巨人と広島、AKBとNMBの差はゼロなんだけどね。
      関わらなくても生きていけるし。だからそれが必要になったとき
      とりあえず価格で判断することに対して抵抗感はないのはその通りだね。

      でもそれを農業に当てはめるのは無理があるっていってるの。

      ・消費者の望んで無いことを続ける事が出来るのは保護されてるから。
      ・他の産業はとっくのとうに選別されてる。
      ・外国産が山のように入ってきてバターが安くなることは多くの人が望んでる。

      不見識の極みじゃん?
      あなたは頭使ってバチバチやってるのが自慢らしいけど、我々からしたら、
      自分が生きるために無駄に需要を作り出して消費者に売りつけてるように
      見えるね。でも非難するいわれはないと思ってるだろうし、それ流行りで
      ある以上認められていいんじゃね。でも流行らなきゃ選別されるわな。
      そのやっかみを保護されている俺らに向けるなってことだ。
      保護されているからいらないというその言いかたのことだ。

      我々は制限のある条件の中で牛乳生産のパフォーマンスを最大にする
      仕事をしてるの。そのためには1年365日24時間を赤ん坊のような牛と
      向きあってるわけだ。そんな仕事やりたいか?あんた少なくとも月4日は
      休んでんだろ?犬のふんを最後に踏んだのはいつだ?動物の体をさわったのは?
      2mの雪に囲まれたのは?
      こんなこと言っても消費者は知らんっていうけどホントにそうなのか?
      保護の本質は、日本人の命にとって必要かどうかの最後の判断なんだ。
      そしてその判断をできるのは日本人だけ。税金を払ってるのは日本人
      だもんな。だから日本人の過半が国産の牛乳なんか別に飲めなくていいと
      本当に思うなら廃業したって別にいいよ。
      バターを無関税で輸入して脱脂粉乳と混ぜて調整牛乳にして飲めばいいじゃん。
      バターが山のように入ってくる?いいねそれも。バターが安くなれば本当に流通量
      や需要が増えるならやってみたら?
      俺らが廃業したら海外の酪農家は日本に売りまくるだろうな。あんたは中国産も
      安きゃ買うんだろ。
      けど今は俺らを相手に「保護されてるお荷物産業の思考停止野郎」と言ってりゃ
      いいけどいざ戦略的に値上げされたり供給量を減らされたら、あんたの消費者一番説で
      太刀打ちできんのかね?口だけでなんとかなると本気で思ってる?

      それを判断してるは別に俺らじゃない。あんたらも含めて日本人が選んだ
      国会議員だ。農協票がどうたらいうけどそんな力もうないしな。
      俺らはあんたらがやりたくない仕事を自分の信念でやってるし、それがあんたの
      いう頭脳労働とやらに劣るとはどうしても思えない。

      いいんじゃないか 消費者様だと威張ってれば何でも手に入ると思っていれば。
      そうあるべきだと思うのは勝手だ。
      その考えこそ、保護してでも日本人がやるべき産業かどうか多面的に考えて、
      日本人に従事させる仕組みを作り上げてきたことに比べるとよっぽど甘ちゃん
      だと俺は思うがな。

       
  7. 作れば作るほど北海道の酪農家の手取りが減り、取扱高が減るバターを
    ホクレンが作りたがるわけないだろうが。
    品薄感をあおって店頭価格が上がってももうかるのはあくまで乳業メーカーと
    スーパーだけなのに、見事にそこの矛盾を無視して意図的に制作されている。
    このコメントの場面は「例年通り北海道はバターを製造してるのに、マスコミが
    政府の意図通りにバター不足をあおるせいで家庭に不要不急な「在庫」が積み
    あがってしまって需給が混乱している。」という現象を説明しているとこなんだ。
    こんな茶番であおる演出とは日経も落ちたもんだ。
    あからさま過ぎてすぐ論破できるから、大恥かくと思うけどね。

     
    返信
    • 北海道の酪農家の手取りなんて正直消費者はどうでもいいんですよね。
      そのメーカーに生乳を納品する業者の門戸を開けるべきって事が重要だと思います。
      叩くべきは今のシステムであると思います。
      もっとビジネスをしたい酪農家にとって物凄くハードルが高くなってしまってる。
      もし乳業メーカーと小売に其の責任が有るのであればホクレンは糾弾するはずですし、するべきです。
      マスコミを叩く前に原因はメーカーや小売に責任が有る!!って言わなきゃですよ。
      まあクライアントですし言わないでしょうけどね笑

       
    • 自給率低いんだからお前みたいに生産者のことなんて
      どうでもいいやつは買わなくてよし!
      日本人が作ってんだから日本の物価でくらせるだけの所得は酪農家も
      必要だし、日本人ならそういった国産のものを買えるだけの経済水準に
      達してるはずだろうが。

      生乳はもともと個別にメーカーに売ってたんだよ。
      個別だといいように買いたたかれてずっと食い物されてきたんだ酪農家は。
      だから協同組合を作って対抗したんだ。この構造は50年たっても基本変わらない。
      何の根拠もなく安けりゃ安いほどいいっていうお前の理屈はそれと同じなんだよ。
      もっと安い輸入品をって言うのは外国を食い物にするってことだしな。
      それを恥ずかしいと思わないのならせめて感謝ぐらいしたらどうなんだって話だよ。

       
    • 上の人と同じかな?
      恥ずかしいとか言ってるけど、上にも書いたが全部日本製で揃えてるんだろうな?え?
      自分が消費者に回った時全く同じこと言えんのか?

      僕が言いたいことが安く安くって事だって捉えてる時点で君はずれてるよ。
      安い事も商品に対しての付加価値。
      でも安くは売りたくない。じゃあ違う付加価値を付けて競合よりも高く設定して消費者に買ってもらう。
      これがビジネスでしょう。
      酪農業界では違うのかな?まあ保護されてるからそういう発想しなくていいのか笑
      酪農家が喚けば喚くほど一般消費者の心は離れてくんだよ。
      だって自分たちのことばっかりじゃん。客の事考えてない。客には選択肢があってしかるべき。そこを潰してしまってるシステムが良くなよねって話。
      日本人の所得なら買える?いや、買えるけどさ、どうせたいして変わらないなら安い方買わない?
      君は常日頃から高くても機能的に変わらずとも日本製で全て揃えてるのかね?

      じゃあ日本製の生乳はどこが良い、外国産とくらべて何が違うってあるのかって話よ。
      またそれを消費者に伝える努力してんの?
      僕には伝わってきてないよ。それが海外産の悪いところでもいいよ。明確なところはみんな知らないよ。
      その時点で大した違いはないって消費者は認識してる。
      そこに安くしたら自分たちが露頭に迷うとか、ホクレンは酪農家を生かすために頑張ってくれてるって言っても響かないでしょ。
      そこの考え方を改めないとTPPやそれに似た何かがあった場合に一気に終わっちゃうよって事だよ。
      別に日本の酪農家は潰れろとかみんなゴミだとか言ってるわけじゃない。
      保護されてるお陰で努力して無いやつがいて、そいつのせいで今後も同じように消費者として不利益被るのが嫌なだけなんだよ。

      あ、勘違いしてほしくないが、努力ってビジネスとしてのね。
      商社みたいなとりあえず買い叩きにくるところの言いなりになる必要もない。
      バターを安く出して欲しいって言う消費者の願いに応える=買い叩かれるって考え方がヤバイんだよ。
      頭使ってやろうよ。もっと沢山選択肢あるでしょうよ。
      消費者の利益が自分の利益につながる、ひいては業界全体の利益につながるのに。
      この考え方をお願いだからしてほしい。
      消費者から見るとホクレンがいることでこの考えを出来なくしてしまってるように見える。
      で、そういう考えをした人を潰す方向ではなくて、組合内のベンチャーとしてホクレンが金を出してテストさせるとかそういう事をやっていくべきだと思います。

      高くても明確な付加価値があるんであればそれを買う人もいる。

       
    • 頭使ってってホントに生産現場しらんでよく言うな。

      保護されてる=努力が足りないっていう思考はどっからくるのかね。
      産業としてどうしても努力の範囲を超える国際ギャップがある場合、
      トータルとして国民の利益があれば保護、なければフリーという
      判断があるだけで、おれらが日々生産活動にどれだけ努力してるか
      とは直接関係ないよね。
      人件費の安い国や土地効率のいい国の生産物が安いのはその国の
      人と日本人の努力の差じゃなくてもともとの条件の差だろ?
      だから俺らにどうにかしろっていうのはお門違い。
      日本という条件の中でベストなことを勉強し実践してることを知りもせず
      調べようとせず思いこみで叩くのは内弁慶にも程があると思うけど。
      トータルとして多面的に考えたら国民のメリットが多いと判断した
      国に文句言うべきだね。
      まぁそれがどういうものかもちょっと考えれば頭のいいかたならすぐ
      わかるでしょ。

      あと酪農家は生産者でもあり消費者でもあるの。
      消費者側に回ったとき、自分達のつくった世界最高品質と評価される
      牛乳からできるバターの値段が高いなんて全然思わないね。
      そこが生産してないあなたとの違い。生産者の苦労なんてしらんと。
      俺らは値段でしか判断できないというあなたとの感度の差。
      そもそも毎日喰うわけじゃああるまいし、自分が年間どれだけバター使うか
      考えて割り返したら微々たるものなのにわめいてるのはどっちだか。
      牛乳が水より安い値段になって久しいが、ホントに納得いかない。
      でもそれが市場だから受け入れてる。それだけ。
      牛乳なんて物価の優等生でしょ。どんだけ長い期間恩恵受けてるか
      考えてもみないから目先の高い安いになるわけだ。そのせいで結局
      損してることに気づいてないしね

      それと付加価値つけたら高く買うっていうのはホントに聞こえる嘘だよね。
      どんだけ昔の経済論だか。
      なんにでも付加価値つけれると思うのも、思い違い。
      努力すれば、頭使えば付加価値が付いて高く売れる。消費者にアピれ!って
      この程度の理屈で満足できるって幸せだよね~ 
      それに値段がすべて、俺が一番偉いって消費者って賢いつもりだろうけど一番のカモ。
      まぁ売り手に本気で相手にしてもらえないからいい買い物なんてできない。
      ご愁傷さま。

       
  8. 利益低いとか言ってるやつ企業会計とか税務勉強した方がよいよ
    意図的に純利が低くなるように金ばらまいてるだけ
    役員や株主はボロ儲けですよ

     
    返信
    • 役員?株主だ?ボロ儲け?おまえこそ会計勉強しろよ。
      農協やホクレンは協同組合。株主なんかいねーよ。
      組合員全体に余剰金がでたら出資金に応じて還元する
      しくみを知らんのか?
      税法で許される範囲で処理することが、節税目的で
      ムダ金つかう企業の経営者問一緒にすんなよ。

       
  9. イマイチ盛り上がらんな笑

    酪農家ってさ、要するに国の庇護の元仕事してるわけでしょ。
    自給率が〜っていう大義名分のもとにさ。
    でもね、あなた達がひたむきに田舎で牛と接してる間他の人は国内の競合や他国の競合とバチバチ戦ってるわけですよ。
    僕らは目の前のものをこなすだけじゃ生きていけないんです。頭使って必死で生き残ろうとしてるんですよ。あなた達みたいに思考停止してたら終わっちゃうわけ。
    殆どの国民がそうなんじゃないかな。
    別にそういう仕事があっても良いと思うよ。それをやるかやらないかも自由だしね。
    ただ実際に利益が低かろうがなんだろうが実際にバター不足っていうどこがしかけてるんだか知らないけど消費者としては不利益被ってるんだよね。
    そこで知らんぷりしたらダメじゃない?
    私たちは毎年同じように乳絞ってます。で???
    お前らも頭使えよ。
    客にバターしっかり届けるように声上げろよ。
    メーカーとか小売とかホクレンがなんかやってんだったら抗議しろよ。
    其の責任あるのわかんないかな?
    少しは頭使わないと今のシステムが変わった時に本当に終わるよ?
    ホクレン様にしがみつくのが先のこと考えるってことなの?
    消費者に対して自分たちの存在意義をしっかりアピールしないとマジでそのうち首くくることになるんじゃない?
    現状を変えたくないのはわかるけど、多分これからの世界はそうさせてくれないよ。
    だって産業としてはお荷物じゃん。実際。
    付加価値つけるとか頭使えって。
    ヨシタケみたいにさ笑

    消費者が1番。ホクレンでもメーカーでも小売でもなくて消費者が1番だよ。中間業者の顔色うかがってる暇あったら消費者が何を望んでるか少しでも考えなよ。
    これからの時代それをしないやつは確実に消えるよ。

     
    返信
    • お前は他人任せで待ってるだけじゃん。
      この馬鹿消費者が。
      おまえみたいにヨシタケにころっと騙されて生キャラメルが付加価値とかいって
      高い金払う馬鹿がいるから仕方なく法律で守ってんじゃねーか。
      国の庇護とかっていう前にその認識もない自分の沸いた脳みそどうにかしろよ。

      消費者が一番、って普段消費者に振り回されて苦労してるストレスごくろうさんだな。
      お前の仕事こそ尻尾ふらなきゃなくなるもんな。ちぎれるまで振ってな(笑)

      ちょっと考えりゃ自給率が40%しかない農作物=食料は「買ってもらえない」より
      「売ってもらえない」ほうがが困ることぐらいわからないのかね。
      それに農家の日進月歩の緻密な仕事も知らないくせに。ほざいてな坊や。

       
    • 結局その保護されてることからくる傲慢さがダメだと思うな。
      売ってもらえない?そういう発言をしちゃうところがダメなんだよね〜
      売ってくれてありがとうございますって思ってほしいって事だろ笑

      消費者に尻尾振る必要はないけど、何を望んでるのか把握してないとビジネスなんて成り立たないのわかんないのかな?保護されてる産業内にいるとわかんないんだろうな。

      結局乳搾りだけひたむきにやってたら零細でもホクレンのお陰で生活できる今の状況はそりゃあまあ居心地いいだろうね。
      マーケティングはメーカーがやってくれてるだろうし。

      客に尻尾振るだとちょっと違うけど、お客さんが何欲しいのか聞くのなんてあたりまえじゃん笑それをやらないでビジネス出来てる今の状況が特殊だよってことがすっぽり抜けてるんだよ。
      貴方みたいな人ばかりじゃないことを願うよ。消費者としてね。

       
    • 酪農の仕事の何を知って発言してんだか。
      牛をつないでテキトーにえさやっときゃ牛乳が勝手に出てくるとでも思ってんだろ?
      乳しぼりだけ?酪農の仕事が乳しぼりだけとしか認識してないやつ
      のくせに消費者が守られてないとかいうからおかしくなるんだろうが?
      あんたが、思考停止だ頭つかえだ言いがかりつけてくるから
      相手してやってんだよ。

      消費者が一番って言ってる時点で「買ってくれてありがとうって言え」
      って言ってる傲慢野郎はお前のほうなんだよ。

      こっちは消費者のおいしいや健康のために酪農やってるんだ。
      そのためにどれほど情報をとって毎日仕事してるか想像もつかないだろ?
      マーケティングだ?主要な乳業メーカーの新製品が何で、スーパーの価格
      がいくらで、それが用途にどれだけ影響を与えるか、売れ行きがどうかを
      気にしてない酪農家が北海道にいると思ってるのか?

      お前みたいな安くほしいだけ持ってこいっていうやつのが
      いっぱいいることもよーく知ってるよ。だけどそんな奴らのことばかり
      聞いていてもいいことないこともよくわかってんだ。
      結局金がものさしのやつは値段でしか判断できないからつかみに行っても
      無駄なんだ。
      なにもわからないで「国産なら高くても買う」と言ってるやつもほぼ同類。

      結局話し合いもできず、わがままをわがままとも思わず、自分のゆがんだ
      ものさしを押し付ける消費者は中長期的には「お客」じゃないんだよ。
      だからお前は一切国産の農産物買うな。

      ついでにろくに知りもしない農業に酪農に産業としてお荷物とか放言する馬鹿は
      日本にいるなよ。

       
    • >消費者が一番って言ってる時点で「買ってくれてありがとうって言え」
      >って言ってる傲慢野郎はお前のほうなんだよ。

      これ一般企業からすると当たり前に受け入れてることなんですが
      あなたには傲慢に聞こえるんですね。

      >だからお前は一切国産の農産物買うな。
      >ついでにろくに知りもしない農業に酪農に産業としてお荷物とか放言する馬鹿は
      >日本にいるなよ。

      なかなか理解されないことにイラつく気持ちはわからんでもないが
      ここまで言うなら国の補助を受けずに独立採算制でやってやるぐらい言ってくれ。

       
    • 保護保護いうからなにいうかと思ったら・・・
      俺らはみんな完全独立採算制でやってますけどなにか?

      何か売上以外に特別に給料とか補助金?をもらってると思ってたんだ?
      ご愁傷さま。

      もし輸入関税で守られてるっていうことなら関税設定されてる全部の
      産業に向かって「保護されてるお前らは消費者に感謝される権利なし」
      って言って来たら?お前の会社も入ってるかもしれないけどね。
      いっぱいあるよ~大変だねぇ。

      >売ってくれてありがとうございますって思ってほしいって事だろ

      あんたの言葉ね。だから
      >買ってくれてありがとうって言え 
      って言ってる「消費者様」のお前と何が違うの?っていってるの

      俺らは消費するとき、自分とは違う苦労をして出荷してくれてる
      農家に「ありがとう」って普通に思えるけどね。
      もちろん生産者として「買ってくれてありがとう」なんてあたり前。
      でも「作ってくれてありがとう」という双方向の感情の交流があってのことだよね
      人として。

      あんたの言い分は保護されてる産業の奴らは消費者にありがとうと
      言われる権利なしだと。
      で、その根拠は保護されてる一次産業は頭の悪い、思考停止した
      田舎者が100年前と同じ方法で効率悪く、ぬるま湯につかって
      淘汰される心配を感じないで楽にどこにでもある品質の牛乳を
      出荷しているっていう「思い込み」なわけだ。

      一応知識だけ。
      産業として輸入関税で保護されているということは直接的には
      俺らには関係ないこと。政府が勝手にやってるだけくらいのイメージ。
      牛乳は腐敗するから輸入できない。ヨーグルトも同じ。チーズは比較して
      量が少ないから影響なしとして、バターと脱脂粉乳、こいつらは保管できて
      輸入価格も安い。
      でバターがじゃぶじゃぶ入ってきたら、牛乳とヨーグルトの分だけが国産に
      なる。もっともバターと脱脂粉乳を調整すると牛乳に戻るので、牛乳も影響受ける。
      要するに国産の牛乳、乳製品はもっと手に入りづらく高くなり成り立たなくなる。
      しばらくは安い乳製品が手に入るが、はっきり言って調整した牛乳や牧草だけ
      喰った牛のバターはそのまま食べると美味しくはない。殺菌もきつくなるから
      風味に劣るしね。
      そのうち国産がなくなったら値上げされてまずくて高いもの食べる羽目になるね。
      自国で持っていない国は生産国のいいカモなのは国際常識。結局消費者が損する
      のは自明のことなのね。だから中国とか牛乳生産をコストを無視して必死でやってるね。
      買わなきゃ相手が頭下げてくる、、、って日本国内ならありうるけど比較に持ってるものなければ
      言いなりにならざる得ない。ニュージーランドを植民地にでもするなら別だけど。

      一次産業ってやっぱり大変なのよ。
      ほかの産業から流れてくるのもいっぱいいるけど甘いのばっかり。
      「人をだましているだけのような商売に嫌気がさして」「人間関係につかれて」「業種として
      将来性を感じされない。「情報ばかりあって現物がなくやりがいを感じられない」「結局安く
      扱われて余れば切られる」みんなあんたの仲間たちよ?
      あんたみたいに偉そうには言わないが、日本人がやると高いから安く輸入するって言っても
      外国人だってほかにないから仕方なくやってる場合が非常に多い。
      安くなくなったとき、国産を復活させるのって1-2年ではとてもできない。そういうヘッジも
      含めてトータルでは日本にメリットがあるから関税つけてるのね。
      保護=消費者が割り喰うから悪、というのはけっこう近視眼的な話で、ちゃんとそれ以上のメリット
      は役人が計算して決めてるので安心したら?

       
    • >補助金が交付されている様に見えますが…

      生産者一人一人が独立した事業者ってことを言いたかったのと、
      助成金・補助金の類がその採算に与える影響ってちょっと分離されてるんで
      雑に書いちゃいました。失礼。

      農業支援事業は農水省のこのページが詳しいです。

      ホクレンHPの事業もその中に入ってますね。
      生産者も積み立て金の一部(4分の1)払って備えてます。(これは要綱読まなきゃわからないけど)
      この事業に関しては補てんがしっかりされる仕組みだけど、いつも発動
      するものじゃないし、そもそも加工乳の価格自体もっと上げてほしい対象
      だから、保護されてる=不労所得もらってる 的な言いかただと
      ちょっと違うと思ってます。でも仕組みは仕組みだし、ないっていうと
      嘘になりますね 失礼しました。

      農水省のページ
      http://www.maff.go.jp/j/chikusan/kikaku/lin/l_zigyo/

      見てもらうとすっきりしません?あといろんなメニューがありますね。
      こんなに酪農って仕事があるってことも伝わりませんか?
      ざっくりいうと、酪農って設備投資が非常にお金がかかるので、
      より低コストで永続的に生産できる基盤整備の支援が多く、
      新規就農や規模拡大、新規事業に躊躇している生産者を後押しする仕組み
      がほとんどですね。
      支援はかかるお金の一部だし、制度を活用する人だけにあたるもの。
      もちろんその分リスクも負う話なので使うとなると相当の経営感覚がいりますね。

      ほかの産業も多かれ少なかれ同じような仕組みがあって活用するのは
      当然のことだから、非難の対象とは全然思わないです。
      こういう事業を活用する人って地域でもやっぱり意識の高い人が多いですね。
      同胞としては頑張ってほしいです。

       
  10. MMJと取引する加工業者に嫌がらせとしか思えない報復措置や
    30代酪農者にMMJと取引するなら餌代を値上げするとか借金を今すぐ返せと
    脅しとも受けれる言動については一切反論がありませんが
    こちらについてはテレビの放送意図と祖語はない理解でよいのかな?

     
    返信
    • 乳業メーカーっみんなが知っる大手以外にもいっぱいあって、
      生産ライン一つで地元のスーパーや恰好給食だけに出してる
      ような中小メーカーがMMJの相手なのね。
      そういうメーカーは受入タンク、ラインが一つだから、指定団体の
      品質保証のないMMJの牛乳が入っていると困るわけ。
      混ぜて製品作ってもし食中毒が起きたらどうする?どっちが責任取る?
      って問題が発生するでしょ?
      また、MMJからわざわざ買うってことは、いくらかでも安く供給しているわけ。
      MMJから変える時は安く買って、足りなくなったら、また指定団体から
      買うっていっても、いつ買ってくれるかわからない相手のために量を確保
      できるほど今は余裕ないの。
      そういった条件をもとに時間かけて交渉した経過を無視して一方的に
      出さないと言われた、値上げを言われたっていうのは単なる駄々。
      報復措置とは本人も言ってないし、交渉した経過だから仕方ないと思って
      いるようだけど、取材されたから愚痴が出た感じでしたね。

      30代酪農者にMMJと取引するなら~という部分は上の方に反論がありますね。
      農協は低利融資をしていて、その回収は酪農家であれば牛乳代金からになりますよね。
      その回収先がホクレンであれば100%安全ですが、MMJだと回収リスクがありますよね。
      MMJ自体が取引規模に比べて資本金は3000万円しかないし、販売先は中小乳業メーカーの
      かき集めですから、なかなかにリスキーです。
      そうなると普通の金融機関であれば回収リスクに合わせて融資を引き揚げたり、金利を上げたり
      しますね。当然のことです
      番組で「リスクはしょってもらうよ」と言ってたのはそのことです。
      融資分もしくは売掛分返してもらうことになるよ、というのも原則やむを得ない措置です。
      でも農協は優しく妥協案を出しました。それが餌代金の値上げです。今までの代金との
      差額をプールし貸し倒れにの際に引き当てるという考え方です。これがこの酪農家に
      とって当面一番負担が少なく穏やかな方法なんですね。
      そうでなくても農協をフルで活用している酪農家と価格差がつくのも当たり前です。協同組合
      は組合員にサービスするための組織ですが、組合員もできるだけ組合を利用して貢献する
      義務があるからです。ここが民間の商社との違いですね。だから当初対応した担当者も反射的に
      組合員として相互扶助なのにそんないいとこどりしたらだめだ!ということを説明してるんですね。
      このへんのやりとりも番組のように切り取られてしまうとと、全く違って見えますね。

       
  11. 同じ酪農家でもホクレンのせいでと言う人とホクレンのおかげだと言う人がいる。

    要は個人の経営の仕方次第ではないの?

     
    返信
    • ホントにそこにつきますね。
      経営感覚ある農家は農協・ホクレン・全農のシステムって
      上手に使っていればきちんと利益上げれられる仕組みだから、
      基本何も言わない。なんているかやっかまれると面倒だから。
      また仕組みを理解してる人はもうからなくても自分の頑張りに
      比例していることを知ってるからやっぱり文句は言わない。

      今回の番組に登場した酪農家は完全にMMJにそそのかされて
      その気になってますが、本質的に地道な努力が出来ないタイプと
      思われますね。要するに酪農に今一つ本気でない人。
      基本部分でしっかり従事していることはわかるが、それは最低限の
      条件。そこから飼育の技術をしっかりあげて、資産である牛の
      コンディションを上げていけば今の頭数でも十分食っていけます。その時
      一番お世話になるのが先輩であり農協の営農指導員なんだけど、関係は
      見る限り最悪の様ですね。金を貸してる農協はそれ以上に必死にフォローしてくれる
      もんですが、やっぱり言うこと聞かずに勝手に安い餌入れたり、牛の面倒が
      適当だったり、牛乳の質があがらなくても平気で独学に走ったりすれば、徐々に面倒
      見てくれなくなります。
      駆け出しの彼が見るべきなのは、自分でコントロールできない
      牛乳の価格や自分が使う資材にかかる手数料の1円2円じゃなくて
      まず牛と自分の技術じゃないかと率直に感じました。
      番組がすべてじゃないけど、農業の大先輩であり、組合員の代表に
      対してあのバカっぽいため口。見ていて不快になりました。
      まぁ挑発して来いってそそのかされて隠しマイクもついてるし、つい
      調子に乗ったって感じもしましたけど。

       
    • ろくにバター買ったこともないくせに記事にのせられて
      よく言うわ
      一体いつのバターの価格に比べていまのバターが
      いくら高いんだ?
      例えば去年に比べて野菜が不作で高いのと比べて
      バターはそれ以上の割合で高くなってるか?
      何でもいいからっていうやつは買わなくいいし、
      、結局買うならだまってたら?
      調べもしないで駄々こねるなよ。

       
  12. 【ポイント①】
    〉そのうち国産がなくなったら値上げされてまずくて高いもの食べる羽目になるね。
    〉自国で持っていない国は生産国のいいカモなのは国際常識。結局消費者が損する。
    【ポイント②】
    〉国産を復活させるのって1-2年ではとてもできない。

    ↑これに反論できない時点で結論でてるのでは?

     
    返信
    • それも踏まえた上で消費者に判断させればいいんじゃないの?
      これが自分たちの存在意義の全てであるなら全力でこのことをホクレンでも有志でも息の掛かった政治家でもマスコミにでも広めさせるべき。

      それをするのが自分たちにも消費者にも有益なことですから。

       
  13. 例のツイッター遁走のご本人きてる感
      
    親戚農家だけど組合めっちゃぼってくるし
    不作の年に助けてくれたことなんかないぞ…

     
    返信
  14. ここを盛り上げようと頑張った1人ですが、久しぶりに見たら酪農家側の人まだ頑張ってましたね!
    悪い事じゃないと思います。
    酪農家の大変さ、美味しいや、ありがとうを欲しいがために日々研究に勤しみ、休みも無く頑張ってると。
    そして自分たちは消費者の健康のためにやってる。自分たちがみんなやりたがらない仕事をやってるおかげで品質の良い物が手に入ると。
    そして、こうも言ってましたね。
    自分たちが供給を絞ればお前らは買えなくなるって笑

    そういう考えになっちゃうのが1番良くないって事を理解してくれない。
    そして僕が言いたいのは消費者が1番偉いとかそういうのじゃなくて、市場って需要があるから出来るわけで、需要のないところには消費も市場も生まれない。
    だから消費者のない市場はありえないって事なんだけどな。
    別に地位が高いとかそういうんじゃなくて消費者に左右されるのにその消費者が望んでない方向はいかがなものか?ってことなのにさ。
    で、消費者が望んでるっていうのが、兎に角なんでもいいから安くってことじゃなくて、選択肢をよこせってことだよね。
    頭の悪い人じゃないからそこわかってない事はないと思うんだけど、だからこそ厄介笑
    安さが全てなんて誰も言ってないよね?笑

    今のバターはまあ美味しいんじゃないかな。でも高いよね。気軽にホイホイ使う気にはならない。これが一般家庭のバターに対する感覚だよね。
    で、これに味はそこそこでマーガリンくらい安くてって選択肢が加わって欲しいだけ。
    それにはホクレンがなくなれば良いのか、海外製品の規制緩和したほうが良いのか、酪農家の仕事の仕方を変えれば良いのかそれはわかんない。
    でもそうなって欲しいっていうのが消費者の願いだよね。
    そこに対して
    お前らは安いの安いの言いやがって!俺達は超大変なんだぞ!俺達は国民の食を守ってる!買わせてもらってることに感謝しろ!俺達が流通絞ればもっと高くなってお前らは買えなくなるんだぞ!
    みたいなこと言うからおかしくなるんだよな。

    で、守られてるのも事実だし、それが食の事だからってこれからの時代はわからないし、それがTPPの話とかで崩れる方向にいってるわけじゃん?
    生乳に関しては輸送とか雑菌とか色々あるから輸入は無理だとしてもさ、バターなら可能なわけでそこに対してあまりにも選択肢がなさすぎなんだよね。現状。
    これがじゃあバターはOK!スーパーに海外生産のものとかと混在してさって状況になってくれればあとは市場の主であるそれぞれの人がチョイスすればいいだけでしょ。
    で、結局割合的に生乳→牛乳の方が圧倒的に売上良いんでしょ?
    だったらバターは良いんでないの?
    開放してくれても良いんでないの?
    むしろそんな品質に自信があって、それが付加価値になるって思ってるなら良いんじゃないの?
    その勝負をしたことない人にマーケティングとか消費者云々を語ってもらいたくないな。
    というか、自分もそのマーケットの一員なのを自覚してほしいよ。
    そういう意味で酪農家をバカにしたような発言したけどさ、結局僕たちは消費者の健康を思ってます!って言ってもそこだって押し付けの可能性あるじゃん。
    たまに腹壊してもいいけどもっと安くしろって思ってるやつもいるかもじゃん?
    どっちが良いかなんて買うやつが決めることでさ。

    安いことが正解な事は往々にしてあるけど、そればっかりじゃないよ。
    じゃなかったら国産牛なんて売れるはずないじゃん笑
    牛肉には外国産もあるし、そこに選択肢が有るからだれも和牛高いから安くしろなんて言わないじゃん。
    それと同じにしてほしいって事でしょ。

    それをこねくり回すから頭に血が上っちゃうんじゃないかな。

    兎に角息巻いてる人に言いたいのは、生産者として頑張ってるのはわかるけど、多数の業界がやってるような本当の勝負してないじゃんてことよ。
    規制緩和されて、まあバターは屁でもないって思うかもだけど、将来何かしら生乳自体も海外から安く入ってくるようになったとしたらどうするのかね。って僕は思うよ。

    それとヨシタケの事、他の人かもしれないけど、バカにしてた奴。
    お前はそんな時代がきたら絶対に生き残れないからな。

    実際の北海道の酪農に携わった奴がどんなテンションでどんな風に市場や消費者を見てるのかわかってよかった!

     
    返信
    • うーん
      俺らが絞れば食えなくなるぞっていうのは全然違う。
      全力で作っても全員が食べる分ないんだよっていう現実を実感できてないのでは?
      という意味合いなんだよ。
      あるものを絞る気は全然なくて、どの乳製品を作るかはマーケティングして
      いる乳業メーカーやスーパーの仕事。で実際バターも例年並みにちゃんと作ってるし。

      食料自給率が低いのは事実。それは消費者が選択し続けてきた結果でもあり、
      目先の利益だけでなく中長期的な戦略で国内農業を守ってきた成果でもある。
      で守ることについては、国際的にモノがあるときには批判され、タイトになると良かった
      ってなる。消費者というか世論は流動的だけど、農業って簡単に再生できないという特徴
      があるのと日本人の求める品質って輸入そのままでは無理なものも多いから比較的理解
      が得られやすかったのが今までね。

      安いも含めた選択肢が欲しいはわかるけど、一時的な選択肢が増えた!
      のあとに国産農業が廃業したあとは、悪い選択肢(高くて悪い)しか残らなく
      なったら元も子もないでしょっていう現実は認めてほしいな。
      もっといえば家庭用なら数量もたいしたことないし、品質差があるから
      まぁ輸入してもいいのかもね。

      しくみからいうと生乳は年間で生産量がばらつく(同じ牛でも冬は多く夏は少ない)ので
      保存性のない生乳や液状乳製品(生クリーム、ヨーグルト)は夏場は不足し冬は余るの。
      これに合わせて牛を殺したり、急に育てることはできないのでどうしても余る分は保存性
      のあるバター、脱脂粉乳、チーズにする必要があるの。

      でバターの輸入を無制限に増やすと国産バターの大半は価格競争に負けて余る。
      家庭用はともかく外食・中食は消費者に分からないから確実にシフトする。
      で、そのコストダウン分は絶対に消費者に還元しない。一食数円の値下げをわざわざしない。
      これは原料の値上げを価格になかなか転嫁できないで苦しいからその反動でもある。
      でその分の収入が減れば、夏の需要に合わせて酪農家の規模が縮小するから今度は生乳や
      液状乳製品の単価が上がる。
      結局、バターの選択肢が増えても牛乳やヨーグルトが値上げになると。
      バターに脱脂粉乳混ぜると加工乳になるので、加工食品の業者はそっちを
      使い始めると牛乳の需要も狭まる。。こんな流れで、酪農が壊滅的になくなる
      というのが全体的な理解なのね。
      なくなってしまえば、色々な場面で輸入先から不利益を被るのは予想できるでしょ。
      値段も品質も選択肢がなければいいなり。品質基準を下げさせられても、規格を変えられ
      ても遺伝子組み換えの餌食ってても文句言えないことになるよね。

      上手くいかないね。でもこのような理由から「基礎食料」である牛乳を自国
      生産しておくのはトータルでは割と「お得」だというのが国際的な考え方なのね。

      で保護、補助の話になるんだけど、誰かが言ってた「保護、補助=無能・無努力」は
      結びつかないのさ。
      そう見えるのはわかる。けど税金って業界の綱引きはあってもそんなに偏ってないでしょ。
      例えば都市に住む人や企業は圧倒的多額の税金で作った道路も電気等のインフラも、交通網も
      充実していて利用してるしょ?田舎はそういうものに税金使ってない代わりに産業としての農業やら
      一次産業があって、それに特化した形の税金の投入=補助があるわけ。農家って個人事業者
      だからわかりづらくなってるけどね。
      工業団地やその他の「特区」も似たような例。目に見えない恩恵受けてるのさ。
      それをホントの勝負してないっていう決めつけもなんだかなって。
      それにいろんな地域の日本人の雇用を確保しないと今度は生活保護に逃げ込む人が増えてくる。
      こっちはホントに「無能・無努力」が混ざってるかもしれないけど、そのイメージを
      ぶつけられてるようで納得できないって感じかな。

      消費者には賢くなってほしい。
      バター不足って言われたら普段バター買わない人まで思い出したように騒ぎ出すようじゃダメだ。
      内弁慶になって身内の犯人探しをしていう暇があったら、なんでそうなってるのか自分で調べて
      国際需給や輸出国の戦略位知っといた方がいい。
      そうでもないからちょっと騒いで、そういえばここ2ヶ月くらいバター買ってないことに気づいてまぁいいかと。これじゃどうにもならんよ。
      その意味では今回勉強もさせてもらったと思ってる。
      今距離の壁を縫って中国が生乳を日本に輸出したがってる。「基礎食品」を制することの意味を知ってるからだ。敵国(仮想ではない。)に絶対的優位なポイントを握りたいからだ。
      安いし、品質だって遜色ないって思わせても、値段は国家戦略で何とでもなる。シェアとってから
      煮て焼いて食う。これが米国、中国の戦略である以上、一定の警戒をしてほしい。
      不安をあおるわけではないが、ホントに農業の再生は至難の業。
      これは後悔しても取り返しがつかない。そのうえ外国資本が土地や水源そのものを買いあさって
      いる。北海道ではそれが顕著でやっと条例で制限がかけれるようになりそうだ。

      いい悪いではなく農業の産業上の「特徴」があることを端的に披露したが、やはり納得はできない、という保護に対する「消費者の素直な目」があることもわかったよ。

      あ、ヨシタケは残念ながら俺らも認めてないわ。ごめんね。
      ものすごい裏表があって農協や商工会や自治体に威張り散らすくらいはかわいいほう。
      食品事業に手を出しておきながら嘘をつくのは絶対やったらいけないこと。
      自分の牧場の牛乳だけで製品作っているとか、地域雇用を盛り上げると作った工場を
      あっさりつぶしたり、商品コンセプトをあちこちから盗用するとか尊敬できないわ。

      生産者と消費者

       
  15. そもそも、日本国に酪農は必要なのですか?例えば、日本国で生産された水稲が、水稲生産の無い地域で100%輸入してもらえるとしたら、嬉しいのでは?そしてその国の政府が、その国土は水稲栽培には向かないのに、その国の食文化で国民は十分健康に生きていけるのに、一部の人が「儲けが出る範囲で国が関税かければ水稲栽培で仕事できます!」と言うから、関税をかけ、結果、その国への輸出で所得を得ていた日本国民が所得を失ったら、どう思うでしょうか。米軍占領により加速した食の欧米化が何をもたらしたか、現状をみれば分かると思います。また、ほとんどが乳糖不耐性体質と思われる日本国民に、学校給食で牛乳を強要するというのも、どうなのでしょうか。
    私個人は牛乳を始め、乳製品全般が大好きです。なので、義務教育期間中はお腹の調子がいい日は長期休業中だけでしたね笑 低身長もそれが原因かしら…
    かつて、日本国では大量の畜産家が廃業しました。廃業は、その関係者には実に辛いことだと、身をもって分かります。しかし、日本国は職業選択の自由がある資本主義国家です。封建時代とは異なり、職業を選択でき、資本主義だからこそ利益を追求できるのでは?その資本主義の活発な市場競争の利益を、国民は享受できるべきでは?また、その了解のもと、日本国民は、誰かに酪農家になることも辞めることも強要していないはずです。
    もう「戦後ではない」そうですから、栄養状態も健康知識も向上した国民に、選択させてもらえないでしょうか。私個人は、義務教育を終了したら、全く飲まなくても平気だった生乳は無くてもいいので、バタートーストや洋菓子を毎日食べたいです。あとたまにはバターで焼いたステーキも。
    公正な競争で日本国から酪農が無くなったら、酪農で生きてきた地域の文化に敬意を表して、その地域からの輸入品を食べたいと思います。それもできなくなったら、無い生活をするだけです。先祖は白人のような巨体でなくても、命をつないできました。

     
    返信

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!