netgeek

0

【閲覧注意】アイホンにとんでもないバグが検出されたぞおおお!!

腹BLACK 2014年4月5日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

iPhoneではなく「アイホン」。そう、玄関にあるインターフォンのことだ。ボタンを押すとピンポーンという音とともに通話できるようになる機械で、中には顔が見えるタイプもある。そのアイホンで事件が起きたと密やかにネット上で話題になっている。

きっかけは、とあるtwitter主がアイホンに驚くようなバグが見つかったとツイートしたことだった。

なんじゃこりゃああ!?

一瞬画像を見ても何のことか分からなかったが、よくよく見ると、大きな蛾がカメラの前を占領しているではないか。

これでは来客者の顔が見えなくて意味がないし、ボタンを押した方もびっくりするのでは。

BkSvZsKCEAAOu_v

しかもツイート主は立命館大学教授の上原哲太郎氏。華々しい経歴で恐れ多い。

tetsutalow

ソフトハウスバイト→同経営→京大助手→和歌山大講師→京大助教授→同准教授→総務省で役人→立命館大学教授。その間NPOやってたり。得意分野はシステム管理とか情報セキュリティとかデジタルフォレンジックとか情報教育とかですがICTだいたいどこにでも突っ込みます。でも私のつぶやきは組織の公式見解とは無関係です。

さて、突然のバグ発生にフォロワーは大盛り上がり!

話は徐々に対処法から、一体どこから入り込んだのかという方向へ。

 

 

 

これだけ限られたスペースでは食べるものもなく、さぞかし蛾も困っているのはずだ。体が大きくなってしまってでられないとは、なんだかアニメや絵本の世界に出てきそうな話。

そしてtwitterの集合知でバグを特定にかかる!

 

アメリカシロヒトリの画像を探してみたところ、やはり問題のバグと一致している。

Exif_JPEG_PICTURE

なんと!こんなことになっていたとは…。虫が苦手な人にとっては地獄ではないか。

たくさんの虫が集まっていたことから考えて、器具の内部は暖かくていい越冬場所だったのかもしれない。

みんなも外に置いてある器具は定期的に検査して注意しよう。気づいたら取り返しのつかない状態になっていたりして!?

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!