netgeek

0

【ヘリパッド土人事件】沖縄に大阪府警が出動していた理由

腹BLACK 2016年10月26日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

沖縄県の基地反対派に対し、大阪府警の機動隊員が「土人」と発言して炎上騒ぎになった件で、現地で沖縄県警ではなく大阪府警が仕事をしていた理由が明らかになった。

「沖縄県警の人間はもう出せないんですよ。というのは、基地反対派は写真を撮ってくるからなんですよ」

dojinokinawajiken-3

「我々なんかが行っても望遠で撮ってくるんです。私も何回も撮られた。警察は名札で名前が分かりますよね?そうすると顔を横断幕に印刷して、名前、住所、家族の写真まで全部載せるんですよ」

dojinokinawajiken-1

「あいつらにカメラ向けると肖像権の侵害だって大騒ぎするくせに」

「それで沖縄県警はもうやれないので機動隊は本土から行っているんですよ」

▼実際に張り出されている横断幕。※紫のモザイクはnetgeek編集部によるもの。顔写真の横に本名がフルネームで書かれている。

dojinokinawajiken-1

▼また別の機動隊員も被害にあっていた。

dojinokinawajiken-2

▼こんなことをされるのでは現地の人間は仕事ができまい。

dojinokinawajiken-3

このような事態になっているのなら、警察にはもっと強い権限を与えてもいいように思える。日本の警察は優しすぎる。海外警察ならとっくに武力行使しているに違いない。

さらに反対派は地元民にも迷惑をかけているという話。

dojinokinawajiken-2

「工事関係者か確認するために道路で車を勝手に止めるんですよ。止めて免許証を出せと。それで地元の人だと分かったら行っていいという。もし地元の人が怒って小競り合いになったら琉球新聞なんかが、被害者と加害者を逆転させて書くんですよ」

「勝手に検問やってるやつが被害者だと」

「市民が殴られたって書く。市民違うのにね!」


当初は「土人」と発言した機動隊員がメデイアから一方的にバッシングされていたが、こうして有識者の人たちが重要な証言をしてくれたおかげで真実が広がり始めている。他所の土地から来た反対派は現地でめちゃくちゃなことをしている。こんな横暴は許してはいけない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!