netgeek

5

VR機器(バーチャルリアリティ)のルールを守らずに子供に使わせると斜視になるので注意

腹BLACK 2016年10月15日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ゲーム機にも映画にもVR(バーチャルリアリティ)が流行している今、子供が欲しがるといって安易に与えると取り返しのつかない事態になるということをお伝えしたい。

非常に危険な研究報告をご覧あれ。

vrshashi13

vrshashi12

正常だった子供の目が3D映画を観た後に内斜視になってしまったという、親としては衝撃を受ける内容だ。4歳11ヶ月の子供でもこうなってしまうのだからやはりバーチャルリアリティは危険だ。

VR開発に関わる関係者は「絶対に避けないといけない」「もっと知られるべき」と警鐘を鳴らす。

で、一応VR担当の人間から言わせてもらうと  13歳未満の子供についてはPSVR、PCVR、スマホVR含めた各種VRデバイスの使用は絶対に避けてほしい、というかVRは13歳を過ぎてからにしてほしい。販売店のスタッフが周知全然してないみたいだから大事になる前に。

https://twitter.com/Sierra_sakurA/status/786785798989357056

というのもこの辺の子供は立体視細胞の形成途中で外的要因の影響を受けやすいらしく、特殊な目の動きを強要されるVRデバイスでのコンテンツ視聴をこの年頃の子供が行うと斜視になる危険性が大人より高いのだとか。それも治すためには外科手術が必要なレベル。

https://twitter.com/Sierra_sakurA/status/786786233162698752

どの媒体でも構わない。VRを体験したこと有る人なら解ると思うんだけど、やってる最中は多分普段とは違う目の動きをしているはず。終わった後に目が疲れてるように感じるのはそれが半分原因になってる。大人ならこれで済むけど子供はそうはいかないって訳。

https://twitter.com/Sierra_sakurA/status/786786813775982592

VR系のエンタメグッズはこれまでのゲームとは全く異なる危険性を含むものとして認識したい。一度斜視になってしまうと手術が必要になるので、これはもはや時間が経てば自然と治るという類のものではない。

VR機器を発売する各社は年齢制限を設けている。

(1)Oculus Riftを販売するOculus社は「目の成長に悪影響がある」として13歳未満の子供の使用を禁止している。

vrshashi4

(2)PlayStationVRは対象年齢が12歳以上となっており、12歳未満は使用禁止と公式に告知されている。

vrshashi3

(3)Panasonicは3D対応ビエラで3Dグラスを装着して観るのは5~6歳以上を目安にするようにと告知。

vrshashi5

(4)ニンテンドー3DSは6歳以下の3Dモード利用禁止。任天堂は2Dモードにして利用するようにと呼びかけ、さらに保護者が3Dを制限できる機能も提供している。

vrshashi7

ただ、パッケージに小さな字で注意書きがなされていても気づかない人が多いのが実情だ。

VRデバイスの使用に年齢制限が課せられる医学的な根拠は2つ。 1つ目は、立体認識機能が備わる以前の子供が立体視を体験して急性斜視になった事例があるから。この危険性の基準は7歳未満。2つ目は、瞳孔間距離の調整ができないことによって斜視になる恐れがあるから。ただし、Oculus Rift、HTC Viveには瞳孔間距離を調整する機能が、Playstation VRにはソフトウェアにて設定画面で調整する機能が備わっている。

▼詳しくは大阪大学大学院、不二門尚教授(眼科学、神経科学、医用工学)による解説をご覧あれ。こちらはVR コンソーシアム公式動画だ。

マスコミはVRに注目集まっているとここぞとばかりに取り上げているが、一方でその危険性についてはほとんど言及していない。

vrshashi14

vrshashi11

VR機器は子供の健康を阻害する恐れがあるものとして慎重に取り扱いたい。すでにVR機器が家にあるという家庭では絶対に子どもの手の届かないところに置くように注意。この事実を知らず、また知っていたとしてもその影響を軽視して子供が欲しがるからという理由で買い与えてしまう親もいるかもしれない。

家族、親戚、友人などなど、この記事はあなたの身の回りのみんなに教えてあげてほしい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (5)

  1. VR開発に関わる関係者は「絶対に避けないといけない」「もっと知られるべき」と警鐘を鳴らす。

    この人開発者でもなんでもないただの店員なんですが裏取りしたんですか?

     
  2. こんにちは。

    何度か手術はしたものの、生まれつきの斜視で立体視もない者です。車も片目と視野の検査で合格し、支障なく運転しています。

    この記事は「取り返しの付かない」とか、表現がちょっと嫌だなぁと思いました。「治療が必要になる」でいいのでは?

    機器の注意勧告があまりされてないのもどうかとは思う反面、かといって、このように斜視の子供の画像をセンセーショナルに扱うのも、斜視の人間にとっては、やや屈辱的に正直感じます。

    目が寄っている=取り返しのつかないこと
    ではありません。

    斜視を正しく理解してほしいです。失礼します。

     
  3. もともと正常な目つきの人が、斜視になってしまったら、「取り返しのつかない」という表現で問題ないと思いますけどね。
    5本指の人が、機器の取り扱いミスで指を欠損してしまったら、取り返しのつかない出来事ですから

     
  4. 正しく理解してない素人が記事を書くからこうなる
    このサイトの記事はみんなそんな感じだから信用しないほうがいいよ
    煽ってるだけの記事ばっかりで中身スカスカな上に、画像は無断転載

     
  5. 3D映画を観た後に内斜視になってしまった。と、ありますが、次の3点について、更なる情報が欲しいです。

    1 3D映画とは、どのような映画であって、どの程度の時間視聴したのか?
    2 資料中の「May,5th 1986」は何を意味するか?
    3 発症した(あるいは発症したことに気がついた)のは、映画視聴終了後、直ちにということか?

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!