netgeek

0

「もしも二人の人を同時に好きになったら二番目の子を選べ。なぜなら、もしも一人目の子を本当に愛していたら二人目の子は好きになんてならないはずだから」―ジョニー・デップ

腹BLACK 2014年3月30日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

世界のモテ男、ジョニー・デップが発した恋愛に関する名言が話題を呼んでいる。人間誰しも弱い心を持っているもので、理性では同時に2人を好きになってはいけないと分かっていても、好きになってしまったらもうどうしようもない。

そんな困った事態になったときの対処法をジョニー・デップがシンプルな言葉で教えてくれているのである。元は英語で投稿された文章だが、日本語に訳されてtwitterやfacebookを中心として大拡散中である。

Bjp_zqQCAAEOlAx

「もしも二人の人を同時に好きになったら二番目の子を選べ。なぜなら、もしも一人目の子を本当に愛していたら二人目の子は好きになんてならないはずだから」―ジョニー・デップ

確かに真理をついている。しかもイケメンのジョニー・デップが言うのだから間違いないという妙な安心感もあるし、同時に投稿されている写真もかっこいいぞ。

ツイッターの反応

 

 

恋愛小説や恋愛ものの漫画が大好きな女の子にとってもこの名言はかなり心に響いたようで、ツイッターをこの言葉で検索するとたくさんの女子が感心したと投稿している。

さて、複数のアイドルを同時に推してしまうことがよくあるアイドルオタクはこの言葉をどう捉えるのだろうか。ネットギーク編集長の周りには「大島優子も好きだし、ぱるるも好きで、こじはるも好き。指原の面白いところもいいし、みるきーの声もかわいい。結局みんな好き」、「誰が一番か選べないから握手会は10人ほど周る」などという移り気なオタク達がたくさんいる。

ジョニーデップの言葉によれば、次々と色々な子を好きになっても、最後に好きになった子が本当に自分が愛している子。しかし、どの子が最後なのか分からないではないか。

日本のアイドルオタクはジョニー・デップには想定外だったのかもしれない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!