netgeek

1

【炎上】落語家が一宮市からの依頼を断ったら恫喝みたいな絶縁状が届いたと暴露

cocodepink 2016年7月3日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

仕事をしているとどうしても失敗してしまうことはある。もし自分が悪いことをしてしまったのならばすぐに心を込めて謝る。難しいがとても大切なことだ。しかし今回、一宮市はとんでもない書面を送りつけてしまった。

司馬龍鳳さんが公開した一宮市からの「お詫びと報告」がかなり衝撃的な内容で注目を集めている。

ichinomiyashi_zetsuenjo5

▼こちらが送られてきた手紙。「お詫び」と良いながら内容は絶縁状のようなものだ。一見謝っているようで、「二度と講師を依頼することがないように」と挑発している。

ichinomiyashi_zetsuenjo1

▼担当者は依頼の時点からかなり失礼な物言いをしていたという。さらに追い打ちをかけるようにこのような手紙を郵送してきた。

ichinomiyashi_zetsuenjo6

▼会話は録音されており、担当者の名前も把握している。抗議をしようと思えばできる状態のようだ。問題ある一宮市に対して司馬龍鳳さんはかなり上手な対応。

スクリーンショット 2016-07-03 午前1.35.33

▼かなり失礼な依頼内容だ。これは依頼を断られてもしょうがない。

スクリーンショット 2016-07-03 午前1.37.04

▼講演を頼む相手に対して敬意を払えないのならば依頼するべきじゃない。

スクリーンショット 2016-07-03 午前1.37.23

▼司馬龍鳳さんは現在癌で闘病中。精神的に不安定になりやすい状態のところに、わざわざ精神をかき乱すようなことをするとは担当者の人格を疑う。

ichinomiyashi_zetsuenjo7

この腹立たしい出来事に対してご本人は「良い勉強になりました」と慎み深いコメントをしている。Twitterでは「これ恫喝にしか見えない」「新作落語の良いネタになるかもしれません」「正式に抗議するべき」と司馬龍鳳に同情的な反応が多く寄せられた。

司馬龍鳳さんは名古屋市在住の落語家。「落語で心を救いたい」という信念のもと、各地で落語の講演や普及に努める。

▼福祉落語というジャンルを創設した。

ichinomiyashi_zetsuenjo2

▼全国にある学校で寄席を行う。

ichinomiyashi_zetsuenjo3

▼病気に負けないで今後も心を救う落語を広めていってもらいたい。

ichinomiyashi_zetsuenjo4

いかなる理由があろうとも今回の一宮市の対応はあまりにも酷いものだといえる。手術を控えて大事な時期にもかかわらず、闘病に差し障りがないかとても心配だ。司馬龍鳳さんにはこれに負けずに今後も寄席や講演会などの活動を続けて頂きたい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (1)

  1. 偏差値の高い高校は自由度が高く
    校則が緩いです。逆に、偏差値の低い高校は
    自由度が低く、校則も厳しいです。

    自由度が高くても成績優秀者は
    理性的なため、やっていいこととやって
    悪いことの区別が付きます。

    つまり、世界一治安の悪い街は貧民街であること
    と同義です。理性を保てず、本能で動いてしまうのです。
    この担当者もお金を支払いたくないという本能のままに
    生きているのでしょう。

    仕方のないことです。

    よって、地方の優秀な若者は
    東京の大学に進学し、地元にはもう帰って来ません。
    そういうことです。

    あまり悩まないことです。
    社会システムの一部として、仕方のない
    部分です。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!