netgeek

1

【炎上】TBSバラエティ番組「ピラミッドダービー」のヤラセを出演者が告発!制作会社はほこたてと同じ!

Gil Pender 2016年6月26日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

今年の4月から始まったTBSの新バラエティ番組「ピラミッドダービー」で、出演者の暴露により悪質な捏造が行われていたことが発覚した。しかも制作会社が、ヤラセ騒動で番組が打ち切りになった「ほこ×たて」担当の系列会社だと判明し、ネット上では「また、やらかしたのか」と非難が殺到している。

捏造が行われたのは6月19日に放送された「双子が入れ替わっているかどうか、専門家が当てる」という対決企画。

専門家として出演した顔相鑑定士の池袋絵意知氏が、番組放送後、重大な捏造が行われていたとブログで告発した。端的にまとめると、途中からCGで存在を消され勝負から脱落したことにされたというのだ。想像以上にあり得ない捏造編集が行われたことに、ただただ驚く。

▼こちらの4人の専門家の間で、双子を区別できるかという対決が行われた。

TBS_netsuzou (2)

▼しかし、途中で池袋氏が脱落したことに。そもそも、収録時に脱落などというシステムはなかったというが…。

TBS_netsuzou (4)

▼そして、いたはずの池袋氏がCG処理で「消された」。CGでここまで綺麗に消えるのかと、少々びっくりする。

TBS_netsuzou (1)

池袋氏によると、番組出演依頼の時点でスタッフの要領が大変悪く、日程面でかなり無理をして収録に参加したとのこと。その後も、番組進行においてバラエティ的に面白くなるよう色々と注文をつけられるなか、思うところはありながらも波風立てぬように振る舞っていたという。しかし、この扱いを受け、池袋氏は完全にブチ切れてしまった。彼のブログ「テレビの裏側全部暴露します【編集ではなく捏造】」において、番組の裏側がかなり詳細に暴露されている。

▼番組の台本もすべて晒されている。

TBS_netsuzou (3)

全てはメンタリストDaiGoの鶴の一声でルールが変わった。ヤラセを疑わざるを得ない。

当初は、双子たちに質問をしている時、他の専門家はヘッドフォンとアイマスクをして内容が聞こえないようにするというルールであった。しかし、DaiGoさんの一声で、質問は皆で共有することに。

池袋氏は、この企画がDaiGoさんありきであると強く感じるとともに、対決中にDaiGoさんが挑発してくる言葉によって正常な判断ができなくなっていることに気づく。双子を区別する対決でなく、DaiGoさんの誘導によって間違った回答をしてしまわないように頑張るゲームに変貌してしまったというのだ。さらに、DaiGoさんは協力者によって、答えを知っていたのではないかと指摘する。

で、仮設スタジオ内にはDaiGoさんの師匠でありプロデューサーでありマネージャーの眉村神也さんもいたのですが、スタジオから出ていくことも。この時、私は「眉村さんが次にモニタに映る双子のいる部屋に行き、入れ替わるかどうか確認してDaiGoさんに答えを教えるのでは?」と。

http://blog.ikebukuroh.com/?eid=1338

DaiGoさんの疑惑について、その真偽は分からないが、少なくとも悪質な捏造編集が行われていたことは疑いようがない。池袋氏は、これを「マスメディアによる虐待(モラルハラスメント)」であると糾弾している。「マスゴミ」と呼ばれるようになって久しいが、こんなことを続けていれば、視聴者からの信頼を取り戻すことは永遠にできないだろう。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (1)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!