netgeek

0

【速報】角川のオフィシャルサイトが不正アクセスの被害に会い閉鎖

腹BLACK 2014年3月23日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

出版大手のKADOKAWAがサーバーの不正アクセスの被害を受けてサイトを閉鎖していたことがわかった。角川の発表によると、サーバーがフィッシングメール送信に悪用された恐れがあるといい、詳しくは現在調査中ということだ。

角川のオフィシャルHPに飛んでみると、お知らせがポツンとある状態でコンテンツが閲覧できない。右上にある「会社概要」はかろうじてみられるようになっている。

http://www.kadokawa.co.jp/

kadoser

「サーバー調査のお知らせ」をクリックすると、被害の詳細が説明なされていた。

平素よりご利用いただき誠に有難うございます。
不正侵入を原因として当社サーバーがフィッシングメール送信に悪用された可能性があり、
KADOKAWAオフィシャルサイトを閉鎖して現在調査を行っております。
個人情報の流出やマルウェア誘導を仕組まれた痕跡は現時点では一切見つかっておりませんが、万全を期すための調査と対策を行うため、しばらくの期間サイトを閉鎖させていただきます。
再開までご不便をおかけしますことをお詫びいたします。
何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

http://www.kadokawa.co.jp/ir/notice.html

幸いにも個人情報の流出はないということで、被害は大規模なものにはならない模様。株価への影響もそれほど大きくはなさそうだ。

(株)KADOKAWAの半年間の株価推移

z

twitterの反応

 

 

 

 

 

 

同社は1月にも不正アクセスを受けて、HPの一部が改ざんされる被害にあっていた。少し前にDMMも被害にあっていたため、噂によると、艦これ絡みの企業がクラッカーに狙われているのではないかということがまことしやかに囁かれている。

ビットコイン取引所のマウントゴックスもハッキングの被害にあって、会社が倒産したばかり。日本企業は今、IT技術面でのさらなる強化と再発防止策が求められている。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!