netgeek

1

「ちょっといたずら」のつもりで美術館に眼鏡をおいたら「アートだっ!」と勘違いして人が集まってきた!

cocodepink 2016年5月28日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

サンフランシスコ現代アート美術館 (San Francisco Museum of Modern Art)で、ある青年がちょっとした悪戯心で自分の眼鏡を展示物のように床に置いたところ、勘違いした人が続々と集まってくるハプニングが起きた。

参考:Someone Put Glasses On Museum Floor And Visitors Thought It Was Art

ちょっとした日用品が現代アートになってしまう昨今。本当に何がアートとして認識されるか分からない。

▼本当に何の変哲もないただの眼鏡を置いただけ。

megane_modernart9

▼立ち止まって、眺めたり写真を撮ったりする来館者たち。

megane_modernart10

▼現代アートの中でコモディティはよく取り上げられるテーマ。そういう意味では何気なく置かれた眼鏡は立派にアートとして成立してしまった。大変興味深い出来事だ。

megane_modernart11

▼眼鏡を見つめる人々は何を考えているだろうか。

megane_modernart12

▼偶然訪れていた来館者が今回の眼鏡の写真をTwitterに投稿したところ、約48,000件の「いいね」が集まった。

megane_modernart13

▼いたずらを仕掛けた本人は最後、何事もなかったかのように眼鏡を拾った。

megane_modernart14

はじめはただの悪戯だったのかもしれない。また、美術館の中だけでしか成り立たないものではある。しかし、これだけ多くの人が「これはアートだ」と認識したのだから、はやりこれはアートなのかもしれない。

2015年に開かれたガブリエル・オロスコ展では、「ヌードル・フォール」という問題作が展示され話題になった。

megane_modernart8

このどん兵衛はオロスコ本人がオープニングの前日に自分で食べたものをそのまま使っている。「お湯ちょうだい」といってお湯を注いでその場で食べ、食べ終わるとどん兵衛を釘で壁に打ち付けた。かなりロックだ。何が芸術になりうるのか本当にさっぱり分からない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!