netgeek

3

被災者の精神的ストレスを大幅軽減、誰でも簡単に作れる間仕切りが超有能

cocodepink 2016年4月20日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

坂茂建築設計とボランタリー・アーキテクツ・ネットワークが共同して、避難所用の間仕切りシステムの提供を開始する。この間仕切りシステムは、東日本大震災の際も50カ所の避難所に設置され、被災者のストレス軽減のために活躍した。

紙で出来た管と布という簡単な材料を使って、シンプルながらしっかりと被災者のプライバーを守ることができる。

hinannjo_majikiri10

▼これなら人の密集する避難所の中でも、パーソナルスペースを確保することができ、被災者のストレスが軽減される。

hinannjo_majikiri1

▼1平方メートルあたり1500円程度。安価なのはかなりの利点だ。

hinannjo_majikiri2

▼仕切りの間隔も調整可能。

hinannjo_majikiri3

▼解体後に材料は再利用・リサイクルができるのが嬉しいところ。

hinannjo_majikiri6

▼設置・解体は専門知識がなくても誰でもあっという間。

hinannjo_majikiri9

▼カーテンを開けることで空間を解放的にすることも。

hinannjo_majikiri10

坂茂建築設計の坂茂氏は、中越地震・福岡県西方沖地震・東日本大震災の際にも、無償で間仕切りシステムを設置する活動をしている。現在、設置のための寄付を募っているので、ご興味のある方は坂茂建築設計のウェブサイトを参照頂きたい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. この写真だと1区画2畳ぐらいの空間で区切ってるけど
    避難所では1区画1畳にも満たない空間で生活してるので
    こんなことやったら圧迫感すごすぎて発狂しそう

     
  2. 今回のような、揺れだけの被害だと、数日のみの避難ですむので、必要ない。自宅全壊した場合は、県内外の公共住宅に、入居すればいい。

     
  3. たとえ一泊二日でもプライバシーの確保は重要だよ
    「数日だから必要ない」とは寝言もいいとこ

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!