netgeek

22

林修先生がやる気がない生徒に「嫌なら辞めなさい。勉強は贅沢なんだから」と突き放す理由が物凄い説得力

腹BLACK 2016年4月5日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

「今でしょ」という決め台詞と豊富な知識で人気ものになり、一気に名を馳せた林修先生がTV番組「林先生が驚く初耳学」で意外な言葉を発し注目を集めている。予備校講師としてどうしても直面してしまうやる気のない生徒に対して林先生は普通の講師なら躊躇してしまうような対応を取るのだという。

驚くべき林先生の自説をご覧あれ。

hayasiosamu_yamenasai (1)

▼教え子のモチベーションをあげるためにどのように工夫しているかと聞かれた林先生。まずは「嫌なら辞めなさい」と結論をズバリ。なんとモチベーションをあげるどころか突き放すのが林先生流なのだ。

hayasiosamu_yamenasai (1)

▼そして生徒の現状を分析する。世界的にみて経済的に恵まれた日本人なら学校に行けるのは当たり前と思いがちだが、林先生が言っていることはもっともだ。

hayasiosamu_yamenasai (2)

▼そしてとどめの一撃。物凄い説得力で衝撃を受けるばかり。

hayasiosamu_yamenasai (3)

林先生が意図してかは分からないが、この言葉を聞いた生徒はきっと自分の置かれた環境を見つめ直し、甘えた気持ちを改心するのではないだろうか。厳しいながらも本質を突いた言葉は正論としか捉えられなかった。

ただ、netgeek編集部ではこの論にさらに一石を投じたい。そもそも学生が勉強を好きになれないのは、学校で身につける知識が将来役に立たず、つまらないものになっていることが原因なのではないだろうか。

hayasiosamu_yamenasai4

だとすれば責任は学生ではなく教育プログラムをつくっている大人たちにあるといえる。勉強とは本来、役に立つ知識を身につけて将来賢く生きるための知恵にすることこそが面白いはずなのに、学校で教わる知識はそのほとんどが大人になれば使わず忘れてしまうものだ。

理系はともかく、特に文系は大学で学んだ知識が仕事に直結しないので結果的に4年間を無作為に過ごすことになる。どうして経済学や法学、心理学、文学を学んだ人間の大半が営業の仕事をやっているのだろうか?この点についてアメリカ出身の厚切りジェイソンは日本の大学教育と新卒採用はちぐはぐでおかしなことになっていると批判している。

参考:厚切りジェイソン「日本企業は新卒の使い方が下手。大学で学んだ知識を有効活用させないのは大問題」

事実、社会で成功した人物は大学を無駄な場所と考えて中退していたり、学校ではどうしようもない劣等生だったりするものだ。社会で求められる能力と学校で教える知識に相当な差異があることが勉強が面白くなくなっている一因と考えるのはあながち間違いではないはずだ。なおホリエモンこと堀江貴文氏はもはや「学校はいらない」「今過去に戻るなら大学に行かずにすぐ起業する」とまで明言している。

参考:堀江貴文が「学校はいらない。塾の方がマシ」と義務教育を徹底的に批判

世界一の時価総額企業をつくったスティーブ・ジョブズは大学を中退した理由について「授業がつまらなくて親が高い学費を出してまで学ぶ価値はないと思った」と語っている。奇妙なことにジョブズは、林先生が主張する通り親に感謝していたのだ。それでもモチベーションはあがらなかった。果たして学校の勉強とは本当に頑張ってするべきものなのだろうか。実はやる気がない生徒こそ正しく、真面目に頑張っている生徒のほうが間違っているのかもしれない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (22)

  1. これのどこが正論なの?

    無条件で与えられるのものの価値を低く見積もるのは生物として当然の感性だろ
    そして、それは恵まれているからだと教えるのが教育であり勉強だ
    その程度のことも教えられない奴が教育者を名乗るなよ

     
  2. 良い記事、ありがとう。でもnetgeek編集部さんの言うことに対しては一言。それ逆でもあるよね。「学校で身につける知識が将来役に立たず、つまらないものになっている」と言う大人は、学校で得た知識を「活かせなかった」人生を送ってきたということ。自分の人生は学校でもらった知識を活かせなかった、活かし方を後に続く子供たちに伝えられなかった残念な人生であるよ、ということ。今仕事に活きなければ、経済的に役に立たなければ、その知識は無駄かい?無責任にも、今苦しくても学ぼうとしている子供たちに今していることへの不安とやらない言い訳を与えて、代わりのものを示せていないんですよね。貴方が何年生きているか知らないが、これからの「豊かな人生」のために、その「今」無駄と思う知識を活かせる機会がこれから絶対にないとも言えないでしょ。

     
  3. 学校で習ったことが役に立たない?
    そりゃ、あなたが学校で習ったことが役に立っていることに気づけない、鈍い感性ってだけだよ。
    まともな人間なら、直接ではなくても、学校で学んだことがどんなに役に立つか理解してるよ。
    その感性で、記者とかマジ冗談はやめて欲しい。

     
  4. そこから教育?
    そんなレベルは、親が学校に上がるまでに教えること。
    なんでも、家庭外教育で教えてもらえると思うな!

     
  5. 常に与えるだけが教育ではない。
    自ら考えさせることの意味は大きい。
    人の肩書きを否定する前に、あなたももっと、自らの頭で考えなさい。
    与えられたものを反復しか出来ない、この様な日本の教育には確かに問題があるという良い例だね。

     
  6. 自信が無いから匿名か
    隠れて意地悪してるみたい
    嫌じゃない そんな生き方

     
  7. 林先生の意見は納得できるが、記者さんの意見は浅すぎる。
    小学生がよく言う「何で勉強するの?足し算と引き算と漢字が読めたら困らない」と同列。
    勉強することは、仕事に直結するとかしないとか、その内容は問わず脳のトレーニングにはなる。
    筋肉を使うスポーツ選手に筋トレが必要なように、頭を使う社会人に脳トレは必要でしょう。
    脳を鍛えることが、将来の判断力・分析力・問題解決力・新しい知識の吸収力などをUPさせます。

    大学が意味ないとか中退したとかいう成功者は、先生に教えてもらわなくても、自分に必要な知識を自分で習得できる賢い人でしょう。
    決して勉強を否定しているわけではないと思うが・・。

     
  8. 腹blackを記者呼ばわりはヤメろ。
    いわゆる「記者」に失礼だろ。

    無断転載パクリ記事とバカ相手のネット世論()便乗記事でせっせと小銭稼ぐしか能の無い人間の何処が記者だ。

    netgeekが良い記事?笑わせるなよ。

     
  9. ただ林先生の言葉を紹介すればいいだけなのに素人の論を盛り込んで人を不快にさせるnetgeekクオリティ

     
  10. この言葉は林修先生独自の言葉ではなく、林先生の教官を務められていた村上陽一郎名誉教授の言葉ですね。

     
  11. 「実はやる気がない生徒こそ正しく、真面目に頑張っている生徒のほうが間違っているのかもしれない。」

    この最後の一文がおかしい。正しいと間違いでわけるもの?

     
  12. レールに沿ってコツコツ勉強できる人達が、国や社会の基本的なシステムを支えているんだけどね…
    才能ある人や怠ける人達が好き勝手に生きていけるのは、良くも悪くも生真面目に頑張れる人達がいるおかげだよ。
    みんながみんなジョブズやホリエモンだったら、社会は破綻します。

     
  13. たしかに「嫌なら学校を辞めても良いよ」という選択肢を与えるのは有効だと思う。その結果、他の誰でもなく自分で選んだ人なく責任持って歩む意味は大きい。
    しかしその選択肢を与えるのは教師ではなく、授業料を支払う立場の親ではないか?
    授業料で飯食ってる教師(他人)が生徒に言うべき言葉ではない。
    仮にこれで「じゃあ辞めます」となったとして、親が怒り狂いその選択を許さなければ、勉強は親が子に強いるエゴになる。それでも子供は「自分は恵まれてる」と思えるだろうか?いや、無理だね。刑務所と一緒だよ。
    ちなみに刑務所だって金かかってるんだから、入れるだけで恵まれてるよね?

     
  14. 同番組で林先生が説明してた「演繹法」と「帰納法」こそ私達が何気なく物を判断したり考えたりすることの基本であり、勉強はこれを養うトレーニングでもある。義務教育のない国の人達ってこちらの理解を超えて判断力や論理的思考がない。
    また教科の専門性は学生に進路の選択肢と教養を与える物で結果それらのどれにも興味が持てない生徒がいても興味が持てた子がいる限り文部科学省は無駄なことだと見なすわけにはいかない。

     
  15. ん?自称記者は大学に行ってないのか?
    大学では教養科目を当然やるし、その教養科目は社会常識、大卒の肩書きを持って社会に出た人間の最低限の知識でもある
    また、大学受験で課される地理歴史公民も教養といえるが、無意味だと思うなら高卒か専門で働けばいいだけ
    中途半端な連中が多くて、中途半端な連中は総じてやる気がない

     
  16. ん?自称記者は大学に行ってないのか?

    ←行ってるわけないでしょ。
    年がら年中クソ記事パクリ記事、無知無教養丸出し記事で人様に迷惑まで掛けて、「他の糞バイラルメディアとは違う!(キリッ」なんて抜かしてる輩がさ。

    行ってたとしても誰でも入れる馬鹿大学がいいとこだろうね。
    そんな奴が偉そうに教育がなんだと語れるんだから今のネット社会はどうかしてる。
    ま、そんなカス野郎でもせっせと小銭稼ぎが出来てしまうんだから恐ろしいわ。

     
  17. 目的意識を持たずに学校に通っていても、学んだことが役に立つとは限らないと思います。
    社会に出た時に何をして活きていきたいかを選択するのは自分自身です。
    そんな事まで他人頼りでは、何を勉強しても役に立てられないと思います。

     
  18. 中学までは義務教育だけど、それ以降はあくまでも本人に学ぶ意思が有ってこその進学。
    将来への夢や希望が有るなら、それを叶える為に何を学ぶかを選んで、進学先を選ぶものでしょ?
    それが勉強のモチベーションになる。
    子供にとって、それがその先役立つか無駄に終わるかは、まだ見ぬ未来なんだから判断しようが無い。
    だからやる気が出ないのは、将来、学んだ事が役に立たないからではない。
    自分自身の目的の為ではなく、ただただ人から「やれ」と言われて従わされてる、と感じているからでしょう?

    目的持って楽しんで学べた事って、社会に出ても案外とちゃんと役に立ってると、私はそう思っている。

     
  19. 授業をサボりまくった身としては大きなことは言えないが
    大学でてから10数年、仕事とは関係なく好きで学びつづけてきた理系分野が
    新しい人とのつながりをうんで結局仕事に還元されたり、
    趣味で調べた歴史のあれこれが、仕事で起きたトラブルを解決するヒントになったり…
    学問が就職とお金儲けと人をさげすむための道具にしか見えないのは
    すごくもったいないと感じる今日この頃

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!