netgeek

14

【炎上】スペインの悪徳企業が「うどん(UDON)」を商標登録し、日本人のうどん屋を廃業に追い込んでいる現状。日本は抗議の声をあげるべきだ

腹BLACK 2016年3月10日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

元Jリーガーで現在はスペインでうどん屋を経営している石塚啓次氏が、現地の悪徳企業から「うどん(UDON)」という名前を一切使うなと圧力がかけられているとFacebookで告発した。

石塚啓次氏は3/8、突然Facebookにて「うどん屋を止める」と宣言し周囲を驚かせた。

よくよく文面を読んでみると、止めざるを得ない状況に追い込まれているようだ。

うどん屋やめます。弁護士からお手紙来て、うどんってのが商標取られてるので、10日以内に以下の要求に従って下さいとの事です。

1、うどん屋ってメディア等で一切言わないで下さい。

2、看板からうどんって文字取ってください。

3、ネットでも使わないで下さい。

との事です。勿論、お金と時間ないので従います。これからレストランで何出してるのってインタビューで聞かれても、なんて答えよう、、、(中略)この投稿を見て、日本人として許せないと思ってくれるお金持ちの人一緒に闘いますか?絶対負けると思いますが、、、相手はスペイン人こっちは日本人ここはスペインなので。 これが外国に住むって事やなって諦めてます。

多分、、、 調子いいし、ひがまれたんかな? 色々面倒くさいけど、あ〜オモロ‼︎‼︎ クールジャパンかなんか知らんけど、大企業ばっかり相手してる場合ちゃうで! 日本の文化を世界にって言ってるんちゃうの?って事で政府?クールジャパンの人たすけてや! 助けへんかったら、クールちゃうで!

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=726074264195678&set=a.180333542103089.42691.100003793343608&type=3&theater

うどん(UDON)という呼び方はすでにスペインでも普及しており、それが一切使えなくなるのはお店としては大損害に繋がる。仮に新しい名称をつけようとも本家本元ではないと認識されてしまうに違いない。日本発祥の食べ物が法律の不備により、日本人が現地で経営できなくなるとはなんとも残念な話だ。

▼弁護士が送ってきた警告文。看板に矢印をつけて「ここに『UDON』と使うな」と書かれている。さらにメニューでもメディアでもうどんと言ってはいけないとは厳しすぎる。

spain_udon (4)

▼バルセロナにある石塚啓次氏のお店「YoI Yoi Gion 宵宵祇園」。味はもちろん、おしゃれな内装と食器にこだわりがあると評価は高い。

spain_udon (1)

▼元Jリーガーが始めた店だけに、注目度は抜群でメディアの取材は多数。宣伝効果は抜群で経営はうまくいっていた。しかしながら大手企業と法的に争うとなれば莫大なお金と数年にも渡る時間がかかってしまう。泣き寝入りしなければならないのが悲惨な現実だ。

spain_udon (2)

▼石塚啓次氏のFacebookでは日々、味を高めるべく師匠の指導の下、研究を続けている様子が垣間見えた。麺につやがあり、見るからに美味しそう。

spain_udon (3)

netgeek編集部で調査したところ、「UDON」の権利はUDON FRANCHISING, S.L. という会社が取得したことが分かった。

spain_udon8

参考:RESULTADO DE BÚSQUEDA(UDON)

また、同社は合わせて「UDON(udon.es)」という大規模なうどんサイトも保有していることが分かった。ロゴに日の丸を使っているのが腹立たしい。どうやらスペイン中でうどん屋をチェーン展開することで大きく儲けているようだ。

なお、UDON FRANCHISING, S.L. のうどんは日本のものとは違い、かなりローカライズされている。

spain_udon6

spain_udon7

現地の人の好みに合わせて食べるのは構わないが、日本発祥の食べ物をスペインの一企業が商標権を独占し日本っぽく売り出している現状には眉をひそめざるを得ない。石塚啓次氏が「クールジャパンを謳う日本政府は動くべきだ」と主張するのにも同意してしまう。

この騒動を知る人物は台湾でも「讃岐うどんの商標について訴訟が起きたことがある」とエピソードを披露した。

spain_udon5

spain_udon6

スペインの法律がどうなっているかは知らない。しかし、少なくとも商標権とは正当な権利者が正当な権利を享受するために設けられたルールのことであり、悪質な企業が一般的な呼び方である「うどん」を独占することなど許されない。日本人は今こそ抗議の声を大いにあげるべきだ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (14)

  1. ひらがなでうどんって書きゃいいじゃん。
    店先に食品サンプルでも置いときゃ良い。

     
  2. 日本人の”うどん”の発音は、”UDON”ではなく、”UDONG”なんだよね。
    まあ、”UDON”なんて発音している人なんてまずいないね。
    助詞の(に)をつける時ぐらいかな。

    ということで、”UDONG”を使えばいいってこった。

     
  3. UDON自体の件は、日系企業で食材を扱う範囲の拡張で店舗を出店できる様、対策を練れば、前の方のUDONGでもいいし、商標から意匠まで登録しなおせばいいと思う。

    ただ、この記事に関しては石塚啓次が人としてダメすぎるので、そこは応援する気になれない。人を舐めきった選手時代を思い返すと良い印象はない。
    彼に関してはそのままで良いと思うわ。

     
  4. おうどんとか、日本麺とか、新しい名前つけちゃえばいいとおもいます。
    おうどんってだめなんですか?

    店の名前に麺つけるとか。

     
  5. >”UDONG”

    じゃあ日本が商標登録して
    「スペインで看板を出す日本人はこれ使ってね」で解決じゃん
    …無理か

     
  6. 一応このクソ会社にクレーム入れときました。
    皆もじゃんじゃん入れるべきです。少なくとも日本人が不快に思っていることを知らせるだけでもしなけらばならないと思います。

     
  7. クレームをいれた原因は石塚氏がインターネットに公開したことが発端になるので、立派な営業妨害として石塚氏が訴えられるだけかと。

     
  8. 一般名詞は商標登録しちゃいけないだろ
    こんなの回避よりも、堂々と抗議して撤回させるべき

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!