netgeek

0

iPS森口尚史がSTAP小保方晴子を批判する記事を公開!「雑なことをして反省すべきだと思う」

腹BLACK 2014年3月15日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ハーバード大学客員講師の肩書で「iPS細胞を使った世界初の心筋移植手術に成功した」と喧伝した森口尚史氏が探偵ファイルにてSTAP細胞の小保方晴子博士を批判した。

森口尚史氏は小保方晴子氏の過去の対応について苦言を呈したうえで、これからどうすればよいのかアドバイスする記事を寄稿している。

01

彼女が記者会見に臨むのは「事実の解明」にはあまりつながらないと思うので、お勧めしない。私の経験上、視聴者に更なる誤解を与えるだけである。

残念ながら多くの視聴者や報道が見たいものは「彼女の釈明・謝罪、涙」なのである。

それよりも今、事実解明のために必要なことがある。それは、頑なに存在を主張する「マウスSTAP細胞・マウスSTAP幹細胞」の細胞株と、それらの細胞株で創られたキメラマウスを複数の第3者機関に配布供与して徹底的に調査してもらうことである。

今からでも遅くない。すぐに行ってほしい。もちろん論文のあまりの雑さは大問題であることは変わらない。そこは素直に反省すべきだと思う。

http://www.tanteifile.com/diary/2014/03/14_02/

経験者だけに、「視聴者は涙が見たいだけ」という記者会見の本質をついている箇所は実に的確である。まるで、森口尚史氏が過去にやらかしたことが嘘だったかのように、すごくかっこいい文章を書いているのが驚きだ。腕を組んでいる写真も自信に満ち溢れていて、メンタルが異常に強いことを漂わせており、是非見習いたいものである。

森口尚史氏は残念ながら、研究者としての信頼は失ってしまったが、濃いキャラクターがネットでは人気をよんでいる。今後は杉村太蔵のようにタレントに転身して活躍するかもしれない。本人にとってもその生き方のほうが合っていて楽でいいのでは。

batsHg6

さて、小保方晴子氏は今後どうするのだろうか。森口尚史氏や佐村河内守氏などとコンビを組んでTVに出ている姿を見てみたいものである。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!