netgeek

3

体育は健康を良くすることに本来の意義があるのに順位付けして運動が苦手な子を運動嫌いにするのは本末転倒

腹BLACK 2016年2月7日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

日本の常識は世界の非常識。誰もが疑わなかった日本の慣習も、海外からみればおかしな奇習として目に映ることがあるものだ。

フィンランドの小学校の校長先生が発した一言が本質を突くものだと大きな注目を集めている。言われてみればその通りだ。

taiiku_kenkou (1)

taiiku_kenkou (2)

taiiku_kenkou (3)

taiiku_kenkou (4)

これらの画像はTwitterユーザーの「明智小冬‏@Akechi510」さんがアップして大きな支持を得たもの。とりわけ、運動が苦手だった人から「体育は苦痛でしかなかった」「50m走でいつもビリで辛い思いをした」「チーム競争だと迷惑をかけるのが嫌だった」などという経験談が寄せられた。

もともと運動神経は生まれつき決まっており、いくら努力しようとも超えられない壁があることは皆さんご存知の通り。例えば競走馬は最も足の早さに影響するのは「血筋」だと言われており、後天的にエサやトレーニングでタイムをあげようとしても限界があるのだ。

本来の体育の役割は、子供を運動させることで健康的にすること。それがどうして競争を促すようになったのか。

taiiku_kenkou5

フィンランドの校長先生の発言は核心を突いている。マラソン大会の順位がその後の社会生活で一体どのような意味をもつのか。なお、海外では自分の体にあったペースで走れるように、脈拍や呼吸を測定しながら個別に走る科学的なトレーニングが導入されている。

競争が社会の進歩を促すことは確かだ。しかし、学校の体育については競争させることに意味はないと言わざるをえない。今回のフィンランドの校長先生の発言は海外からの貴重な意見として素直に受け止め、今後の改善に繋げたいものだ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. 競争を無くすにしても、中には順位を競い合いたい子もいるだろうから、
    そういう子たちだけを体育の授業の一環として競争に参加させればいいんじゃないかな

     
  2. 健康と体力の増進
    という目的と順位には関連が無い
    本人が努力するとかも言ってたけど
    それなら自分のタイムとだけ比べればいいだけで順位をつける理由にならない

     
  3. じゃ学力テストもやめたら?フィンランドもやっているようだけど。
    勉強は本来頭を良くするためのもの。順位をつけてどうするんです。
    嫌いになったら元も子もない。新しいアイデアを出し合おうじゃないか?

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!