netgeek

0

茂木健一郎がtwitterで偏差値教育を大批判!「予備校はぶっ潰せ!!」

腹BLACK 2014年3月14日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

脳科学者の茂木健一郎が現在の偏差値偏重な日本教育に対して怒りに怒りまくったツイートを投稿しているので紹介しよう。東京大学理学部を卒業した茂木健一郎氏は、教育においてアメリカのように多様性を認め、画一的なペーパーテストでは測れない個性的な能力を評価すべきだと主張している。

tqe2it00000iqjow

かなり長くて熱すぎるツイートだが、その分内容も濃いので丁寧に紹介していきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

この後も、偏差値教育に対する怒りは収まらないようで教育論について熱く語っている。

 

 

しばらくしてから、予備校関係者に対してフォローのツイートをする茂木健一郎氏。

 

 

これに対し、一般人からは反論のツイートもなされている。

自身が東大卒でのエリートでありながら、学歴社会に疑問を投げかける茂木健一郎氏の姿は勇ましくもみえる。偏差値偏重の是非については昔からずっとされている議論だが、ゆとり教育の失敗で立ち消えてしまったのもまた事実である。

現在の推薦入学やAO入試がうまく機能していないのを見ると、単に偏差値を基準に大学をランキング化して選ばせる仕組みを変えるだけでなく、根底にある意識から変革を起こさないと、変化は生まれない。「ペーパーテストができるだけは社会で活躍できない」という風潮がもっと蔓延すればいいのだが。

茂木健一郎氏の「偏差値は悪」という主張を読んでどのような感想をもっただろうか。
是非twitterやfacebookなどのSNSで教育論について呟いて頂きたい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!