netgeek

5

SEALDsメンバーがCD「FIRST SHIT」を発売←「はじめてのうんち」だと日本中が爆笑

腹BLACK 2016年1月28日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

学生政治団体SEALDsに所属する牛田悦正(@ILLMATIC_UCD)が1/23に発表した内容が波紋を呼んでいる。

牛田悦正は1/23の17時に突然、意味深なツイートを投稿した。

sealds_cd (1)

何か政治活動にかかわることだろうか。SEALDsについては一挙手一投足の度に周囲に迷惑をかけるので、発表が何なのかと多くの人が気にかけていた。

▼牛田悦正は1992年生まれでSEALDsに加入する傍ら、ラッパーとしても活動する人物だ。

sealds_cd (3)

さて、その後23時に投稿されたツイートで重大発表というものが明らかになった。牛田悦正が結成しているバンド「Tha Bullshit」のアルバムが発売されるという内容だった。

sealds_cd (2)

sealds_cd (1)

タワーレコードにも試聴コーナーが設置してもらえるということでそれなりの待遇なのかもしれない。しかし、注目すべきはそのタイトルだ。なんと驚いたことに「FIRST SHIT」、そう「はじめてのうんち」ではないか。※もっと下品に訳すこともできるがここでは自粛しておく。

宇多田ヒカルの1stアルバムは「First Love」で「初めての恋」だったが、SEALDsは「FIRST SHIT」で「はじめてのうんち」。

sealds_cd10

SEALDsメンバーについては代表的存在の奥田愛基が偏差値28であり、また政治の知識も極めて乏しいためテレビに出た際にしどろもどろになったり主張が支離滅裂だったりと不格好な姿をみせることが多かった。

「FIRST SHIT」とは一体どういう意味なのだろうか。外国人が見たら爆笑するのではないだろうか。なお、バンド名のBullshitの意味は「でたらめ」。でたらめではなく、まっとうに生きてほしいものだ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. HIPHOPのスラングで、自分の作品を「my shit」という言い方を確かにします。自分が出した物、みたいな意味です。
    まあしかし、公に発表する場合は「sh*t」とぼかすのが当たり前で、そのまま書いちゃうところがバカなんだろうな~。
    だからしょっぱいんだよ!外人の真似するなら格好だけじゃなくてちゃんと頭使ってやれや!w

     
  2. 所詮は馬鹿リベラルの屑思想「政治的正義(政治的正しさ)」に洗脳された輩ですからな(笑い)
    今回のような行為をやらかしても叩かれないと妄信しているから反省しない。

    自身で「でたらめの糞」だと言うのだから、そう呼んでやればいい。
    呼ばれてもそれをヘイトスピーチとは言えない筈だが、言い出すようなら、おまえのバンド名は何だ?自身ででたらめの糞だと公言しているではないか(爆笑)と言えばいいだけ。

    自国に誇りを持てなくして、自国政府・官庁を信用させないようにするのがコミーや馬鹿リベラルの国家転覆手口。
    その尖兵としてこのでたらめ糞は使われているだけ。コミー・馬鹿リベラルどもの「駒」なんだよな。

    日本国民は公式/公式完全準拠情報のみを信ずべき。このでたらめ糞などの言う事を信じてはならない。敵によるプロパガンダなのだから。
    「われわれの放送は隣の周波数で聴ける」(日本語訳・スイス民間防衛)で行くべき。

     
  3. ジョン メイトリックス 2016年12月10日 at 11:20 PM

    まさに、アカのクソども…(筋肉ハリウッド映画イレイザーのセリフ。)
    呆れるわ…

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!