netgeek

0

合成写真じゃないよ!実在する18匹のハイブリッドアニマル

Gil Pender 2015年12月18日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ネット上には合成技術を使って生み出されたありもしないハイブリッドアニマル(交配種)の写真が多く出回っている。今回この記事では実在する18種類のハイブリッドアニマルを紹介する。もし、これら以外のハイブリッドアニマルの写真をネット上で見つけた時は一旦疑ってかかってほしい。

参考:18 Hybrid Animals That Are Hard To Believe Actually Exist

1.ライガー(オスのライオン+メスのトラ)

1218hybrid_animals17

野生のライガーもいるという噂があるが、通常は人間が飼育している環境でしか生まれない。成長スピードがとても早く、世界最大のネコ科の動物と言われている。この写真に写っているライガーは「ヘラクレス」という名前で、体重が410キログラムもあるため「生存する最大の猫」と呼ばれている。

2.タイゴン(オスのトラ+メスのライオン)

1218hybrid_animals15

立派なたてがみがあるので雰囲気はライオンだ。しかし、体は完全にトラ柄。父がライオンで母がトラの場合は先ほど紹介した「ライガー」に呼び名が変わる。

3.レオポン(オスのヒョウ+メスのライオン)

1218hybrid_animals16

体の柄はヒョウなのにライオンのたてがみをもつ。どうやら、ライオンのたてがみは優性遺伝するようだ。

4.DZO(牛+野生のヤク)

1218hybrid_animals18

牛にしては長すぎる角。おそらくヤクの角が遺伝したのだろう。全体的に牛の面影はなく、ほとんどヤクだ。

5.Żubroń(牛+ヨーロッパバイソン)

1218hybrid_animals11

病気に強く、牛の代わりの家畜として飼育されている。どうやらポーランドで生まれた動物で、ポーランドの国立公園に唯一、Żubrońの群れがいるそうだ。

6.ゾンキー(シマウマ+ロバ)

1218hybrid_animals14

シマウマの縞模様がしっかり遺伝している。他のパーツに比べて顔が大きく、バランスの悪い体をしているのが特徴。

8.Jaglion(オスのジャガー+メスのライオン)

1218hybrid_animals12

こちらの2匹はカナダのオンタリオ州で生まれた。ジャガーもライオンも黒毛ではないのに、なぜ真っ黒な毛を持つ子どもが生まれたのだろうか。

9.ギープ(ヤギ+羊)

1218hybrid_animals10

ヤギも羊もほとんど見分けがつかない動物だ。その間に生まれてくる子どももあまり変わらない姿をしている。

10.Grolar Bear(ホッキョクグマ+ヒグマ)

1218hybrid_animals19

参考:Grolar Bear

名前はヒグマの仲間の「grizzly(グリズリー)」とホッキョクグマの英語名「polar bear」からきている。白と黒のクマの間からは、やはり灰色っぽいクマが生まれるようだ。

11.コイウルフ(コヨーテ+オオカミ)

1218hybrid_animals8

コヨーテはオオカミの近縁の動物。オオカミより小型の動物で、コイウルフはコヨーテとオオカミの間の大きさに育つ。

12.ゼブロイド(シマウマ+任意の他の馬)

1218hybrid_animals7

「進化論」を提唱した生物学者ダーウィンの著書の中にもゼブロイドに関する記述があるそうだ。19世紀からゼブロイドは繁殖されているとのこと。

13.サバンナキャット(飼い猫+サーバル)

1218hybrid_animals4

手足がとても長いサバンナキャット。犬みたいに尻尾を振って遊び、水を全く怖がらない。かなりの高額で取引されているという情報がある。

14.ホルフィン(オスのオキゴンドウ+メスのイルカ)

1218hybrid_animals5

オキゴンドウはイルカの仲間。イルカとの間に生まれてくる子も姿形はイルカだ。ただ、やたらと黒いような気がする。

15.ケッテイ(オスの馬+メスのロバ)

1218hybrid_animals3

ケッティは馬とロバから生まれてきて、ラバよりもわずかに小さい。滅多に生まれない希少なハイブリッドアニマル。

16.Narluga(イッカク+ベルーガ)

1218hybrid_animals2

イッカクは、その名の通り頭に1本の角のようなものを持つ。また、ベルーガは別名でシロイルカとよばれる白色のイルカだ。しかし、その間に生まれてくる子どもは、どちらの特徴も受け継いでいない。

17.カマ(ラクダ+ラマ)

1218hybrid_animals1

ラマはアンデス地方に生息するコブのないラクダだ。ラクダとの間の子にもコブはない。

17.Mulard(マガモ+ノバリケン)

1218hybrid_animals13

Mulardは食用に飼育されている。ノバリケンは日本ではあまり見かけないカモなので、いまいちピンと来ないハイブリッドアニマルだ。

18.ビーファロー(バッファロー+牛)

1218hybrid_animals6

ビーフ(牛肉)とバッファローをかけてビーファローと呼ばれている。日本では動物園以外では見ることがないバッファロー。アメリカでは牛肉の代わりにバッファローの肉がよく使われるそうだ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!