netgeek

0

【衝撃】イギリスと戦争をしたことがない国はほとんど存在しないことが判明

Gil Pender 2015年11月9日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

皆さんは世界で一番戦争をしている国といったら、どこの国をイメージするだろうか。アメリカ?ロシア?どちらとも答えはノー。世界で最も凶暴で怒らせてはいけない国はイギリスだった。そんな衝撃の事実を紹介したい。

まず、Twitterで話題になった「イギリスが戦争をした国マップ」を見てみよう。なんじゃこりゃああああああ!!!

1108british_war5

▼もちろん、白ではなく赤がイギリスと戦争をした国だ。

1108british_war4

イギリスが戦争をしたことがない国を数えると、わずか22カ国…。とても紳士の国の振る舞いとは言えないが、これは歴史的な事実だ。アメリカとは1775年の独立戦争、中国とは1840年のアヘン戦争、ロシアとは1853年のクリミア戦争など、大国と呼ばれる国とすら戦争をしてしまう恐ろしい国なのだ。

ちなみに、日本も少なくとも3回はイギリスと戦争をしている。

▼皆さんご存知のように、太平洋戦争で日本はイギリスを含む連合国と戦争になった。

1108british_war1

▼幕末には薩摩藩とイギリスが薩英戦争をしている。これも日本との戦争に含まれるのではないだろうか。

1108british_war2

▼さらに、同時期に長州藩も下関戦争でイギリスと武力衝突。よく歴史の教科書で見かける写真だ。

1108british_war3

このように多くの国と戦争をして敵を作りながらも、なぜかイギリスは滅びることなく、イギリス王室は1000年近くも続いている。本当に不思議な国だ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!