netgeek

0

カメラマンに向かって手を振るホッキョクグマが激写され世界中で話題に!

Gil Pender 2015年11月1日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

アラスカでカメラマンに向かって手を振るホッキョクグマが激写され大きな話題になっている。しかし、ホッキョクグマが手を振った背景には、ある深刻な理由があった。

参考:Two adorable polar bears stand up tall

こちらが激写された手を振るホッキョクグマの写真だ。すげえええええええええええええ!!

▼クマ「カメラマンさんこっち〜!しっかり撮影してね〜!」

1030polarbear3

このとても可愛らしいホッキョクグマの写真は、アラスカの北極圏国立野生動物保護区で薬剤師のLaura Keeneさん(57歳)によって撮影された。彼女は「ホッキョクグマが手を振ってくれた時は本当に信じられなかった」と語っている。

しかし、実はホッキョクグマは手を振っていたわけではない。

▼2匹のホッキョクグマは遠くの何かを見つめている様子。

1030polarbear2

Keeneさんによると、この2匹のホッキョクグマの目線の先では巨大なオスのホッキョクグマが眠っていたとのこと。オスのホッキョクグマは大人になると共食いをすることで知られている。つまり、この2匹のホッキョクグマは立ってそのホッキョクグマの動きを警戒していたのだ。

▼2匹のホッキョクグマは手でバランスを取りながら立っていた。できるだけ遠くを見ようとしていたのだ。

1030polarbear1

この2匹からするといつ敵が襲ってくるか分からない大変深刻な状況なのだが、立っている姿はなんだか可愛らしい…。カメラマンさんも無事でよかった。Keeneさんは「当時は夢中でシャッターを押していて何も考えていなかった。後になって真意に気づいた」と語っている。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!