netgeek

5

SEALDsの正体はキリスト教系の学校か?「SNSで自然に集まった」という主張に矛盾

Gil Pender 2015年9月17日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

これまで学生団体SEALDsは支持政党はなく、幅広い層から自然発生的に集まった若者の集団であるというイメージを全面に押し出して活動してきた。

ただ、以前から共産党との繋がりなどをネット上で指摘されていた。その後、公安がこれを否定したため一旦は「特定の思想に染まっている」という論争は収束しかけたが、ここにきて再び疑惑が浮上している。

現在、大拡散されているTwitter投稿はこちら。

0916sealds7

参考:SEALDs: Students Slam Abe’s Assault on Japan’s Constitution

こちらは、テンプル大学ジャパンキャンパスの教授ジェフリー・キングストン教授がまとめたレポートだ。彼は、これまで反日的な立場で主張をしてきた人物でどちらかと言えば安倍政権には反対の立場の人であるということを認識していただきたい。そのキングストン教授がSEALDsはキリスト教系の学生が主体となっていると発表したのだ。

特に、SEALDsでよく名前を聞くのが明治学院大学だ。

明治学院大学のSEALDsメンバーとして最も有名なのがFNNの番組出演や公聴会への参加などで露出の多い奥田愛基さんで、小林よしのり氏との対談を直前にキャンセルした牛田さんも同じく明治学院大学だ。明治学院大学は日本最古のキリスト教主義の学校として有名で、同校のトム・ギル教授がレポートの中で「明治学院大学はリベラルの伝統がある」と明言している。

▼Twitter上では明治学院大学出身メンバーについて、このように指摘されていた。

0916sealds6

仁藤夢乃さんは元AKB48の仁藤萌乃さんの姉で、困窮状態にある少女たちの支援団体Colaboの代表を努めている。SEALDsの中心メンバーというわけではないが、デモには参加している模様。

さらに、筑波大学ロビン・オデイ教授はSEALDsについて「中心メンバーは(大学は違うが)出身高校が同じ」と指摘している。

▼Twitter上でキリスト教愛真高校が一番多いと判明。

0916sealds5

▼次に多いのが和光学園高校だ。こちらはキリスト教系ではないがかなり偏った政治的な教育をしている。

0916sealds4

0916sealds3

▼特にSEALDs結成当初は「キリスト教系」色が強かった。

0916sealds2

0916sealds1

他にもSEALDsに関して、関西では関西学院大学・同志社大学、九州では西南学院大学などのキリスト教系大学が中心となってデモの活動をしているということが分かった。SEALDsが安倍総理を「サタン」と呼んだり、イケメン高校生メンバーを「天草四郎」と表現したのもキリスト教系の学生が多いからであろう。

ここまで来ると、安保反対のデモの本質は一部の学校によって植え付けられた偏った政治思想なのではないかと考えざるを得ない。

0916sealds8

決して、全国全てのキリスト教系の学校が偏った教育をしているわけではなく、キリスト教出身者以外もいることもまた事実だ。しかし、一部の偏った思想がSEALDsを生み出したことは間違いない。SEALDs批判の矛先は若いメンバー達に向くことが多いが、我々が批判するべきは違う場所にあるのかもしれない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. まるで渡来人そのものの物言いだな。キリスト教だからどうなんだ。だから世界一排他の鎖国民族だと馬鹿にされるんだよ。アベ政権やその支持派こそが、大陸アジアから流入して原住民やアイヌを追い出し迫害し、騙し、南北に追いやり本土の中心に座を据えていったんだろうが。

     
  2. ここを読んで全て理解した。
    キリスト教愛真高校や和光学園は工作機関で、恐らく外国の国策で運営されたるな。
    目的は世論を有利になる方向へ持っていける奴を輩出し、日本人の上に立って支配して我々があみ出した利益を横取りする為。
    具体的には外国人参政権と年金の奪取か。
    絶対にさせない為にこういう機関は潰しとかなあかんな。

     
  3. 9月21日(月)のテレ朝「報道ステーション」の安保関連法成立ニュースでコメントしていた茂木健一郎は話題を変えてSEALDsを高く評価していた。茂木健一郎は奥田知志と共著あり。奥田知志は奥田愛基の父で日本バブテスト連盟東八幡キリスト教会の牧師。自称「脳科学者」茂木健一郎は「東アジア共同体研究所」の理事だ、この研究所の理事長は鳩山由紀夫。東アジア共同体研究所は、2012年11月に民主党を離党した鳩山によって2013年3月設立された。東アジア共同体構想は日中韓を中心にEUのような共同体をつくろうというもので、民主党離党後も鳩山は中国、韓国を積極的に訪問している。
    SEALDsには日本共産党や民青、中核が接近しているとの話もあるが、キリスト教系カルト団体である統一教会の存在も無視できない。統一教会は日本と韓国、アメリカの政界に秘書や献金を通じて侵入、影響力をふるっている。SEALDsは安保法制では安倍政権を批判しているが、推進する安倍政権にも統一教会と関係の深い議員は多いといわれている。
    安保法制によって日本の世論を分断して、日本社会を断絶と混乱に陥れようとすれば、得をするのは中国や韓国、北朝鮮政府であろう。統一教会は本拠地のある韓国でも政府への影響力は侮れない。パククネの妹は信者である。
    SEALDsにあとから賛同したメンバーや知識人、一般市民はこのことに気づいていない。報道ステーションやサンデーモーニングなどの番組で、SEALDsを持ち上げるメディアのコメンテーターをひとりひとりみていけば、メディアを牛耳ようとしている統一教会の陰謀に気づくはずだ。所属メンバーの大学(筑波、明学、横市、関学、ICU、恵泉など)には統一教会系の学生団体や外部からの侵入がある。教員にも大学教員採用と引き替えに陰で協力する信者が多い。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!