netgeek

21

SEALDsの奥田愛基くん、テレビ出演するも解説者に論破される。さらにTwitterに残念な言い訳を投稿する始末

Gil Pender 2015年9月13日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

9/9、SEALDsの中心メンバーである奥田愛基さんが「みんなのニュース」(フジテレビ)に出演した。だが思い通りの主張はできなかったようだ。なお、今回の番組の動画はFNNのニュースサイトから視聴できる。

番組の見どころは終盤。解説者の時事通信社・田崎史郎さんによる鋭い指摘に奥田さんが反論できなくなってしまうところだ。

▼こちらがSEALDsの奥田さん。

0911sealds8

SEALDsの活動内容や今後のあり方について一通り話し終えた奥田さんは番組終盤で2つの疑問を投げかける。その2つの疑問と田崎さんによる反論が以下の通りだ。

(1)奥田さん「安倍首相の意思になぜ国民全員が付き合わなければならないのか?」

0911sealds11

これに対して田崎さんは「それは選挙で(国民が)選んだからですよ」と民主主義の大原則ともいえる真っ当な意見で奥田さんの意見に反論する。

▼2014年の衆院選では多くの国民が自民党に投票している。

0911sealds13

(2)奥田さん「昨年の選挙前にテレビは安保法案をしっかり取り上げていたのか?」

0911sealds7

これに対して、田崎さんは「そりゃ、相当取り上げてましたよ」と指摘し、次のように続ける。「日本記者クラブでの討論会でもやってたし、党首討論でもやっていた」。

第47回衆議院選挙(平成26年度)自民党重点政策2014より

0911sealds5

このように自民党も衆院選の公約として安保法制の整備をしっかりと掲げていた。しかも、集団的自衛権の行使に関する閣議決定は衆院選の前になされており、大々的にメディアで取り上げられていた。決して、テレビが意図的に安保法案を取り上げなかったということはない。

この回答に対して奥田さんは反論できず、結局そのまま番組は終わってしまった。放送終了後、奥田愛基さんはTwitter上に悔しい思いを投稿した。

▼自分自身も反論できなかったことを気にしているようだ。

0911sealds1

▼番組での役割を果たせずワンサイドゲームになってしまったことも反省。

0911sealds4

▼しかし、最終的にはこのように言い訳する始末であった。

0911sealds2

番組を見た人は一斉に「知識不足が露呈して反論できなかった」と評した。彼はフリップの中身よりも安保の中身を知ることの方が先決なのではないか。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (21)

  1. 田崎氏の反論は反論になっていない。
    選挙で勝ったから政権を取るのは当然だが、政権を取ったからといって国民が政策を批判したり反対したりする権利を失うわけではない。
    そんな稚拙な反論に、やり込められる奴も情けないが。

     
  2. 反論や批判を公共の電波で発信出来る国なのに、権利を失う??
    意味が分からないです、分かるように説いてくれれば幸いです。

     
  3. >政権を取ったからといって国民が政策を批判したり反対したりする権利を失うわけではない。
    田崎さんは批判・反対しちゃダメなんて言ってないよ?
    批判・反対してもいいけど、国の決定は選挙で選らばれた安倍さんがするという民主主義の大原則を説明してるだけだよ。

     
  4. 重要なのは、自分がどういう理論でどういうことを考えてるかを披露する場ではないのかな
    やり込めるやり込められるはどうでもいい気がする。
    ・民主主義のやり方である選挙で安倍さん、自民党が政権をとったのも事実。
    ・選挙時に自民党が安保について触れていたのも事実。
    ・今の日本に広義での安保法制が必要なのも事実。
    その状況を踏まえた上で話しをしないと、討論にすらならない。
    そういった意味では、この奥田くんって子は何がしたかったのかって思う。

     
  5. 田崎さんは
    『デモ自体は否定しない。』と
    言っているでしょう。
    自分に都合の良い言葉しか耳に入らないんだね。

    私も似たようなものですけどね。
    もう少し冷静に。

     
  6. 全体的にみると「論破された」という内容ではない。最後の部分だけ田崎氏が反論して終わった感じ。
    「ハイ、論破ww!」的な見出しは意図的で本島に当てにならない。

     
  7. やはり、憲法と言うのは本来理想を掲げるものですよね!
    政権側には、国民の生命と財産を守る責任があります!
    その理想だけで、今のこの国を守れる状況でしょうか?
    最高裁に訴えたところで、三権分立ですからね!
    そう言う意味でも、暴走ストッパー公明党にがんばって貰いたい!
    共産党が、暴走ストッパーなんて事を言ってますが、誰からも相手されていない!昔ソ連コミンテルン日本支部として、がんばってソ連に相手してもらえるようにがんばったけど、全然ソ連から相手されていなかったよね!
    今は一生懸命、中華人民共和国にすり寄って、どうなんだろう?日本自治区に出来るかな?

     
  8. アメリカに住んでいた時に友人だった韓国人の名前がIkeだった…。韓国ではよくある名前なのか?

     
  9. 悔しいのう悔しいのう☆ 2015年10月24日 at 1:06 PM

    やっぱり簡単に捩じ伏せられて悔しいのかもしれないけど、奥田は長を張る器じゃない。
    背伸びしたい年頃なのか知らないが、こいつが動けば動く程、こいつ自身が嘲笑されるという…
    勿論、身が伴わない頭の弱さが原因だけど

     
  10. 選挙で国民が選んだから→今選挙をしたら勝てるのかわからないじゃないですか、本当に民意が反映されているんですか?というひろゆき式で論破可能

     
  11. 任期期間の信任を選挙で選んでいるので、それは論破になっていない。
    「任期期間があり、その間の信任を問う」ということが選挙の前提なので、「選挙について理解が足りない」で一蹴される。

     
  12. 政治家の公約は破るためにある。民主党政権時代嫌と言うほど味わった。
    安倍政権が良いとは思わないが公約を現実の物にして行っていることは評価できる。
    反対するならしっかりした対案を示し批判するべき
    嫌だから反対では幼児と同じ

     
  13. 岡田君…
    お願いだから勉強してよお願いだから
    見てて恥ずかしい…( ´・ω・`)

     
  14. そんな難しく考えずにラプト理論読んでほしいです!まず現状民主主義じゃないし、という話。

     
  15. 今 この偏向報道時代にこそ
    SEALDsは逸材では?
    倒閣テレビで勉強して
    反安倍政権を若者が叫ぶ

    牛田とか まだ使えそうじゃん
    志が一緒なんだから
    似たような人間起用するより
    よっぽどインパクトあると思うけどな

    それに SEALDs活動再開とかで 記事も書けるかもしれないし
    勿論 公安は焦るだろうけど

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!