netgeek

0

【衝撃】年収1億超えの元カリスマホスト城咲仁の今がなんと…!

腹BLACK 2014年1月18日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

かつて新宿歌舞伎町を一世風靡したカリスマホスト城咲仁の現在が面白いと話題になっている。若いときは稼げるホストという職業は、年をとってから稼げなくなるのでけっこう就いてははいけない仕事なのでは。

かつての城咲仁

45921546e02cf031d716c22a03aac16e_10948

現在の城咲仁

20131114211915

ネットでの反応

・フードアドバイザーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

・誰wwwwwwwwwwwwww

・おっさんwwwwwwwww

・これは笑ったwwwwwww

・今のほうがいいじゃん

・まじめに生きようとしてるじゃん・・・笑ってやるなよ・・・

・あかんwwwwwwwww

・鼠先輩かと思った

d54d77ac830d48194d93a0909abda56e

・香咲真也のほうがすごいよ。ホスト社長が今や焼き鳥屋のおっさん

・狩野英孝かと思った

・イケメンじゃん

・フードアドバイザーってどんな仕事wwwwwwwwwwwwwwww

城咲仁はご存知の方が多いと思うが、改めてwikipediaをみてみよう。

城咲 仁(しろさき じん、1977年9月23日 – )は、日本のタレント、ラジオパーソナリティ。本名、岡山 純一(おかやま じゅんいち)。  東京都板橋区出身。サンミュージック所属。元ホスト。未婚。36歳

20131114211910

新宿・歌舞伎町のホストクラブ「クラブ愛」において5年間No.1ホスト[要出典]を務め、カリスマホストとして数多くのテレビ番組に出演。ホスト時代から全国にその名を知られる有名人であり、本人曰く「当時の年収は1億円を超えていた」という。当初の源氏名は「浅樹仁」だった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%8E%E5%92%B2%E4%BB%81

 

一時期はカリスマホストとしてバラエティ番組に出演し、タレントとしての転身を狙っていた城咲仁。たどりついたのがここだったのか。すっかり丸くなったようでなんだか親近感が沸く風貌である。

顔は整っているが、肩書きがかわいすぎる。かつてのファンは現在の城咲仁をどう見ているのだろうか。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!