netgeek

0

【悲報】ドジっ子ツバメが3年連続、巣の穴を確保し忘れる

cocodepink 2015年6月6日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ツバメは5〜6月にかけて子育てのために巣作りを始めるもの。しかし、ある1羽のツバメは巣作りに張り切りすぎてとんでもない失敗をしてしまった。

あるTwitterユーザーの家には毎年ツバメが巣をつくりにくるという。

スクリーンショット 2015-06-05 15.47.20

しかし、このツバメがうっかりやさんでドジすぎると話題になっているのだ。

添付された画像を見ると、あれ!?入り口がない!?

tsubame3

左が2014年の巣で、右が2015年の巣だ。なんとドジっ子ツバメは張り切りすぎて入り口を作り忘れてしまった。左側にはわずかに穴が残っているが、出入りするには狭すぎるぞ。

ちなみに2013年も同じミスを犯していた。

tsubame2

えっと、入れない…。せっかくつくったのに…。

なお、その後のツバメはというと、「あ!これじゃダメだ!」と気づいてキツツキのようにクチバシで穴を開けていた。そして、なんとか出入りできるようになったという。

tsubame1

よかった!!!これで安心して外敵から子供を守りながら子育てができる!!!

巣で育った雛は、7月頃に元気に巣立ちしていくだろう。

tsubame4

雛たちが自分の巣を作る際には、母親のような張り切りすぎないよう気をつけてほしいものだ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!