netgeek

5

堀江貴文「よく言われる『日本も海外の短い労働時間を見習うべき』という主張にはヤバイ落とし穴がある」

腹BLACK 2015年5月31日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

「過労死」という日本語が「KAROSHI」と世界語になったことからも分かるように、日本人の労働時間は世界一長いと言われている。どうして日本はこうも異常になってしまったのか。

あなたは日本も海外の短い労働時間を見習うべきだと考えるだろうか?誰もが賛同しそうなこの意見にホリエモンは必ずしもそうではないと解説した。

メルマガ読者からの質問。「フランスの労働時間は日本の半分です。日本はどうしたら労働時間を減らせるのでしょうか?」

horie_frans

以前から長らく議論されている論点だが、一向に答えが出ておらず、何も解決していないのが現状だ。この問題に対してホリエモンは「本当にフランスを目指していいのか?」とそもそも論を投げかけた。

「フランスの労働を真似するってことは暮らしの質を落とすってことだよ」。

horie_frans2

フランスはお店が開いている時間が短く、さらに店員の態度も極めて悪い。それゆえ短時間勤務でも成り立つ社会になっていると解説。もし、日本がそれを真似したら、例えば吉野家の牛丼は3倍の値段になってしまうと本質をずばりと突いた。

また、サービスの質が悪いとすぐにネットで炎上する日本独特の風土にも触れ、そう簡単に海外型に切り替えられないはずだと述べた。

「サービス残業をやっている真面目な人がいるから消費者はいいサービスを享受できる」。

horie_frans3

「どっちがいいかって話だよね」。一瞬で本質を見抜いたホリエモンは日本が安易にフランスを真似して労働改革を起こすと消費者が割を食うことになると警鐘を鳴らした。確かに言われてみればその通りだ…。

そして、長時間働かざるをえない労働者としては「好きなことを仕事にすべき」という持論を展開。

horie_frans1

いやいや働かされているという意識で仕事をするのではなく、好きなことを仕事にして楽しみながら能動的に働けばよいとアドバイスを送った。

ホリエモンの冴えたトークが見られる動画もご覧あれ。

https://youtu.be/LJlKOqxvZmc

労働者の努力で支えているとはいえ、サービスの質が高いのは日本が世界に誇るべき長所。さてあなたはホリエモンの主張を聞いて意見が変わらなかっただろうか。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. さすが堀江さん、時間を売って労働してくれる人は自営業も従業員も同じ。そこに留まるなら時間を忘れて取り組める好きな仕事の方がいいと思うのは賛成。

     
  2. コンビニ元店長 2016年10月16日 at 12:49 AM

    堀江のアホに言いたいが
    お願いだから、一か月500時間労働を
    2年くらいやってからサビ残について語ってほしい。

     
  3. 給料が天から降ってくると思ってる人には、堀江さんの真意は難しいかも。皮肉を含んだ表現が多いし。
    堀江さんが言うように、サービスの質を落としてコストのかからない社会はアリだと思うよ。みんなが少しずつ我慢する方が健全だと思う。
    問題は、質の高いサービスを安い価格で提供しようとする日本の職人気質が良くない。商売人に良いように浪費させるだけ。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!