netgeek

0

【画像】漫画家である村田雄介氏の子ども(7歳)が描いた絵がうますぎ!これが才能かと話題に

lemon 2014年1月4日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

蛙の子は蛙というように、一般的に子どもは親に似るものだ。であれば天才の子はやっぱり天才になるのだろうか。「アイシールド21」や「ワンパンマン」でおなじみの漫画家、村田雄介氏の7歳の子どもが描いた絵がうますぎると話題になっている。

https://twitter.com/NEBU_KURO/status/419015083608387584

BdCj_55CMAA91vh
「7歳の長男がイェーガーを描いた。「かいじゅうはどこだ!」」という呟きとともにツイートされたこちらの絵。
どうやら映画「パシフィック・リム」に登場する人型ロボット「イェーガー」の「ジプシー・デンジャー」を描いたようだが、その絵のクオリティが7歳にしてはあまりにも高すぎると話題になっている。
ちなみに「パシフィック・リム」に登場する「ジプシー・デンジャー」はこちら。
1 2
3

確かによく似ているのではないだろうか。
小さいときにロボットにあこがれて絵を描いたことがある男子は多いかもしれないが、7歳にしてここまでのクオリティで絵を描くことができるというのはやはり才能があるからではないだろうか。ちなみに父、村田雄介氏の絵はこちら。
4 5 6
村田氏の7歳の長男も将来は父のような才能溢れる漫画家に成長するのだろうか。将来が楽しみである。

このツイートに対するネットの反応

・マジで言ってんのかこれ 上手すぎだろ

・7さいでこれはすごい

・お父さんよりも上手じゃん

・7歳で、平面じゃない絵を描こうとするのか すごいな

・進撃の巨人の作者よりウメェーガー

・右上のヘリがいい感じでうめぇなw

・そうそう、肩の「4」ってこういう書き方だよ! よく見てるな

・手の書き方が上手い

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!