netgeek

1

堀江貴文氏「マクドナルドが低迷しているのはポジショニングが中途半端だから!最強に安いか、激ウマ高級路線かどちらか選べ」

腹BLACK 2015年5月1日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ホリエモンの鋭い考察がみられると好評のYouTube番組ホリエモンチャンネル「堀江貴文のQ&A」にて近年業績が低迷しているマクドナルドが取り上げられた。

アメリカのマクドナルド本社は原田泳幸社長の手腕に問題があるとして代表取締役社長の座を解任し2013年にサラ・カサノバ社長に交代したが、今もなお業績の悪化を食い止められないでいる。

harada_sara

かつてあれほどファストフード業界を支配したマクドナルドがここまでうまくいかなくなった理由は何なのだろう?多くの人が様々な指摘をするが、ホリエモンは「マクドナルドは中途半端すぎる」と本質をついた。

ホリエモンがマクドナルドの経営をぶった切る爽快な動画はこちら。

https://youtu.be/3zA1xIgejMQ

※堀江貴文氏が「全文書き起こしはライターの適当な書き起こしのせいで意図が誤って伝わることがあるのでやめてほしい」とTwitterで宣言したので、この記事では書き起こしは行わない。動画を直接ご覧頂きたい。

安い単品商品で集客して高いセットで儲けようとするマクドナルドのダブル価格戦略は一時的にはうまくいったものの、長期的にはマクドナルドという店全体のポジショニングを不明確にしてしまった。

mosu

要するに顧客からすると安いのか高いのかよくわからないお店になってしまったのだ。今や安い外食といえば牛丼チェーンで、少し高めで気軽に入れる店といえばモスバーガーのような店舗がぱっと思いつく。たくさん選択肢がある中でわざわざ中途半端なマクドナルドを選ぶ理由はどこにもない。

マクドナルドが再起を図るにはリポジショニングが必要だ。

macdonald

他社が真似できないくらい徹底的にコストダウンしてコストリーダーシップ戦略を取るか、高価格帯で他所が提供できないくらい美味しいものを出す差別化戦略の2択しかない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

  1. 信頼そのものが地に落ちた以上、初心に帰るしかありませんな♪(´ε` )
    24時間営業をやめて、ラインの清掃の時間に充てるべきでしょう。
    再春館製薬みたいに、【そこまでやるか∑(゚Д゚)】というクリーンネスに徹してこそ、異物混入対策に繋がります。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!