netgeek

0

東工大がコミュ障の学生を心配して特別授業「コミュニケーションの基本」を開講。んなアホな!

腹BLACK 2015年4月12日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

東京工業大学がコミュニケーションをとるのが下手な学生のためにコミュニケーションの取り方の講義を設けていることが明らかになった。

東工大のHPにいき、カリキュラムを見るとなんとそこには「コミュニケーションの基本」と「コミュニケーションの実践」という授業が!

tokyotech

なんじゃこりゃあああああああああ!こんな授業は見たことがない。一体どんなことを教える講義なのだろうか。

カリキュラムの概要欄には「コミュ障」という言葉が堂々と出てくる!えええええええええええ!?

tokyotech2

あなたは「コミュ障」? そう名乗っている東工大生は多い。しかし大学生にとって、コミュニケーションスキルは学業にも私生活にも欠かせないものだ。

意外かもしれないが、コミュニケーション能力は生まれつきのものではない。学べ、鍛えられ、高められるものだ。この授業では修辞学に基づいてコミュニケーションの基本を学習し練習し「コミュニケーションの実践」で実践練習につなげていく。

http://www.ocw.titech.ac.jp/index.php?module=General&Nendo=2015&action=T0300&GakubuCD=150&GakkaCD=150&KougiCD=0167&Gakki=1&lang=JA

どうやら基本と実践の2つの授業を履修してようやく2単位と認められる様子。楽な授業かと思ったらそうでもなかった。

授業では先生の講義形式以外にも、学生がプレゼン、ディスカッション、ディベートまで行い、ビジネスの世界でも通用するコミュニケーション能力を養うことを目標としている。

pattern

なお、この授業は課題が毎回出るのでけっこう厳しめだが、授業を履行した学生はコミュニケーション能力があがったと自信をつけるらしい。東京工業大学、面白い大学だ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!