netgeek

5

【速報】TOTOがトイレの節水にイノベーションを起こした!なぜ今までなかったんだと思わせるデザイン!!

腹BLACK 2015年2月1日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

TOTOが新たに展開している男性用トイレがあまりにも素晴らしいプロダクトデザインなので紹介しよう。

まずはこのちょっと見慣れない形のトイレを見て欲しい。上のほうが特殊な形をしている。

toto_innovation (1)

おや、これは一体どういうことなのだろう。上部にある四角いスペースは何に使うのか…。花や芳香剤でも置くスペースか?

その答えは手を近づけたらすぐに判明した!なんと手洗い場と便器が一体型になっているのだ。

toto_innovation (2)

手を洗った水はそのまま下に流れ、節水になるというあまりにも優れたデザイン。実に合理的で、むしろなぜ今までなかったんだと衝撃を受けるトイレだ。

このトイレを目の当たりにして思わず写真を撮ったTwitterユーザー「 qlock‏@_QLOCK_ 」さんは「日本で1番偉大なトイレ革命」という文とともにツイートして大きな反響を得た。

トイレのわきにはご丁寧にも使い方が解説されている。

toto_innovation (3)

toto_innovation (4)

どうやらNEXCO西日本とTOTOがタッグを組んで導入しているようだ。このトイレ自体はとてもシンプルな構造なのでつくるのにはさほどコストはかかっておらず、きっとそれ以上に節水効果が大きいことだろう。

コンセプトは「みんなの水を大切に」。デザイナーはどなたなのだろう。シンプルかつ合理的でありながら斬新なこのデザイン、あまりにも秀逸だ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (5)

  1. SAとかに設置された場合、手洗いの部分がオッサンのタンやDQNのガムでつまる。タバコさえ捨てられるかもしれない。
    あと、掃除のおばちゃんは便器を拭いたぞうきんでそこら中拭くんじゃない。トイレ全体がアンモニア臭くて嫌になる。

     
    返信
  2. えー、こんなの嫌だ。
    清潔なのは設置された瞬間だけで、以降不潔になるだけ。タンとかゲロとか吐かれるに決まってるし、都会の駅だと後ろに次の人が待ってるところでのんびり手なんか洗いにくいし。
    だいたい用を足す場…不浄、手洗い場…浄、という空間の区別化・記号化から逸脱していて心理的に受け入れがたい。
    最近、誰も考えなかったことを考えた俺ってスゲーみたいな流れがあるけど、そのほとんどは誰もが考えた結果ボツになった、もしくはある理由があって除外されている考えだ。

     
    返信
  3. どうせ腹のなかで消化するからと、ペースト状の牛丼出された気分。何でも一緒にしなくていいよ。別けといて。

     
    返信
  4. デザインのセンスが無さ過ぎだろ。
    手を洗うのは事を済ませたあとだから、混み合う次期は、困るんじゃないだろうか?
    出すものだしたらサッサと退いて欲しいけど、手を洗う間は待たされることになる。

     
    返信
  5. 世界的に言えば恵まれ過ぎ贅沢な日本

    アジアアフリカ南アメリカにはまだ、ぼっとん便所すらないところも沢山
    アメリカだってウォシュレットは高級住宅のステータス。

    どうせ、文句言ってるのは「消費するだけで、何の生産性もない阿呆バカ無能ばかり」

    多分、これは正論で当たってるはず。

    文句あるならそもそもお前が代わりを開発すれば良いのに、、(99.9%以上の人から誹謗中傷されるよwww)

     
    返信

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!