netgeek

38

戸田奈津子の翻訳が異常なまでにバッシングされる8つの理由

netgeek 2015年1月22日
 

翻訳界の大御所、戸田奈津子(78)のことを悪くいう人は多い。映画の最後で「翻訳 戸田奈津子」というエンドロールが流れてきたら劇場内のあちこちで舌打ちが鳴り響いたという逸話もあるほどだ。

1.映画を見ている人の読みやすさを再優先に考え、元のセリフを異常に圧縮して訳す。

todanatuko2

戸田奈津子は「映画ではすぐに場面が切り替わるので読める字幕の文字数には限界がある」という考えのもと、16文字以内に無理やりおさめて訳すという手法をとっている。だが、このやり方は元の意味とは全く違うニュアンスになることが度々あるため、むしろそのまま訳したほうがいいと批判されている。

2.誤訳が異常に多い。

todanatuko3

孫子の兵法を勝利の兵法、義勇軍をボランティア軍、4500ドルのソファを4万5千ドルのソファと訳したりとあまりにも変な訳が多いので「戸田奈津子誤訳・珍訳集」までつくられているほどだ。

3.殺到する批判に対して本人は開き直っている。

todanatuko8

戸田奈津子の訳はあまりにもひどいと年々バッシングの声が高まっているが本人は全く気にすることなく「翻訳には様々な制限があるのでそのまま訳しても意味が通じないことがある。だから意訳でいいの」と断言している。

4.リチャード・ギア来日会見で通訳を務めたときはめちゃくちゃな訳をみせつけた。

300x

かっこいい男である続けるための秘訣を聞かれたリチャード・ギアは”What’s cool is just to be yourself. That’s actually the coolest thing you can do.”(ありのままの自分でいることがかっこいいのです。それが我々ができる真にクールなことなのです)と回答。戸田奈津子はこれを「人間自身がクールな人が一番クール」と意味不明に訳した。

5.ヒュー・グラント来日会見でも本領発揮。

N0014155_l

“I certainly have no particular preference for American girls, and I do have very soft spot for Japanese girls.”(アメリカ人の女性が特に好きというわけではないけど、日本人は大好きだよ)を「日本の女性には非常にソフトスポット、柔らかい傷つきやすいと言いますか、えー、弱い部分を持っておりまして…」と誤訳。have a soft spot for(好きだ)を柔らかいスポットと誤解した。

6.「いれたてのコーヒー」を意味不明に訳す!!

todanatuko7

わざわざ強調する点までつけて「たてたて」とは一体何なのだろう…。こちらはフォーチュン・クッキーでの誤訳。

7.「~を?」、「~で?」、「~と?」、「~かもけど」というような中途半端な言い回しがやけに多い。

todanatuko5

きっと自らがルールに課している16文字の字数制限を厳守するためなのだろう。他の翻訳者は普通に訳しているというのに。

8.実は海外経験がない。

todanatuko

戸田奈津子は津田塾大学学芸学部英文学科を卒業後に生命保険会社の秘書になったが1年で退社し、翻訳のアルバイトを始めてキャリアをスタートさせた。もともと帰国子女でもなく留学した経験もないため、英語力はかなり怪しいとされている。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (38)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!