netgeek

0

ドコモが何をとち狂ったか、3秒でエビフライを調理することに成功

腹BLACK 2014年11月29日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

docomoは「キューピー3分クッキング」ならぬ「3秒クッキング」に挑戦し、奇想天外な方法でエビフライを調理することに成功したとしてYOUTUBEに動画をアップした。

動画を再生すると目に飛び込んでくるのは強烈な映像の数々。

http://youtu.be/lkaIoH6Um60

一見、普通のお料理番組と同じように始まるが、すぐに異変に気づくことだろう。

docomo3second

片岡明日香と一二村ふじ子が登場して「今日はエビフライでーす」、「3秒でつくる方法を紹介しまーす」。

と、突然特殊ゴーグルを目につけて溶いた卵をステンレスの容器に入れ始める。

docomo3second2

エビフライのつくりかたってこんなんだっけ!?なお、この特殊ゴーグルの謎はすぐに解けることになる。

小麦粉は三角状の容器にセット。

docomo3second3

「小麦粉は入れ過ぎに注意してくださーい」。これから何が始まるというのか。

エビは筒状の機械にセット。

docomo3second4

「エビは丁寧にレーンに入れます」。これはまさか…。

そしてスイッチオン!

docomo3second5

爆音とともに火柱があがる。えええええ!?一体何が起きたんだ!?

スローモーションで見てみよう。

docomo3second6

まずは勢い良く飛び出すエビ。

吹き上げられた小麦粉に突っ込む。

docomo3second7

そうか…3秒ってこういうことだったのか!

溶き卵のシャワーも浴びる。

docomo3second8

これ相当な量の卵なのでは…。

パン粉ゾーンもくぐり抜けて。

docomo3second9

さあこの後が最大の見所だ。

高火力で一気に焼き上げる。

docomo3second10

油も混ざっているということなのだろうか。右下には「絶対にマネしないでください」の文字。

最後に的に命中してお皿に着地。

docomo3second11

見事カラッと出来上がっているようだ。

「美味しくできました」

docomo3second12

ってそんなアホな!ドコモは何をやっているんだ。

実はこちらの映像、LTEのスピードの早さをPRするために制作されたもの

docomo3second13

CGは一切使用せず、全て実写で撮影したというから驚き。エビフライもネット通信もサクサクなのがウリだという。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!