netgeek

0

ウォンテッドリー株式会社の第3期決算は522万円の赤字!

腹BLACK 2013年11月29日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ソーシャル・リクルーティング・サービスwantedlyで注目を集めるウォンテッドリー株式会社は第3期決算公告を官報にて公表し、522万の赤字であることを明らかにした。

まだまだひよっこの財務内容

ウォンテッドリー株式会社は2013年8月期決算。

資本金1.21億円円
資本剰余金1.15億円
利益剰余金-1988万円
当期純損失522万円

利益剰余金で1988万もの損失がたまってきているのが気になる。まだまだ設立したてで黒字化は先の話か。

tumblr_inline_mmvaye0y3Y1qz4rgp

ベンチャーキャピタリストが出資しただけあって、資本金はかなり多い。当面は手元に豊富にあるキャッシュを使いたい放題できるから、資金繰りには困らないだろう。しかし、それだけに仲暁子社長の散財っぷりが気になる。

ネットギークでは以前、転職サイトのWantedlyがオフィス移転!ベンチャー企業にしては広すぎるぞという記事を公開し、零細企業にしてはお金のかかりすぎたオフィスに警鐘を鳴らした。出資者は、赤字なのに無駄にお金を使う経営体質に怒りを覚えないのだろうか。

ビジネスモデル

そもそもwantedlyがどこから収益を得ているのか。
調査したところ、採用担当者の方へというページに求人料金が掲載されていた。

aaaahahgra

掲載料を企業から徴収することで収入を得ているようだ。ビジネスモデルとしては昔からあるリクナビと同じものであり、目新しさはない。
それにもかかわらず、ウォンテッドリーが最近注目を浴びているのは仲暁子社長の異色の経歴からだろうか。それとも人を集めるための広報戦略なのだろうか。

topphoto

企業と人材のマッチングをウェブ上で行うというビジネスモデルはリブセンスと似ている。
小規模企業をターゲットにしたIT特化の求人サイトに未来はあるのだろうか。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!