netgeek

0

漫画ネタバレ系2ちゃんねるまとめブログ「なるとちゃんねる」が出版社から警告を受けたというのはライバル潰しのための嘘だった!?

腹BLACK 2014年10月14日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

漫画系2ちゃんねるまとめブログ「なるとちゃんねる」が3月に公開した「ネタバレについて出版社から訴えられかけた。直接会って話し合い今後ネタバレは扱わないことにした」という話が実はライバル潰しのためのウソだったのではないかと疑われ始めている。なぜか10月になってから、なるとちゃんねるがこっそりとネタバレ記事を再開したのだ。

漫画の最新刊のネタバレを文字で伝えてくれることで人気を博していた「なるとちゃんねる」が出版社から警告を受けたという衝撃的な事実を明かしたのは2014/3/5のことだった。

ネタバレ記事に関して
narutochannel
「ナルトちゃんねる」では、本日より全文ネタバレ、画バレリンクの更新を止めることにしました。また、過去の全文ネタバレ・画バレリンクを含む記事も全て削除させて頂きました。これから先その類の記事を更新することもありません。

実は出版業界の大手である某社さんの中の人との話し合いをもって下すこととなりました。  数あるネタバレ・まとめサイト、ブログ、掲示板の管理者さま、利用者さまに対し、某社からぜひお伝えしてほしいということでこの記事を書きました。特にサイト・ブログの管理者さまには非常に大事なお話になるかと思いますので、ぜひ情報を拡散して頂ければ、と思います。

判例が出たこと、無法地帯と化している今の状況、出版業界の厳しい現状。あらゆる物事が後押しする要因となり、出版業界全体が”断固たる措置”を取る体制に入っているとのこと。具体的なサイト・ブログ名はもちろん答えてくれませんでしたが、検索にすぐ引っかかるようなサイトは軒並み対象だと思って構わない、とのことでした。 「これだけリストがあるんですよねー」 って言って見せてくれた束の厚さから察するに、相当数あるんだろうなーとは思います・・・して頂ければ、と思います。

しかしながら、その全てに訴訟なりを起こすには莫大な労力・費用がかかることから、できれば穏便に済ませたい。これらのサイト・ブログの管理者さんたちが自ら記事の削除・サイトの閉鎖などの措置を取って頂ければありがたい、ということで当ブログ、ナルトちゃんねるでもその旨を告知して欲しいということでした。

また、おそらくですが”警告なし”で法的手段に出る可能性が高いです。 サイトの規模の大小はあまり関係なく、とにかく基準に違反しているサイトは片っ端から、というような印象を受けました。
http://naruto-spoiler.seesaa.net/article/390623472.html

「サイトの大小問わずに警告なしで法的手段に出る」とはかなり厳しい対応だ。この衝撃的な記事は瞬く間にまとめブログ管理人の間で話題になり、ニュースサイトにも多数取り上げられた。

ねとらぼはこの一件について大々的に報道。

ネタバレ・まとめサイト、ネタバレ記事自粛へ 出版社から警告受けたと報告
netorabo
ネット上に数多く存在する、いわゆる「ネタバレ・まとめサイト」と呼ばれるサイトに対し、出版社側が動きを見せたようだ。サイト「ナルトちゃんねる」では、出版社側(社名は明らかにしていない)と協議した結果、過去のネタバレ記事をすべて削除し、今後「全文ネタバレ、画バレリンク」にあたる記事の更新を止めることにしたとのこと。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1403/06/news086.html

こうして事態の深刻さを実感し訴訟リスクを恐れたまとめブログ管理人達は一斉に全ての過去記事を削除し、ネタバレを止めて雑談のみのレスをまとめるようになった。中にはネタバレが禁じられてはアクセスが集まらないとして更新を停止するサイトも続出し、漫画系まとめブログは一気に落ち目に。

進撃の巨人ちゃんねる管理人よりネタバレ記事の更新停止、削除のお知らせ
http://shingekikyojin.net/archives/36784142.html

ジャンプ速報からのお知らせ
http://jumpsokuhou.com/archives/36817480.html

【追記あり】ジャンプまとめ速報から重要なお知らせ
http://jumpmatome2ch.blog.fc2.com/blog-entry-4417.html

当時現存していたほぼ100%のまとめブログがこのような「著作権を侵害する意図はないのでネタバレ記事は削除し、これからは取り上げない」という宣言をしたのだ。

しかし、なぜか10月になってから、なるとちゃんねるがネタバレ記事を再開。ライバルを潰すためのウソだったのではないかと疑われ始めている。

なるとちゃんねるは10月8日、驚くことにワンピース最新刊のネタバレ記事を投稿した。しかもサイドバーには「最新のネタバレ議論スレはこちら」と堂々とネタバレを推し進めている。

【ネタバレ注意】ワンピース763話『人間宣言』まとめ
netorabo2

コメ欄より。ワンピース763話のまとめです。ネタバレにつき閲覧注意です。扉絵はジンベエの海峡一人旅 Vol.12 「なんと港町の上の遺跡は海ネコ達の町」

吊るし上げられ、火炙りにされるドフラ、父、そしてコラソン。「天竜人の一家だァ~!!!」
(略)
http://naruto-spoiler.seesaa.net/article/406768349.html

3月に「この先ネタバレを記事にすることは二度とない」と宣言していたはちまちゃんねるに何があったのか。そういえば、出版社の人間がなるとちゃんねるの管理人をピンポイントに選んで直接会って話すというのは不自然ではないか。

現在、まとめブログ管理人の間では「ライバル潰しのためのブラフだったに違いない」として、なるとちゃんねる管理人の悪質さが糾弾されている。

ずいぶんとずる賢い方法を考えついたものだ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!