netgeek

0

アドウェイズの岡村陽久社長(33)が自社株売却で11億円ぼろ儲け!

腹BLACK 2013年11月14日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

アフィリエイトを提供するアドウェイズの岡村陽久社長が株価が急騰したタイミングでうまく自社株を売却し、11億円を手に入れていたことが明らかになった。

アドウェイズとは

アドウェイズは創業2000年より、ネット広告に尽力し、勢力を拡大。2006年に東証マザーズに上場し、岡村社長は26歳にして東証史上最年少の上場社長となった。

岡村 陽久(おかむら はるひさ、1980年4月8日 – )は、埼玉県出身の日本の実業家。株式会社アドウェイズCEO。
cutph05
東京都台東区立上野中学校を卒業し高校に進学したが、高等教育を受けず丁稚から一代でパナソニックグループを築き上げた松下幸之助の生き方に感銘し、2ヶ月で高校を中退。ベランダの上に取り付ける屋根などを扱う訪問販売の仕事をする会社に就職した。それから大阪市で換気扇フィルターの訪問販売を行う会社に転職し、1ヶ月に150万円から200万円ほど稼ぎ関西地方トップ(全国2位)の成績のセールスマンとなった。

2001年(平成13年)、広告代理店 アドウェイズエージェンシー(後に株式会社アドウェイズに変更)を大阪市で設立(現在は東京都新宿区に移転)。同社は2006年(平成18年)6月20日、東証マザーズに上場、上場時の年齢は26歳で、岡村は東証上場企業当時最年少の社長となった。この記録は2011年に村上太一が25歳でリブセンスの株式を東証マザーズに上場するまで破られなかった。

出所:wilkipedia 岡村陽久

 

その後、同社は海外展開を積極的に進め、従業員数1100名の大所帯となっている。

株価の動き

2006年の上場以来、株価はかんばしくなかったものの、ここ数日で急上昇!

z

直近1年でみても異常な上がり方だ!一体何があった!?

z

この大きな波にうまくのったのが岡村陽久社長だった。
いや、波を起こしたというべきであろうか。

 

 

 

 

 

今回の売り抜けには何か裏がありそうだ。

おまけ。岡村陽久社長の秘話

 

 

当時、サイバーエージェントが上場した頃でネットの世界に魅力を感じ、履歴書を送り、社長に会いに行きましたが願いは叶いませんでした。
だったら自分で起業しよう!
もちろんネットの知識はゼロ。

cutph04
メールの広告ビジネスをしたいけれど、システムがない。
専門学校から出てくる学生を捕まえて
「メールクリック保証型広告のシステムを作れますか?」
と声をかけ、創業資金の70万のうち50万を渡しました。
でも、一向に出来上がらず、逃げられました(笑)

http://sugoihito.or.jp/2013/02/5944/

 

社名はアドウェイズエージェンシーとしました。五十音順なら「ア」が頭につく社名の方が電話帳でもネット検索でも最初の方に来て目立つだろうというのが一番の理由でした。

img5_2
http://www.ventureza.jp/interview/vol021/index5.php

 
ちなみにネットギーク編集部が調べた限りでは、ナインティナインの岡村隆史とは関係なさそうだ。
どことなく顔つきが似ている気がするのだが。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!