netgeek

0

【速報】バイラルメディアが大量に増殖している原因が判明!「バイラルメディアの構築キット」が売られていた

腹BLACK 2014年9月7日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ITの知識がない人でも簡単にバイラルメディア運営を始めることができる「バイラルメディアの構築キット」なるものがネット上にて3万円で販売されていることがnetgeekリサーチ部の調べにより明らかになった。

同じデザインのサイトが増えてきていた

「コンテンツ丸パクリのクソバイラルメディアがうざい」という声が多くあがる中、netgeek編集長は最近同じようなデザインのバイラルメディアが増えてきているのが気になっていた。以前はそれぞれがオリジナルのデザインで個性を出していたのに、最近新規参入するバイラルメディアは不思議なまでにスマホ・PC共によく似通ったデザインなのだ。

そこでもしやと思い調べてみたところ、案の定バイラルメディアスタートキットが販売されているサイトを見つけた。

viralmedia2

バイラルメディアを構築するための方法やテンプレート」「スクリプト」を提供させて頂き、初心者でも、ワープロ程度の入力で、サイトが生成できます! 又、初心者には、むつかしい言われるサーバ設置もサービス致します!

viralmedia

http://13.pro.tok2.com/~webjp/vm/index.html

色々おかしい

少し見れば分かると思う。このサイトやたら突っ込みどころが多いのだ。まずヘッダーに記載されているのは「インターネットビジネス大学!」という文字。こ…ここは大学だったのか!さらにその下の画像で「みんな~」と言っているのは2ちゃんねるのキャラクターか?

商材の内容は、「テンプレート、CGIスクリプト、テンプレートデザイン構成、サーバ初期設定、運営説明書」となっており、一応素人でも始められそうな雰囲気ではある。

販売者は個人

ページ最下部にある特定商取引法に基づく表示を見ると、販売者名は友行安夫、住所は徳島県となっていた。家と携帯の電話番号が両方載っているので電話するとテンプレなどの詳細について教えてくれるかもしれない。

申し込みボタンを押してみた

ボタンを押すとどうなるのか気になって突撃したところ、infotopのページに移動した。

infotopviralmedia

なるほど、あそこはランディングページだったというわけか。大学という肩書で信頼感を得て、2ちゃんねるのかわいいキャラクターで親近感を持たせる…実にうまいマーケティングだ。netgeekもサイト名を「netgeek大学」に変えてやる夫を表示させてみようか。

Twitterで宣伝スパムを繰り返していた

さてこのバイラルメディアの構築キット、ネット上の評判はどうなのかと思い、Twitterで検索してみると大量のスパムが見つかった。

viral2

実名に見えるような名前でアカウントを取得し宣伝している模様。

viral23

たくさん出てくる。

viral24

もうキリがないのでこのへんにしておこう。

一体いつからこのようなことをやっていたのか気になり、遡って調べたところ、4月に販売を開始し5月からTwitterでの宣伝を始めたようだ。

viral25

1つ売れれば3万円ということで月に10個売れれば月収30万円。30個売れれば月収90万円。実はけっこう割のいい商売なのかもしれない。

色々皮肉ったが目の付け所は抜群に良い

かつてゴールドラッシュの時代に一番儲かったのは金脈を求めていた採掘者ではなく、スコップ(もしくはジーンズ)を売っていた業者だったという話を思い出した。

筆者が知る限りではバイラルメディアの構築キットを販売していたのはここで紹介した友行安夫という人物のみ。低い参入障壁ゆえに過剰供給になりがちなバイラルメディアとは違ってその補完財となる構築キットは注目されにくいこともあり、現状では完全なブルーオーシャンとなっている。

バイラルメディアで儲けようとする者をターゲットにしてスタートキットを売りつける。実はこれがバイラルメディア関連で最も要領よく稼げる商売なのかもしれない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!