netgeek

0

車から捨てられた犬は2回目のチャンスを得た

netgeek 2020年10月15日
 

バイオレットは人好きで優しい性格であるにもかかわらず、家族によって酷い扱いを受けた。

ネグレクトを受け、無視される日々。

冷酷な家族はある日、バイオレットを車に乗せてメリーランド、クリントンの道まで行き、窓から捨て去った。

偶然に通りがかった人はまさに犬が捨てられる瞬間を目にしてショックを受けた。まるでジュースのカップを捨てるかのように生き物が窓から捨てられたのだ。

すぐに地域のPrince George’s County Animal Controlに連絡し、助けを求めた。救助に向かったところ、バイオレットの体は異様に痩せており、長期間に渡って食べ物をろくに得られていないことは明白だった。

Prince George’s County Animal Controlではボランティアのデビー・グレッツさんが世話を担当することになった。痩せた犬のケアをするスペシャリストだ。

しかしそんなデビー・グレッツさんでもあまりにも痩せこけた姿を見たとき、あまりのショックの強さに泣きだしてしまった。この世にはこんなに酷いことをする人がいるのか。一体今までどんな生活を送ってきたのか。

それでも明るい未来を目指してはじめの一歩を踏み出す。

体が汚れていたので綺麗にし、体重を量ったら60ポンドしかなかった。抱きしめると骨の感触しかない。それでも目の前の犬には血液が流れ、生きているのだ。

幸いにもバイオレットは人間に対する信頼を失っていなかった。デビー・グレッツさんの膝の上に前足を置いて甘えるようになった。

犬の友達もでき、一緒に遊ぶ。体重は増えて健康になっていった。数ヶ月で体重は138ポンドにまで増え、幸せな犬になった。

振り返れば回復までの道よりは容易ではなかった。しかしデビー・グレッツさんの愛とバイオレットの勇気がついに成し遂げたのだ。

まさかこんなにしっかりした体型の犬だったとは…。新しい環境で完全に生まれ変わった。

今思えばあのときバイオレットは捨てられてよかったのかもしれない。人生ではどんな人と出会うかが大事なのだ。



▼この記事が面白かったらいいね!
▼この記事をシェアする
▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!