netgeek

0

ハゲタカシリーズ最新作の「グリード」がついに発売!!鷲津政彦が腐った企業を買い叩く!!!

腹BLACK 2013年10月30日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

真山仁が執筆する人気小説のハゲタカシリーズに新作が登場!その名も「グリード」。タイトルから腹黒い雰囲気がプンプンしてきて鷲津政彦の頭脳戦が好きな人には、買わずにはいられない一冊だ。10/30本日発売。

greed01_off greed02_off

リーマンショック直前、鷲津政彦(わしづまさひこ)はアメリカ経済を長年牽引した超巨大企業、アメリカン・ドリーム社(AD)の奪取を目論んでいた。
敵は圧倒的な財力を持つ“市場の守り神”サミュエル・ストラスバーグ。巨大投資銀行でサミュエルを担当するジャッキーは、忍び寄る破綻の影に気づきはじめ、 ニューヨークに飛ばされた新聞記者の北村悠一(きたむらゆういち)は、鷲津に巨大破綻(メガクライシス)の到来を示唆される。

ドラマ・映画化されて以来、小説の久々の発売にtwitterでも大盛り上がり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グリード 上 グリード 上
真山 仁講談社 2013-10-30
売り上げランキング : 96Amazonで詳しく見る

 

ハゲタカファンは一刻を争って読もうとしているようだ。
是非お買い求めあれ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!