netgeek

0

新型コロナウイルスで閉館した水族館「ペンギンをお客さんにしてみた」

netgeek 2020年3月18日
 

シカゴにあるシェッド水族館は新型コロナウイルスの感染を防ぐために一時閉館を決めた。来客がいなくなった施設内でできることは何だろう…。

ペンギンをお客さんにしてみた。

ピンチはチャンスということで、この状況は普段なら絶対にできないことをやるための良い機会かもしれない。ペンギンをお客さんにして自由に観光させ、その様子をソーシャルメディアで公開した。

普段は見られる側の3羽のペンギンたちが館内を自由に歩き回り、魚などをじっくり観察する。その様子はネット上で大変話題になり、絶大なPR効果を生み出している。動画を4つのシーンに分けて紹介したい。

(1)ペンギンのウェリントンは自分よりも大きなアマゾンの魚に興味を持ったようだ。そして魚たちもまたウェリントンに興味を示して寄ってくる。お互いに初めての体験だ。

(2)イワトビペンギンのカップルであるエドワードとアニー。キョロキョロしながら歩いている。

(3)普段は行けない受付の場所。自分が住む施設にこんなところがあったのかと驚いていそう。

(4)来週から巣作りを始めるエドワードとアニーは仲が良く、ずっと一緒にいるのが微笑ましい。

まさかのアイデアが素晴らしい。一時的な収入は減ろうとも、新型コロナウイルスが沈静化した頃に大きな揺り戻しが起きて来客が増えるだろう。シェッド水族館の逆転の発想は他の店舗経営者も参考にできそうだ。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!