netgeek

0

【速報】バイラルメディアBUZZHOUSEの運営者がサイバーエージェントからWAVESTに変更

腹BLACK 2014年6月21日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

4月にリリースされたサイバーエージェントのバイラルメディアBUZZHOUSE(http://buzzhouse.jp/)の運営が突如、株式会社WAVESTに変更された。開設されたばかりのウェブメディアに一体何があったのだろうか。

buzzhouse

突如変わった運営者

netgeekでは以前、BUZZHOUSEが開設された際に以下の様な記事をとりあげた。

【速報】サイバーエージェントがバイラルメディアBUZZHOUSEをリリース!2つもつくってどうするんだろう
http://netgeek.biz/archives/10718

当時はフッター部分にCopyright © CyberAgentの文字が明記されており、利用規約とプライバシーポリシーにもサイバーエージェントが運営していると書かれていたのだ。当時は、大手上場企業のバイラルメディア参入に日本のBUZZFEEDになるのではないかと大変注目が集まっていた。

しかし、現在のBUZZHOUSEはというと、フッター部分はCopyright © WAVESTに書き換えられ、運営会社のリンク先は株式会社WAVEST(http://www.wavest.co.jp/about.html)に変えられている。あまりにも突然の変更だ。もしかして経営内部で何があったのか…。netgeek編集部がこの件について調べたところ、いくつか面白い話が見つかった。

WAVESTはサイバーエージェントが出資した会社

wavest
実は株式会社WAVESTというのはサイバーエージェントが松村淳平という人物に出資して設立した会社だ。会社概要(http://www.worldrevolution.jp/company.html)によると、設立日は2014年6月2日で資本金は6千万円。事業内容はスマートフォン向けサービス運営 、タレントキャスティング事業、インターネット広告事業となっているが、メニューのSERVICEをクリックするとBUZZHOUSUEに飛ぶため、現在はバイラルメディアの運営に注力しているものと思われる。今後波に乗った段階でタレントキャスティング事業などにも手を広げていくのだろう。

BUZZHOUSEの運営がなぜ突然、サイバーエージェントからWAVESTに変わったかは定かではないが、事業売却といった話ではなく、あくまで運営者はそのままの鞍替えとみたほうが正確なのではないか。サイバーエージェントとしては他に運営しているSpotlight、GAMYなどとあえて競争を起こさせて成長を促進する戦略なのだろう。

松村淳平は只者ではない

matumura
WAVESTの社長に就任したのは松村淳平というまだ20代前半の若手だ。一気に6千万円もの出資を受けるあたり、普通の人物ではないと思い調べてみたところ、かなり異色の経歴であることが判明した。ネット上で得られた断片的な情報を箇条書きで紹介すると…

・早稲田大学出身
・元ギャルオ
・ BLENDA/Sカワのモデル
・起業は2回目
・テラスハウスの新メンバーとして噂されていた

ブログ(http://ameblo.jp/junpei-1114/)を見ると、もう文面だけでかなりバイタリティ溢れる人物であることが明らかで、藤田晋社長が出資を決めた理由もすぐに納得がいった。なにか大きなことをやってくれそうな頼もしさがあるではないか。今後のBUZZHOUSE、そして松村淳平に期待していきたい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!