netgeek

2

㈱スタートトゥデイを売却した前澤友作社長、㈱スタートトゥデイを新規設立するウルトラC

netgeek 2019年10月4日
 

自身が創業した会社である株式会社ZOZOをヤフー株式会社に売却し社長を退任した前澤友作氏が、新たに会社を設立していたことが分かった。

同じ社名の会社を作った。

株式会社スタートトゥデイというのは株式会社ZOZOの旧名。つまり前澤友作社長は一度はスタートトゥデイを手放し、またスタートトゥデイの社長に就任したことになる。

ヤフーとしてはZOZOTOWNを運営する株式会社ZOZOを手に入れたわけなので、また新たにスタートトゥデイができても異論はないだろう。

出典:https://twitter.com/yousuck2020/status/1172673920744316929

気になるのは前澤友作社長がこれからどんな事業を行うのかということだ。少し前にはYouTubeを始めるという宣言が行われていた。

やはり時流に乗った事業を狙うということなのかもしれない。日本では会社を売却することはネガティブに見られがちだが、アメリカでは「自分が作ったものの価値を認めてもらえて売れた」とポジティブに考えられる傾向があり、「シリアルアントレプレナー(連続起業家)」という言葉も一般的だ。

一度はAppleを追放されて別の会社を作ったスティーブ・ジョブズや、X.com(後のPayPal)、スペースXなどを作ったイーロン・マスクもこれに当てはまるだろう。

今まさに連続起業家になろうとしている前澤友作社長、スタートトゥデイのこれからに注目が集まる。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (2)

  1. これって、彼にとっては「新会社」みたいな意味なだけで、ある程度目鼻がついたらちゃんとした名前を考える。

    それだけのことじゃないの?
    同じ名前だからって別にどってことない。

     
  2. ツイッターの代替となるサービスを作って欲しい。
    ツイッターは便利だけど何かすぐ制限かかったり凍結なったり、しかもその根拠が明確じゃないし、安心して使用できないからだ。
    競合してないから調子こいてユーザーに対して上から目線で傲慢な印象がありそれも不快だ。
    ツイッターの代替となるサービスを作って欲しい。めっちゃ強く希望します。

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!