netgeek

0

巨大チーズの断面、アニメで描かれるとおりで嬉しい

netgeek 2019年9月30日
 

チーズのイラストといえば三角形で穴がボコボコ開いているものが一般的。しかし日常的に食べるチーズには穴は開いていない。

本格的な巨大チーズはアニメどおりだった。

とある工場を取材した映像を紹介したい。巨大な円形のチーズを熟成させている様子が映る。チーズの王様と呼ばれるエメンタールチーズの製造工程だ。

液体から固体にしているのだから中に気泡は入らないように思えるが…。

いざカッティング。かなり力を入れて切っていく。

取り出すとなんと側面に穴がびっしり。これはアニメで見たまんまのチーズだ。

穴は専門的にはチーズアイと呼ばれており、その発生原理には2つの仮説がある。1つ目はプロピオン酸発酵による炭酸ガスの気泡という見方。2つ目は牛乳に混ざる干し草の粒子によって出来るものという見方。現在は後者のほうが有力視されている。

ここまで本格的なチーズは安物とは味が全然異なる。

一部ではこの穴はネズミがかじった痕と考えられたため、いつの間にか「ネズミはチーズが好物」というイメージができあがった。しかし研究者によるとネズミは特段チーズが好きというわけではないとのこと。野生動物は発酵と腐敗の区別がつけられないので、臭いが強い食べ物は避ける傾向にあるようだ。

ということでトムアンドジェリーは正解だった。エメンタールチーズは穴が開いているものなのだ。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!