netgeek

2

堀江貴文が語る「N国党が凄い15の理由」 マツコ攻撃はA/Bテストの結果だった

netgeek 2019年9月9日
 

その方針について賛否両論が飛び交っているNHKから国民を守る党について、かつては総理大臣を目指して選挙に出馬したこともあるホリエモンが戦略性が凄いと褒め称えた。

N国党は計算でやっていて戦略的。

※N国党の話は4:22から

堀江貴文氏はYouTubeの番組にて、これまであまり多くを語ることのなかったN国党について熱く語った。以前からの知人である上杉隆氏が幹事長に就任したことで俄然興味が湧いてきて詳しく調べたようだ。

その結果、N国党は政党として非常に戦略的に動いており、これから勢力を拡大する可能性があると堀江貴文氏は予想した。以下、ホリエモンが語ったN国党のヤバさをまとめてみた。

(1)N国党は民主主義をハックして日本を変えようとしている

(2)上杉隆幹事長から「気づいているのは堀江さんとメンタリストDaiGoだけですよ」と言われた

(3)1〜2%で当選する大選挙区の落とし穴を狙って選挙をハックした

(4)すでに何十人か当選した

(5)れいわ新選組と違って、地方議員の交付金を吸い上げて億単位の資金を得た

(6)マツコ・デラックスと東京MXを攻撃してるのはA/Bテストの結果

(7)世間のウケが良いと知って経営資源をマツコ・デラックスに絞った

(8)パフォーマンスは全部演技

(9)ぶっ壊すの元ネタは小泉純一郎の「自民党をぶっ壊す」

(10)たぶんNHKをぶっ壊すキャンペーンが終わったら党名を変えると思う

(11)「ぶっ壊す党」みたいなのになると思う

(12)N国党はすごい

(13)もしかすると与党になるかも

(14)ソーシャルメディアをここまで活用している政党は他にない

(15)次の衆議院解散で数議席取る可能性がある

当初はぽっと出の色モノと見られていたN国党も実は立花孝志氏のネット上の活動を振り返ると相当粘り強い組織であることが分かる。「NHKをぶっ壊す」というキャッチフレーズを使い続け、昔からのファンを多く抱えているのだ。

とりわけ注目すべきは政党の名前が変わる可能性があるということ。立花孝志氏のバイタリティを考えるに、NHKを潰しただけでは飽き足らず、さらに勢力を拡大すると思われる。そうなるとホリエモンの予想も当たる可能性が十分にあるというわけだ。

これからが恐ろしいNHKから国民を守る党、断じて軽視してはいけない。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (2)

  1. 党首の立花さんが脅迫容疑で任意聴取されたけど、これは訴えた奴がN国党から出馬して当選した後に無断で離党したかららしいね…
    それで立花さんブチギレして脅迫めいたことを言ってしまったってだけ、まだ逮○も書類送検もされてないのに騒ぎすぎw
    でも流石に与党にはなれないでしょw

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!