netgeek

0

シェルターで看護師として勤務する猫のウォルター

netgeek 2019年6月18日
 

アメリカの動物保護シェルターでは看護師として働く猫がいる。その仕事はひょんなことから始まったのであった。

ちびっ子を安心させる包容力がすごい。

猫のウォルター(当時推定7歳)はニューヨークにいた元野良猫。健康状態が芳しくなく、親切な人に保護されたことでシェルターでの生活が始まった。

運ばれたとき、毛は汚れてじめっとしており、ノミに感染しているうえに足の感染症にかかっていた。マンクス症候群のせいで背骨が変形し、うまく歩くことができない。

しかしウォルターは持ち前の前向きな性格で健康になっていった。

シェルターのスタッフ「ウォルターはゆっくりと気分良くなったみたいで、施設内でも安心できる居場所を見つけたみたいでした。特にお気に入りの場所は麻酔をかけた猫が回復を待つ温かいヒーターがあるフロア。手術を終えた動物たちがここに来るとウォルターは近寄って毛づくろいなどして優しく接するのです」

その姿はもはや看護師。

「シェルターに来てから比較的すぐにウォルターは子猫に安全で快適な場所なのだと教える役目を負いました。本能的にそうなったんだと思います」

ウォルターはすでに全快の状態にあり、シェルターを卒業してもいい時期だったが、スタッフで話し合って、看護師としての仕事を続けてもらうことにした。

ウォルターは猫のみならず、犬や農場の動物にも寄り添い、優しさを見せた。

スタッフはウォルターの懐の深い性格に感心した。

動物はみんなウォルターを信頼している。

足がすっかりよくなって外を散歩することもできるようになった。

そんなウォルターはついに9歳に。

優しい性格は天からの授けもの。きっとこれからも看護師として活躍してくれるだろう。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!