netgeek

2

NHK理事の高額報酬2年で1億円は公共放送としておかしい。和田政宗議員が追及

腹BLACK 2019年2月1日
 

元NHKアナウンサーである和田政宗議員がNHKの経営体制について疑義を唱えた。公共放送という立場でありながら理事が高額な報酬を受け取っているのはいかがなものか。

赤字なのに2年で1億円の報酬。

和田政宗議員は自身のブログにて、自民党総務部会で次のようにNHKを追及したと説明した。

・NHKは来年度は赤字の見込みだ

・NHKの理事は2年で1億円近い報酬を受け取る

・理事はその後もNHK子会社の役員になり、高額報酬を受け取り続ける

・NHKの主張「平成8年に比べて役員報酬は20%以上減っている」

・和田政宗議員「平成8年はサラリーマンの平均年収がピークを迎える前年。ここと比較するのはおかしい」

・公共放送であるNHKは健全な経営をするべきだ

言っていることは完全な正論。おそらくNHK経営陣としては甘い汁を吸いたいのだろうが、民間企業ではないのだからそんなにお金があるのなら国民に還元すべきだろう。

▼公式HPに掲載されている理事の一覧。

仮に経営陣が優秀で成果の見返りとして高額な報酬を受け取るのならまだ分かるが、NHKは赤字の見込みなわけで、2年で1億円も払う必要があるのかは疑問だ。

要するにNHKは国民から受信料を半強制的に徴収できる立場を利用して放漫経営を行い、ついに赤字に転落したのに経営陣は責任をとらない。そのような状況ではないか。そもそもこのスマホ時代に勝手に電波を送りつけて料金を徴収するという仕組み自体が時代遅れ。観たい人がお金を払うという原則に則れば、NHKはウェブ上で有料会員制度を導入したり、有料アプリを出したりすればいいだけだ。

時代にあわせてそうしないのはすでにニーズが相当縮小していると気づいているからだろう。従来は公共放送の必要性は高かったかもしれないが、現在のNHKが本当に中立性を保てているかは甚だ疑問。さらに今はネットで情報が手に入る時代でもある。

NHKは規模を縮小し、同時に待遇も民間企業レベルまで下げるべきだ。国民から支持されない公共放送に存在価値はない。

あわせて読みたい→上念司がNHKの財務状況を暴露「7,442億円の純資産があって平均年収は庶民の2.5倍の1,083万円」

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. 勝手に電波送りつけて商売してるんだから、イラネッチケーはテレビを所有して人にショバ代支払うべきだろw

     
  2. 番組自体はおもろいから好きだよ

    だけど作っているのは制作陣であってこういう能無し連中はなんの役に立ってるのかな?

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!