netgeek

0

日本の就活が茶番だと言い切れる15の根拠

腹BLACK 2014年5月20日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

その後の人生を大きく左右することになる就職活動は実際経験してみると分かる通り、茶番だらけ。海外からみると日本の就活制度は新卒一括採用や形式張った履歴書などがかなり異質で奇異なものにみえるという。

この記事ではそんなくだらない日本の就職活動のおかしな点を15個挙げた。是非お楽しみ頂きたい。

1.特に聞きたいことなんてないのに質問会に参加する羽目になる
situmon

2.嘘つき大会である
就活

3.結局は見た目
eb2635db

4.演技力が求められる
jobinterview

5.「これは採用には関係ありません」としょっぱなから嘘をついてくる
c0110051_9354930

6.そもそも面接の時点で疑問点を残していたらおかしいのに、最後に「何か質問はありますか?」と聞く。
139662179713966217971822

7.学歴フィルターがある
daiwasoukengakurekifilter

8.そもそも人事部は無能の巣窟
20070404-P4935

9.社風について聞くとかなりの確率で「風通しの良い社風です」という言葉が返ってくる
35b9b8ec

10.webテストで替え玉受験ができる
dv713015

11.性格診断で正直に答えると落ちる
sample6

12.体育会系が優遇される
a59d7aeb

13.営業志望だと内定が貰いやすい
0ff8ef10

14.グループディスカッションはどこが評価されているか分からない
14

15.自分たちはばっさりと大量の学生を落とすくせに、いざ学生が内定辞退をすると会社まで謝りにこいと脅迫してくる
042dfd5e

以上、いかがだっただろうか。内心は、就活は企業と学生の不毛な化かし合いと思っていても、笑顔で体のいいことを言わないと内定を貰えないのが実情。社会人になるからには不満を飲み込むしかないのだろうか。どうしても納得がいかない人は起業するか海外に行くしかない。日本のガラパゴス化が解消する目処はたっていないのだ。

【おまけ動画】
就活に疲れた奴、一緒にこれで笑おうぜ
http://youtu.be/xYRMvf2gXDA

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!